人間は体調とか調子とか気持ちの浮き沈みを常にあります。

それは人間なのでしょうがないことです。

良い時もあれば悪い時もあって当然です。

やる気がある時や集中出来ている時、調子が良い時というのは何をやっても行動が早いしいろんなことが上手くいきます。

なのでもしせっかく行動をするなら調子の良い時や勢いのあるときにやろうと思っていたことをやってしまいましょう。

調子が良いときにやっておかないとなかなかやることが出来ません。

普段やらないことなどは特にそうです。

例えば部屋の掃除などはよくあります。

思い立ったが吉日というように「なんか今ならやれる気がする」と思ったときに優先的にやってしまいましょう。

それを後回しにしてしまったら後になったときには「もうやりたくない」となってしまいます。

なので思い立ったとき、勢いがあるとき、やる気があるときに今までやろうやろうと思っていたものをやってしまうことが大切です。

やれるだけやってしまえばまたやりたくなくなったときにはいろんなものが終わらせているので心置きなく休むことが出来ます。

やろうやろうと思っているものは自分の中で、

「やっておいたほうがいいもの」

「やらなければいけないもの」

「やるべきこと」

「やらないと気が済まないこと」

だったりします。

なので放っておいたり後回しにしても必ずまたあとでやらなければいけないと思う時期が来るのです。

それならやれるときに終わらせてしまえば後が楽です。

それは早ければ早いほど良いです。

ずっと心残りのまま生活していても良いことはないですし次に進めません。

早めに終わらせて、スッキリして日々を生活する方がとても気持ちが楽で頭がクリアに生活することが出来ます。

それによってポジティブになり、またいろんなことをやろうと思ったり新しいことに挑戦しようと思ったり良いスパイラルにすることが出来ます。

ただやり残したことをやるかやらないかで全く違う人生になるかもしれないのです。

それなら思い立ったときにやってしまう方が絶対に良いと思います。

普段やっていないことというのはなかなか行動出来なかったりどうしても後回しにしてしまいがちです。

しかしやろうと思ったということは、「自分の心がやりたい!」と思ったということなので自分の心に素直になって行動していくことが良い結果に繋がるのです。

あとがき

思い立ったが吉日という言葉があるように思い立った時が一番やるべきタイミングなのです。

そのタイミングを一度逃してしまうともう一回はこないかもしれないのです。

やろうと思った時というのは自分の心がやりたいと思った時なのでそういう時にやってしまうのが一番良いのです。

普段やっていないことをやるというのは腰が重いかもしれませんが思った時というのはチャンスなのです。

そのチャンスをものにしてしっかりと行動に移していきましょう。

その一歩を踏み出す勇気が良いスパイラルを生んでいくのです。

関連記事

  • ブログ移転のお知らせ
  • どん底から這い上がるには行動あるのみ【考え込んでも現実は変わらない】
  • 自分に出来ないことを出来るようになる為のコツと具体的な方法
  • ワクワクする人生を目指していこう。わざわざつまらない人生を送る必要はない
  • 好きなことをして自由に生きたいのならバカになればいい。バカになれば自由と可能性が広がる
  • 人生を変えたい、変わりたいと思っているうちは決して人生は変わらない。
おすすめの記事
人間関係
日本ではみんなで仲良くやっていきましょう。という傾向にあります。 ですから嫌いな人が出来ることは悪いことだという教えが浸透してしまっています...