ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

ブログ記事のネタ切れをしないようにするコツとネタを仕入れる方法について

ブログを長く続けていると何について書いていていいのか分からなくなってしまう事があります。

いわゆるネタ切れを起こすことは当然誰でもあるでしょう。

特に特化ブログの人は同じような分野で書くことがほとんどなのでもしかしたら常にネタ切れとの戦いになってくるかも知れません。

しかしそれでもブログを書かなくちゃいけないという状況になっている人もいるでしょう。

今回はそんなネタ切れを起こさないために必要なことについて書いていきたいと思います。

是非参考にしていただけると幸いです。

ネタ切れを起こさないための方法

毎日ブログを書いてるとどうしてもネタに困るときがあります。

どうしても書けない日があるでしょう。

それは毎日記事を書いて自分の知識をアウトプットしていればネタ切れするのは当然です。

ブログを書いていてネタ切れをしたことがない人はいないのではないでしょうか。

ですからみんなネタ切れや記事のネタを考えることには悩んでいるでしょう。

では実際にどうすればネタ切れをせずに書き続けられるのかについて話していきます。

意識してインプットする

アウトプットするということはそれだけインプットしなければアウトプットも出来ません。

なので意識的にインプットをしましょう。

その方法はどんな方法でも良いです。

  • テレビニュース
  • 他の人のブログ
  • 読書
  • 外出する
  • 友達との会話
  • youtube
  • 経験

はっきり言ってインプットをする方法はなんでも良いのです。

インプットするために大切なことをはインプットの手段ではなくて、何を意識して普段の生活を送るのかという方が重要になってきます。

どんなに本を読んでいたとしてもただなんとなく読んでいるだけでは読むだけで終わってしまいます。

なので自分がどんなものを発信したいのか、

そして自分がアウトプットするならなんて言うのだろうか。

という点を意識しながらアウトプットしましょう。

ブロガーの仕事は記事を書くことです。

それ以外にもブロガーの大事な仕事はインプットです。

なのでインプットすることはブログを書くための仕事だと思ってしっかりとインプットしていきましょう。

その時に意識するのは、

「自分ならどうやってアウトプットしていくのか」

という点を意識しましょう。

それを意識しながらインプットすれば情報を仕入れてすぐに記事にすることが出来るでしょう。

ブログの記事作成というのは、全く形の無い状態から記事を作成していくわけですからそれだけ自分の中で確立した知識と経験がないなかなか書けません。

曖昧な知識だったり自分の中で半信半疑だと記事を書いてるうちに何を書いているのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

それはインプット不足から生まれるものです。

そうならないためにも自分の意見を考えながらインプットしていきましょう。

常に新しい情報を仕入れていればネタに困る事はないでしょう。

むしろアウトプットしきれないでネタが溜まってしまう時もあるでしょう。

ブロガーは基本的にアウトプットの時間が長いですしアウトプットばかりに焦点を当てられてしまいます。ですのでアウトプットに気を取られ過ぎてインプットする事を疎かにしがちです。

