ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

仕事をするのなら自分の向いている仕事を探そう。向いていない仕事は苦痛でしかない

「今の仕事が辛くてどうしようもない」

「このまま今の仕事を続けていける自信がない」

そう思っている人でも自分にとって向いていない仕事と言うだけであって、自分に向いている仕事はあります。

みんなが普通にやっているのに自分は苦しいと言う状況なのだとしたらそれは自分にとって向いている仕事ではないのかもしれません。

向いている仕事をやっているのであればそこまで苦痛はない

この世にはたくさんの仕事の種類がありそれだけいろんな内容の仕事があります。

自分が全く知らない仕事だってたくさんあるし聞いたこともない仕事だってあるでしょう。

その中には自分が知らないだけで自分の向いている仕事があるかもしれません。

今の仕事が苦痛で仕方ないのだとしたらそれは向いていない仕事の可能性があります。

人によって苦痛であることと苦痛でないものはあります。人にとっては辛いものだとしても自分にとってはそんなに辛くないものというものはあるのです。

自分にとって辛くないものを仕事に選ぶことができれば、かなりストレスをなくすことができます。

これだけたくさんの仕事があるのなら、その中で自分にとって向いているものは必ずあるのです。

【関連】「ただ好きなこと」よりも「得意だから好き」な仕事を選ぼう。

これしかないと思うにはまだ早い。自分に向いている仕事は必ずある

「自分に向いている仕事なんかない」

「私にはこの仕事しかない」

「この仕事がダメだったら人生終わりだ」

そう考えてしまう人がとても多いですがそんなことはありません。

この世にはたくさんの仕事があるのです。

「仕事なんて全然ないよ」と思っているのは、あれもこれも条件を選んでいるからです。

安定があって、収入はこれくらいで、大きな企業で、福利厚生があって、正社員で、人に言えるような仕事で・・・

なんてあれもこれも言っていたら仕事なんて限られてしまうのは当然です。

本当にその条件が必要なのかと問われたらどうなのでしょうか。

その上毛じゃないと無理だと思っているけど、そこ考え方から一歩外に出れたらたくさんの可能性が広がっているでしょう。

実際正社員じゃないと生きていけないわけではありません。フリーターでもその中でしっかり仕事をすれば、生活が出来る程度のお金は稼ぐことが出来るはずです。

正社員じゃないと無理だと思っているのは自分の心で勝手に決めているだけなのです。

そんな風に自分を縛ってストレスを自分にかけて、それで辛いからやめたいし、これからどうやって生きていけばいいのか分からない。

そんな風に思っている人がいるのです。

自分で首を絞めて自分で苦しんでいるのです。そんな固定観念を捨てましょう。

自分の居心地の良い世界というのは必ずあるのです。

辛くてどうしようもないあなたはその場所を見つけていないだけなのです。

【関連】今の仕事をやらなければいけない理由はない。

自分の固定観念と先入観を持っていたらいつまで経っても辛い状況からは抜け出せない

自分の中で、

「これしかない」

「これでやっていくしかない」

と思っていたとしても本当はそれだけじゃないかもしれません。

日本といえどそんなに狭くありません。

自分が知らないだけでいろいろな世界があるのです。その自分の知らない世界の中では、自分と同じような考えと価値観を持っている人の集まりだってあるのです。

その世界を見つけることができたら、とても気持ちは楽になるでしょう。

「こんな世界があったんだ」

「自分と同じような境遇の人がこんなにいたんだ」

「苦しんでいたのは自分だけだと思っていたけど、同じような人はこんなにいるんだ」

そのように思う世界があるかもしれません。

今までのままでの生活を続けていたり、自分の価値観と考え方、その固定観念の中にいたらずっと今の人生を続けていかなければいけなくなります。

今の自分を生活を変えたいと思うのなら、新しい世界に自分から飛び込んでいかなければいけないのです。

その答えというのは、自分の固定観念や先入観の外のあることがほとんどです。

一度、最初から考え直してみると良いでしょう。

自分のいるべき世界は今の場所ではないかもしれないのです。

【関連】思い込みや常識なんて自分が決めたルール。思い込みをなくせば人生は大きく変わる

普通の会社員になる事が全てじゃない。職人だって技術職だってクリエイターだってなんだってある

会社員になったり公務員になって一生そこで働く事が当たり前でそうなる事がゴールだと思っている人がとても多いようですが、実際はそんなことはありません。

フリーランスや自営業の仕事をしている人はとても多いですし、保険屋さんのように会社に勤めてはいるけれど、自由に仕事をしている人だっています。

それ以外にも大工さんだっていますし、物作りの仕事だってたくさんあります。

