ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

「なるようになる」の本当の意味と使い方

よくなるようになるという言葉を使うことがあるでしょう。

「なんだかんだなるようになる」

「何をやってもなるようにしかならない」

そんな使われ方をしています。

しかしちょっとネガティブに使われることも多くなったように思えます。

それはとても寂しい気持ちになってしまいます。

なるようになるの使い方

なるようになるというのは何をやってもジタバタしても仕方ないからなるようにしかならないという意味で使われていますがちょっと違うように思えます。

正しくは、

「人事を尽くして天命を待つ」

に近い言葉です。

自分のやるべきことは全てやった。

あとはどう転ぶかは自分には分からない。

あとはなるようにしかならない。

という言葉に近いでしょう。

何もしていないのになるようになるではなるようにもならなくなってしまいます。

【関連】人生なるようになると思えるまでやろう。その結果はなるようにしかならない

なるようになるを言い訳に使わない

どうせなるようになるから頑張っても仕方ない。

なるようにしかならないから今のままでいい。

そんな風になるようになるを言い訳にして自分のやるべきことすらやらないのではいつまで経ってもなるようにもなりません。

なるようになるというのは、

やれることを全てやって、その結果は自分で決められるものではありません。

しかしどうにも出来ないのなら何をやっても意味がないかというとそんなことはありません。

できる限りのことをやらないとその結果も良いものにはなっていかないでしょう。

なるようになるを言い訳にしてはいけません。

自分にできる限りのことはやらないと結果もついてこないのです。

【関連】やるべきことをこなし一つ一つの積み重ねが大きな結果となる

なるようになると思えばなるようにはなる

人生なるようになると思っていればなるようにはなるでしょう。

しかしそれではなるようにしかなりません。

本当に流されるがままの人生を送ることになるかもしれません。

なるようになるだけになってしまいます。

自分の意思を持つことは大切です。

流されることと流れに身を任せることは違うのです。

【関連】人生なんとかなる。なんだかんだなんとかなってしまうもの。

自分の意思を持って行動する

なるようになるからなんとなく毎日を過ごして良いわけではありません。

自分の人生は自分で決めているのです。

自分で毎日の行動を決めて、どんな場所に住んでどんな仕事をしてどんな友達を作るのか。

全て自分で決めているのです。

全て自分が決めているのですから流れに身を任せると言ってもその流れは自分で作っているということです。

ですから流れに身を任せるだけでは何も変わりません。

人は自然と悪い方向へと引っ張られてしまうので意思を持たずに流されていると悪い方向へと進んでしまいます。

自分の意思を持って自分の目指す場所を決めて行動しましょう。

【関連】流されてるだけでは行きたい場所に辿り着けない。自分の船の舵は自分でとる

結果だけはなるようにしかならない

どんなに行動したとしても、

どんなに努力をしたとしても、

結果までは自分で決めることは出来ません。

そこは神のみぞ知る世界なのです。

しかしそれでもやるべきことをやらずに結果だけを待っていてもそれは良い結果はやってきません。

宝くじを買わずに宝くじ当たらないかなと言っているようなものです。

当たるか当たらないかはわからないけれど、とりあえず買わないと当たるものも当たりません。

なるようになるというのはそういう意味なのです。

【関連】いくら努力をしても行動しても人生の結果はどうなるか誰にもわからない

あとがき

なるようになるから勉強しなくても大丈夫。

あとはなんとかなるでしょう。

という風に楽観的に考えるために「なるようになる」という言葉を使うことがありますがそうではありません。

なるようになるためにもやるべきことはやらないといけないものなのです。

やるべきことをやった結果はどうなるか分かりません。

その時になるようになるという言葉を使うべきです。

結果までこだわり過ぎると、

あまりにもストレスが大きすぎて自分が壊れてしまいます。

「やれることはやった。後はなるようになる」という心の余裕が良い結果につながるのです。

この世はなるようになるし、なるようにしかならないのです。

関連記事