元の位置に戻りたくないという気持ちがあったとしても、どうしても元に戻ろうとしてしまう気持ちがどこからか湧いてきてしまうでしょう。

そこには自分の求めているものは何もないのにそれでも元に戻ろうとしてしまうのです。

そりゃ長年そうやって生活してきたのだから戻ろうとしてしまうのは当然といえば当然の話ではあります。

それほどまだ変わり切れていないという意味でもあります。

本当に変わるまではまだ足りないということなのか。

元に戻りそうになったとしても、もうここまでくれば元に戻りたいとは全く思わない。

それくらいの場所までは来れた。

あとは後ろを振り向かないで突き進み続けるしかない。

これだけ前に進もうとしている気持ちがあるにも関わらずそれでもまだ後ろを振り向こうとしてしまう自分はまだまだだなと思う。

だがそんな自分ともさよならしよう。

これからも前を見続けていくと決めたのだから。

後ろを向いたってそれは悪いことじゃない。

そのまま元の位置に戻らなければそれでいい。

これからも突き進んでいこう。

自分の行きたい場所があるのだから。

関連記事はこちら

哲学的思想の関連記事
  • 科学とは一種の宗教である
  • 気分や気持ちが見ている世界を作り、自分の人生を作り上げていく
  • 葛藤や迷いなんてあって当たり前。だって人間なのだから。
  • 人生に答えはない。答えは探すものではなく作り上げていくもの
  • 心に迷いがあるということは心の中で正解を知っているということ
  • 「なるようになる」の本当の意味と使い方
おすすめの記事
幸せに生きる方法
幸せという言葉は知っていてもどうすれば幸せになれるのか。 幸せってどんなことを幸せというのかということがわからない。 なんてことも多いのでは...