大人になって泣くことが少なくなった。

幸せになる方法
スポンサーリンク

大人になって泣くことが少なくなった。

いや、ほとんどなくなった。

それほど自分の心に素直じゃなくなったのかな。

いや、

それだけ自分の心を表に出すことが下手になったのかな。

泣くってすごい感情だと思う。

すごい嬉しい時も泣くし、

すごい悲しい時もなく、

すごい辛い時も泣くし、

すごい心が動いた時も泣く。

泣くというのはそれだけたくさん自分の心が動いた時に泣くもの。

感動。

感情が動いた時に泣く。

じゃあ大人になって心が大きく動くことがなくなったということか。

それはそれでさみしいな。

大人になってカッコつけることが多くなった。

素直な自分でいることが少なくなった。

いやでも素直って一体なんだろうか。

感情をそのまま子供みたいに表現することが素直なのか。

カッコつけたい。

恥をかきたくない。

感情をそのまま出すのはカッコ悪い。

そんな感情だって素直な気持ちなのではないか。

泣くことが別に良いことじゃないしえらい事でもない。

ただ大人になって泣くことが少なくなったのが少しさみしく感じただけ。

関連記事はこちら

[kanrenc id=”3147″]