【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

表現したいものがあるのなら自分を信じて表現した方がいい

もし自分に表現したいものがあるのだとしたらそれは自由に表現した方が絶対に良い。

自己表現したり自分の意見を言えないのは、その表現したいものが間違っているかも知れないという不安もあるだろうし、否定されるのが嫌だから表現出来ないという理由もあるかも知れない。

しかしどんなものを表現したって否定は確実にされる。

だって世界のみんなに評価されるものなんて一つとしてあるわけがない。

みんな好みも違うしみんなそれぞれの意見がある。

全ての人たちが全て自分と同じ考えを持っているのだとしたらそれはみんなに評価されるかも知れない。

しかしそんなことがあるわけがない。

自分とは全く違う考えの人からすれば、自分がどんなに素晴らしいことを言ったとしてもそれは否定されるでしょう。

自分と考え方が違うということは自分とは良いと思えるものも違うということ。

だから自分が良いと思って表現したとしても、自分と違う人にとっては悪いものだと思って否定するでしょう。

結局そんなものです。

しかし何かを表現すれば必ず自分と近い人は応援してくれるでしょう。

だから否定なんて気にしなくてもいい。

自分が思うように表現ずれば良いのです。

自分に表現したいものがあるのなら好きなように表現すれば良いのです。

叩かれたくなければ表現しないでみんなと足並みを揃えて生きていけば否定されることは少ないでしょう。

しかしそれだって否定する人はいる。

「あいつは自分の意見がない」

「人の顔色を伺って生きていて何が楽しいのだろうか」

そんな風に否定する人もいるでしょう。

どうせ何をやっても否定されるのなら自分がやりたいようにやった方がいいに決まっている。

自分の進みたい道を進んでいけば良いのです。

その道が人とは違っていても気にする必要はないのです。

自分自身が信じる道を進むことが人と足並みを揃えて生きるよりも確実に価値のある人生を送れるし、何よりも自分が納得出来る人生になるでしょう。

人と違う道を歩くというのはそれだけ孤独なものだしそれだけ否定する人は多いでしょう。

それは当然のことです。

その孤独や否定が嫌なのならそうやって生きていけばいい。

でも自分に表現したいものがあるのなら自分の信じる道を進めばいい。

自分のことを信じれない人が自己表現なんて出来ないし、自分を信じれない生き方をしていたらいつまで経っても良い人生なんて送れないし誰も自分のことを信じてくれなくなる。

誰も信じてくれなくても自分くらいは自分のことを信じてあげよう。

そうじゃないと自分がかわいそう。

自分を信じて自分の信じる道を進んでいこう。

そうやって自分の人生を作り上げていけば幾分か今の自分の人生よりかは良い人生を送ることが出来るでしょう。

関連記事

否定を怖がらずに自己表現をする。どんな事をしても行動した時点で否定されるのだから気にする必要はない

自由に自己表現すれば良い。自己表現は正解不正解ではなく自分の意見を言えばいい。

出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない

アンチになる人の心理とは。アンチを気にしないで自分を貫けばいい。