自分の中で普通の会社員が当たり前だと思っていると、そんなに業種も職種も会社もないかもしれませんがたくさんの仕事があるのです。

「今の仕事が出来ないから自分には仕事は向いていない」

と感じていても、この世の中には会社員ができないで自営業を選んでいる人だってたくさんいるのです。

スポーツ選手だって会社員をやれって言われたら全く出来なくて辛い人生を送るかもしれません。

自分に向いている仕事を見つけたら、それだけ輝いて仕事をすることができるのです。

「自分にはそんな好きな仕事なんてない」

「自分には才能なんてない」

「自分には出来ない」

そんな風に自分の固定観念だけで決めつけないで、一度立ち止まって考えてみましょう。

今の世界が全てではないのです。

【関連】先入観と固定観念は自分自身を苦しめる。そして自分の可能性を奪い自分の自由を奪うもの。

仕事は辞めてはいけない。最後までやり通さないとダメだ。そう思っているのは社会に洗脳されている

仕事を辞めるということがとても難しいことで、絶対やってはいけないことだと感じていても実際はそんなことはありません。

「自分が仕事を辞めたら人に迷惑がかかる」

「自分の仕事を投げ出すことはできない」

「一度やったことは最後までやり通さないとダメだ」

そんなことはありません。

よっぽど責任のある仕事をしていない限り代わりはいますし、いなかったとしても誰かが必ずやります。

仕事を辞めたら人に迷惑がかかると思っていても、それはもちろん辞めたら迷惑はかかります。

しかし、その迷惑をかけたくないという気持ちで自分の人生を棒に振っていいものなのでしょうか。

もし迷惑をかけたとしてもそんなのは一瞬です。

三ヶ月も経てば会社は元のように回るでしょう。それどころか一週間くらいで元に戻ることだってあるでしょう。

迷惑をかけてはいけないという考えは立派なことですが、それによって自分の人生を犠牲にしていい理由にはならないのです。

会社を辞めてはいけない。

最後までやり通さないといけない。

会社を辞めたら生きていけない。

そう思っているのは社会の洗脳なのです。

経営者や偉い人たちというのは、自分の都合の良いように言いなりになるような会社員を求めています。

自分の考えを持たずに、自分の指示に従う部下が大好きです。

ですから、

「会社は辞めてはいけない」

「やったことは最後までやり通せ」

「無責任なことをするな」

そういう意見になるのです。それは上司にとって辞められると都合が悪いからです。

「私にとって都合が悪いことはやめろ」

と言っているのです。

もちろん会社に感謝をしている気持ちがあるのなら、会社に恩を返したほうが良いでしょう。

しかし辛くてどうしようもないなら自分のために仕事を変えるべきです。

自分の意思を尊重しましょう。

【関連】思い込みをなくせば自分の可能性が広がる。

会社を辞めていけないわけではない。自分に合う仕事を探そう。

自分が仕事で本当に辛い思いをしているのであれば、早急に仕事を変えましょう。

辛いのに今の仕事を続けていてもそれは自分にとっても向いていないことなのだから楽になることはほとんどありません。

自分に向いている仕事は始めてすぐにわかります。

楽しい気持ちになったり、もっと頑張りたい、もっと効率良く仕事が出来るようになりたいという風にポジティブな気持ちになります。

そういう仕事を見つけるまで探すことが大切です。

一度きりの人生なのです。辛いことを続けていくことが良いことではありません。

楽をしたり楽しんだって良いのです。

そのように自分に許可を出してあげましょう。

それから新たな自分の人生を始めることが出来るのです。

【関連】転職は悪いことではない。辞める勇気を持とう。仕事が本当に嫌なら辞めてしまえばいい

向いている仕事に就いたら勝手にポジティブになるしエネルギーも湧いてくる

向いている仕事に就くとすぐに分かります。

これだって思います。

今まで辛かったことが嘘のようになくなり、自分には仕事をすること自体が向いていないと思っていたけどそんなことはないということに気付くでしょう。

自分に向いている仕事に就くと勝手にポジティブになり仕事をやることが苦痛でなくなります。

そして活発になり仕事への意欲が湧きます。

今までとは真逆な感情になるでしょう。

誰にでもそう思えるような仕事というのはあるのです。

自分がこれだと思うまで探すことをお勧めします。

家族がいるのならあまり無責任なことは出来ないかもしれませんが、それでも最低限の収入をキープして、色々な仕事をしてみると良いでしょう。

何事もやってみなければわかりません。

【関連】やる気が出ない原因。好きな事をやっていく事でやる気はどんどん湧いてくる

真面目に働くことが良いことではない。嫌なことを我慢して頑張るよりも、得意なことを頑張ったほうが良い

同じ仕事をずっと続けて真面目に働くことが良いことではありません。

