ブログ記事は文字数が500文字でもアクセスは全然集まる

ブロガーについて
スポンサーリンク

ブログを書いているとどうしても文字数の問題があります。

 

文字数が少ないとSEO的にあまり良くないからアクセスが集まりにくいという傾向にあります。

 

確かに文字数が少ないよりは多い方がアクセスが集まりやすいのは事実としてあるでしょう。

 

記事の情報の網羅性というものが文字数が少ないとどうしてもなくなってしまうのでアクセスを集めることが難しくなります。

 

しかしだからといって文字数が少ないからアクセスが集まらないかというとそういうわけではありません。

 

文字数が少なくてもしっかりと情報が整理されていて、読者が読みやすい記事は確実にアクセスを集めていくことは出来ます。

 

無理に文字数を増やす必要もないですし文字数を気にする必要はないのです。

 

グーグルが記事を読むわけではありません。

 

読む人はあくまでも人なのです。

 

読者が読みやすくてわかりやすいと思う記事を書いていれば自然とアクセスは集まるのです。

 

グーグルの方針も、

ユーザーが喜ぶ記事を作成すればそれは価値のある記事として上位表示されやすくなるのです。

 

グーグルの評価を得るためにSEO対策をすることは大切ですが、読者が読みやすい記事を書くことが結果的にSEO対策になっていくのです。

 

文字数ばかりを気にしないで読みやすい記事を書くことが大切なのです。

 

※この記事は大体500文字程度の記事です。

関連記事

[kanrenc id=”2500″]