人間味があっていい。

欲があっていい。

失敗するって人間味がある。

そんな部分が人間そのものなんだと思う。

欲があったり、間違いを犯したり、悪いことをしたり、欲に負けたり、後悔したり、うまくいかなかったり、悩んだり、苦しんだり、感情的になったり、イライラしたり、喜んだり、悲しんだり、泣き崩れたり、楽しんだり、感情的になること。

全てはみんな人間味。

人間味というのは人間の感情の部分であったり不完全部分のことを言う。

私たちが思っている神様ではない部分のことを人間味という。

不完全で悩んだり苦しんだりする部分を人間味という。

人間は失敗したり笑えるところが好きだ。

人間はなんだかんだ神様のような完璧な姿よりも失敗するような人間味のある部分が好きなんだ。

人間なんて不完全だし感情的になったって全然いい。

だって人間に生まれたのだから。

人間に生まれたのだから人間味があっていい。

むしろそれが正解と言えるだろう。

人間は人間を味わうために生まれてきている。

人間はいくら神様になろうとしたってなれるわけがない。

だって私たちは人間なのだから。

人間の枠からはみ出すことはできない。

どんなに偉くなったとしても人間以外のものにはなれない。

だったら人間を楽しめばいい。

せっかく人間に生まれたのだから人間を味わえばいい。

人間味のある感情的で不完全な自分を楽しめばいい。

人はそのために人間に生まれたのだから。

失敗したって、

怒ったって、

悲しんだって、

悩んだって、

苦しんだって、

感情的になったって全然いい。

だってみんな人間なのだから。

人間味のある不完全な存在に生まれてきたのだから。

関連記事はこちら

人生哲学の関連記事
  • 科学とは一種の宗教である
  • 哲学が必要な時代に変わってきている理由とは
  • 理想を追い求めていく人生と現実を見て生きていく人生ではどちらが良いのか
  • 目標がないと人はネガティブになるしどんどん退化していく
  • 気分や気持ちが見ている世界を作り、自分の人生を作り上げていく
  • イライラした時の解消法。イライラするのは自分に余裕がないから
おすすめの記事
幸せに生きる方法
お金を稼げるようになったり、収入が増えたからと言って生活水準を上げることはあまりお勧めしない。 なぜなら生活水準を上げたとしても幸福度は全然...