ブログを始めた時というのはまだ書きたいこともたくさんありますし、アウトプットしたい欲も高まっています。

しかしどんなにたくさんの知識があったとしてもインプットせずにアウトプットを続けていれば、それもいつかネタ切れします。

だからブログを書いてる時間以外もインプットする時間を作りましょう。

記事を作成するくらいにインプットすることが重要だと思えば自然とネタ切れは無くなっていくでしょう。

ブログを書き続けるということはそれだけ勉強し続けていく事が重要なのです。

テーマに幅を広げる

どうしても記事のネタが無くなって書きたいことが無くなったのだとしたならテーマの幅を広げてみたり、新しい各ジャンルを増やしてみても良いでしょう。

例えば、

今まではSEO対策のことしか書いていなかったのなら今度はSNS集客について書いても良いでしょう。

それでも書くことが無くなってしまったのなら今度は自分の好きな趣味についても書いて良いです。

ブログを書くのにルールというものはありません。

何を書いてはいけないというルールは全くありません。

その時その瞬間にしか書けない記事というのはあるでしょう。

ですから気にせず書ける事があるなら書いた方が良いでしょう。

このブログはSEOについてのブログだから他のジャンルを書いてはいけないなんてルールはありません。

別にそのブログに競馬についての記事を書いても良いのです。

それは自由なのです。

完全な特化ブログなら類似した近いジャンルについて書いた方が良いかもしれません。

iPhoneについて書いていたならMacについてだったりアンドロイドについて書いても良いでしょう。

そうやってどんどん新しいことに挑戦すれば良いです。

ルールをしっかりと決め過ぎてしまうと全然書けなくなってしまう上に自分の新しい可能性まで潰してしまうことにもなりかねません。

あまりにも方向転換すると今までの読者が離れていってしまうかも知れませんが、近いジャンルでどんどん攻めていけば良いのです。

書きたいと思ったときが吉日です。

新しいことに挑戦してダメなら消してしまえば良いのです。

とりあえずブロガーは書くことが何よりも重要なことなのです。

自分の気持ちに素直になって書く

ブログを書いているとどうしても、

「もっとちゃんと書かなくちゃいけない」

「変なことを書いちゃいけない」

という気持ちが強くなり過ぎて、自分の中でアレもダメこれもダメという風になってしまって結局書けることがなくなってしまいます。

書きたいことがあるのに書けないというようにネタはあるけどネタ切れみたいな状況になっている人は案外多いです。

それはブログに読者が集まれば集まるほど思ってしまうことがあります。

一度そういう状況になってしまうと、ブログを書くこと自体がつまらなくなってしまってブログ自体を辞めてしまう人も少なくありません。

それでは本末転倒です。

自分の好きな事を書いてブログで稼ごうと思っているなら余計です。

好きなことを書いて稼ぎたいと思ってブログを始めたのに、全く書きたくないことを書いていたらそれでは普通に会社に勤めているのと変わらなくなってしまいます。

わざわざ稼ぎづらいブログで稼ぐ意味はないでしょう。

だからもっと自分の好きなように書いて良いのです。

あれはダメこれはダメなんて考えていたら良い記事なんて書けないです。

ネタ切れをしてブログ自体を辞めてしまうくらいならもっと自分の好きな事を殴り書きして続けていた方がよっぽど良いのです。

日本人はみんな自分の心を素直に表現するのが苦手です。

しかしブロガーは表現者です。

どんどん自分の意見や自分の好きなことを表現していって良いのです。

そうやって好きなことを楽しく書いていればネタ切れすることもかなり少なくなるでしょう。

あとがき

今まで一生懸命ブログを更新し続けてきても、ネタ切れして書くことが出来なくなったらもったいないです。

ネタ切れするという事は単純に岐路に立たされていると思って良いでしょう。

「これから新しいジャンルに挑戦するのか」

「もっと知識をつけて深く掘り下げるのか」

「もっと自分らしい記事を書いていくのか」

どちらを選ぶにしても自分の自由です。

もっとそのジャンルについて知りたいと思えば、深く掘り下げてもっと内容の濃い記事を書くように努力するでしょうし、もうこれくらいでいいやと思えば、別の興味のあるジャンルを書き始めるのもいいでしょう。

とにかくブログで稼ごうと思うのならブログを辞めるのではなくてどんな形でも良いので書き続けることが重要なのです。

ネタ切れというのはブログを書いていれば誰でも起こります。

誰でもネタ切れとは戦っているのです。

私自身もブロガーに向けたブログ記事も今までのジャンルとは全く別ジャンルではあります。

でもずっとブログを書いていたのである程度知識と経験があります。

なので新しいジャンルに挑戦しようと思ってブロガー記事を書くことにしました。

また新しいネタを仕入れて、勉強したりしてネタを考えているのです。

そうやって苦しみながら記事を書き続けるのがブロガーの仕事です。

ブロガーとして書き続けるのならネタ切れとは一生戦っていくことになるでしょう。

ですからネタ切れから逃げるのではなくどうすればネタ切れしないで書けるのかを自分なりに考えていきましょう。

それがブロガーという生き方なのです。

是非参考にしてみてください!

関連記事

初心者ブロガーがブログテーマを決めるための方法とそのコツ

ブログで成功するために必要な事。ブログは継続してこそ力を発揮する