ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

もったいないと感じること。無駄だと感じること。

お金を使うことも時間を使うことももったいないと感じてしまう。

じゃあ何に使えばもったいなくないのかと言うと、そんな明確な答えがあるわけじゃない。

自分の好きなことに使えばもったいなくないのかと言うとそうではないし、嫌いなことに使えばもったいないと感じるのかと言うとそんなことはない。

時間だって、時間の無駄をしたと感じるときもあれば、ちょっとは価値がある時間だったと感じるときもある。

その定義だって明確に定まっているわけではない。

その気持ちはどこから来るのだろうかと思ってしまう。

私の中ではキャバクラやパチンコは無駄だと感じてしまう。

それは時間も無駄だしお金も無駄だと感じてしまう。

それ以外にもゲームだって時間の無駄だと思う気持ちもあれば、とても良いリフレッシュだと感じるときもある。

その差は何なのだろうかと思う。

こうやってブログを書いている事だって時間の無駄だといえば無駄かも知れないのにそれを感じることはない。

書いた記事が全部消えてしまったとしたら、今まで書いた時間と労力は何なのだろうかとは感じてしまうでしょう。

移動時間だって何もしないでただ座っていたら無駄だと感じるときもある。

しかしその時間に良い考えや気づきができたらそれは価値のある時間だと思う。

その差なんてほとんどないはずなのに、それだけ感覚が違うのは何故だろうか。

自分が目指しているところに近づいている行動は価値があると感じる。

そしてその方向とは全く関係ないと感じるものは勿体無いと感じる。

それが人間なのだろう。

キャバクラやパチンコをしていても、その先に自分の求めている現実は存在していない。

しかし移動時間の中で気付きがあったとしたらそれは価値がある時間になる。

それは気付きがあると自分が成長出来て、また自分の目指している現実近づいていくから。

ただぼーっと移動しているだけでは無駄な時間だと感じてしまうが、それが良いリフレッシュになったとしたら無駄だとは感じなくなる。

それはリフレッシュをしてまた自分の目標に向かって頑張ることが出来るから。

それだけ人は私は自分の求めているものに向かっていくことが好きなのです。

逆に何も求めているものがないときは、

どんなものももったいないとか無駄だとかは感じたりはしない。

求めると言うことは欲があると言うことです。

結局、人は欲があると苦痛があるということは避けることの出来ない事実なのかも知れない。

関連記事

意味を持った時点で無駄ではなくなる。意味がないと思ってもそれは他の誰かには意味があるもの。

無駄だと思うことを無理にやる必要はない。自分が無駄だと思えばそれは無駄

この世に無駄なものはない。自分の心が価値を作り出すもの