嫌なことから逃げる人生でもいい【我慢するのが良いことではない】

悟りを開く
スポンサーリンク

自分が嫌だと思うことから逃げることなんて全然いい。

その結果自分が満足のいく人生を送れているのなら。

嫌なことなんて無理にする必要はない。

人生はこれだけ多くの選択肢の中から選ぶことが出来るのだから。

嫌なことから逃げるということは、

嫌じゃない人生だってあるということ。

そこに向かって突き進んでいければその方向は自分にとって正しい道だということ。

嫌な仕事や嫌な人間関係なんて逃げてしまえばいい。

その結果自分が楽になったのだとしたらそれは正解だ。

どんなことだって逃げて悪いなんてことはない。

そんなものは逃げるが勝ちだ。

しかし逃げるにも悪い逃げ方だってある。

それは、

逃げた先にもっと辛い人生があるということ。

それは逃げた意味がなくなる。

仕事が辛いからといって逃げて、

結果的に無収入になって借金地獄になってしまった。

それでは何も意味はない。

逃げるためにはそれだけ自分で乗り越えなければいけないこともある。

嫌なことから逃げるだけではいけない。

そのさきに自分にとって良い生活を手に入れることが出来る時だけ逃げることが出来る。

そうではない逃げは何も意味はない。

自分自身をもっと苦しめるだけ。

全然逃げたっていい。

その先に自分を苦しめる人生がないのなら。

嫌なことから逃げることは悪いことではない。

その先に自分の手に入れたいものがあるのなら。

逃げることは悪いことじゃない。

その結果自分が満足しているのなら。

関連記事

[kanrenc id=”1799″]