ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

悩んでいても前には一歩も進まない。目標や理想があるなら行動あるのみ

目標ややりたいことがあるなら、尻込みしたり悩んだりするしても前には進みませんし、行動し始めたらもう突き進むしかありません。

迷っていたらまた元の自分に戻ってしまうし先には進めません。

思い立ったが吉日です。

一度自分の道を決めたのなら迷わず行動しましょう。

理想や目標があるなら行動あるのみ

一度決めて迷ったとしてもその先に自分のなりたい自分があるなら突き進むことが大切です。

そうすれば少しづつでも理想に近づいていきます。

ですが、行動せずに悩んでいたら、失敗をすることも出来ないので、前に進むことが出来ずにただ今のまま時間が流れるだけになってしまいます。

行動していれば失敗することはありますが、その失敗を糧に試行錯誤して、経験が増えていき、少しづつでも前に進んでいき目標へ近づいていくことが出来ます。

それくらい行動というのは大事なことなのです。

どんなに頭で考えていても、現実は想像とは全然違います。

本当に必要なのは「どう行動したか」です。

行動しなければ結果は変わらないし行動するから結果が出るのです。

悩んでいる時間は現実的には何も進んでいないのと同じことになってしまうのです。

【関連】思い立ったらすぐ行動。やる気がある時にやらないと結局やらない

頭で分かっていても、行動しなければ分かっていないのと同じ

もちろん悩むことは必要ですし悩めばいつか結論は出ます。

ですが本当に必要なのは行動です。

頭でわかっているからいつか現実は変わるはずだと思っている人がいますが、わかっているから行動しなくていいということではありません。

わかっているからこそ行動しなければいけないのです。

分かっているから自分は大丈夫。

いつか結論を出して本気出すから大丈夫。

「いつかやる」と思っていてはそのいつかはいつまでたっても来ないのです。

「やる気が出たらやる」と言っても、いつまでたってもやる気は出ないのです。

分かっているからこそすぐに行動して早く結果を出すべきなのです。

【関連】当たり前のことを当たり前にやることが一番大切。知っているからやらなくて良い理由にはならない

行動してみなければわからない

もう自分の目標があるならそこに向かって行動あるのみです。

目標ややりたいことが見つかっていないなら見つかるまで考えていくことも大切ですが、行動しながら試行錯誤していろんな経験を積むことによって次第に方向性というのは見えてきます。

「やってみるとイメージとは全然違った」

「イメージでは完璧だと思っていたけど全然思ったのと違った」

というようにやってみるからわかることもあるのです。

そういうことは考えるだけではいつまでたってもわからないですし、行動すればすぐにわかることだったりします。

逆にあまり好きではなくてやる気はなかったけどやってみたらこれが本当にやりたいことなんだと気付くことがあります。

それなら少しでも早く行動した方が早く結果を出すことが出来るので、行動することで早く結論を出すことが出来るのです。

結局は行動してないとわからないということです。

もちろん考え込むことも良いことですし必要なことです。

行動しながら悩むことだって出来るのでまずは行動することが一番の近道です。

大きな目標でも小さな目標でもいいのです。

なりたい自分があるのならまずそこに向かって行動することで現実は理想に近づいていくのです。

【関連】とにかくやってみなきゃわからない。先のことやってから考えればいい。

あとがき

一度悩み始めるとずっと悩んでしまってなかなかその状態から抜け出せずに、何を考えても上手くいかないような気がして、行動できなくなってしまうことがあります。

現実というのは良い意味でも悪い意味でもやってみなければわかりません。

ですから自分の中でやりたいことがあったり、将来の夢があるのであればまずは挑戦してみることが大切です。

全然出来ないと思っていてもやってみたら案外出来ることだってあります。

やりたいと思ったのならまずは行動してみることをお勧めします。

行動していくうちに徐々に自分の向かう方向性が定まっていくでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。