もちろん続かないよりは続けたほうが良いのでしょうが、嫌なことを我慢して続けることの美学みたいなのを持ってる人が多いですがそんなことはありません。

我慢なんて何も良いことがありません。

やりたくないから良い仕事出来ないし良いパフォーマンスも出来ないし、成果が出ないのに頑張り続ける事にもなります。

嫌なことを続けるよりも、向いていることを頑張ったほうがずっと成果が出ますし、周りも喜びます。

向いていることはどんどん上達もしますし、良いパフォーマンスだって出ます。

集中力があるから仕事も早く出来るでしょう。

それだけ向いている仕事と向いていない仕事では違いがあるのです。

どうせ頑張るのだとしたら、嫌なことじゃなくて自分の向いていることを頑張ったほうが絶対にいいです。

【関連】人生を良い方向へ向かう為の方法。悪い流れから抜け出すために必要なこと

自分の好きなことよりも自分に向いていることをしよう

好きなことを仕事にするよりも向いていることを仕事にするとみんなが喜びます。

お客さんもすごい高い技術でやってくれると喜んでくれますし自分もそれだけ自信になります。

初めは好きなことでなくても向いていることだと自然と好きになります。

それだけみんなに評価されればどんどん技術は上達して、もっと好きになって行きます。

逆に、好きなことを仕事にすると、初めは好きで仕事を始めたとしても失敗が続いたり上手くいかなくなったりすると嫌いになってしまうことがあります。

仕事というのは「好き」という理由だけで仕事は成り立ちません。

お金をもらっている以上、しっかりとしたプロ意識を持ってやらなければならないのです。

好きなことは自分自身が楽しくやればいいものなのだから趣味でやればいいのです。

ですから仕事にするなら好きなことよりも向いていることの方が良いでしょう。

【関連】「ただ好きなこと」よりも「得意だから好き」な仕事を選ぼう。

向いていることを探す為にはどうすれば良いのだろうか

向いていることを探すといっても、なかなか自分では気付きにくいものです。

それは、向いているものほど自分では向いてると分からないからです。

なぜかというと当たり前に自分に出来るものなので気付かないのです。

自分に向いているものを見つける方法としては、

自分が苦痛でないと感じるのに周りの人が苦痛だと感じるものが向いているものでしょう。

例えば、自分にとって掃除はいくらやっても苦じゃないけど周りの人は嫌で嫌でしょうがない。そんなものがあるとそれは向いてる仕事でしょう。

他にも、自分にとってはコツコツとしたデータ入力は苦ではないとするならそういう仕事を選ぶと良いでしょう。

逆に接客業が得意でコツコツしたことが苦手という人だっています。

他人が苦痛で自分は苦痛ではなく当たり前に出来るものが自分に向いてるものでしょう。

他に見つける方法は、

人からよく頼まれることが多いことであったり、自分では当たり前だと思っていることでも他人からすごいねと言われるものは自分に向いているものである可能性が高いです。

どういうことかというと、

自分ではあまり意識していなかったけどパソコンについての知識があって、人からパソコンの操作を聞かれるというものがあるとそれは得意なものです。パソコンショップで働くと苦痛なく仕事が出来るでしょう。

他にも人からよく相談を受ける人は、それだけ話を聞くことが上手なので、カウンセラーの仕事が向いているかもしれません。

無償で頼まれてもやってあげる事ができるのだからお金をもらって仕事としてやることができればそれは向いていることでしょう。

そういうものを見つけることが出来れば、天職と呼べるものになるでしょう。

【関連】愛があるから成功する【好きこそ物の上手なれ】

あとがき

いろんな人がいるし、それだけ今の仕事が向いている人もいれば向いていない人もいます。

向いている人は、すごいパフォーマンスが出来るのでどんどん仕事が出来るようになりますし向いていない人はどんどんストレスが溜まって仕事が出来なくなっていくでしょう。

それは人間的に優れているかそうでないかという問題ではなくてその仕事が向いているか向いていないのかという問題です。

今の仕事が出来なかったとしても、自分にとって得意で向いている仕事はあるのです。

誰でもトップになれるというわけではありませんが、それでも苦痛でどうしようもないという人は、向いていない可能性が高いです。

向いている職業に就くことができたらそれだけいきいきとすることができるでしょう。

仕事は生活のためにどうしてもしなければいけません。

やれなければいけないのだとしたらその中でも出来るだけ自分に向いていて、苦じゃない仕事を選ぶことができたらそれだけで豊かな生活を手に入れることが出来るでしょう。

自分の向いている仕事を見つけられるように考えて選んでみると良いでしょう。

失敗しても間違ってもいいのです。そうしたらまたやり直して頑張れば良いのです。

関連記事