ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

ピンチや不運なことがあっても考え方でチャンスに変わる。人生どう転ぶかは最後までわからない

普通に生活していてもピンチや不運、ついてないなぁと思うことは起きます。

失敗というのはどんなに注意して完璧にやったとしても起きるものです。

失敗をしない完璧な人間なんていないのでどんなに慣れたことをしていたとしても失敗はつきものです。

「自分はやっぱりダメな人間だ」

「どうしてこうも失敗ばかりなんだろう」

と落ち込んでしまうでしょう。

ただそれは自分が失敗して自分はツイていないと思うことは勿体無いことです。

失敗することは悪いことではないのです。

失敗したのならその失敗をバネにしてまた頑張っていけば良いのです。

ピンチはチャンスに変えることができる

失敗することは悪いことではありません。

それがきっかけでこれから頑張ることを決意して、良い方向へ進んでいったらそれは良いことに変わります。

結果的にピンチはチャンスということになると言うことです。

人間は何かきっかけがないと頑張れなかったり自分を変えることが苦手です。

「今のままでいいや」

「頑張りたいけど、なんとなく気持ちが向かない」

「自分なりには一生懸命頑張っている」

人は理由がないと頑張ることが出来ないのです。

自分なりには常にベストを尽くして頑張っているという感覚がある人はたくさんいます。

ですが実際に不運なことが起きて、現実的に今のままではどうしようもない状況になってしまうと人は一気に変わります。

いきなり自分が起業した事業が傾いてしまって、借金が1000万円になってしまいこのまま続けば倒産してしまう。

なんて状況になったらどうでしょうか。

実際今まで事業をやっていて常にベストで頑張ってきて、休みなく頑張ってきたとしてもそういう状況になってしまったとしたらなんとかするしかありません。

そうなると人は努力してどうにか立て直してしまったりします。

よくある夏休みの宿題で最後の三日で全部終わらせてしまうような感覚です。

最後の三日では宿題は終わらせられるが、最初の三日で終わらせることって難しいと思います。

そうやって人は自分の中でピンチだと思わないと本気の本気では頑張れないということです。

頑張れないのではなくピンチになるといつも以上の力が出るのです。

それが「火事場の馬鹿力」というものです。

そうやって人はピンチになるとなんとかしてしまうものなのです。

【関連】人生なんとかなる。なんだかんだなんとかなってしまうもの。

悪いことも良いことに変えることができる

普段ピンチというものはあると思いますが、

実際その出来事だけで見るとピンチで不運なのかもしれませんが、結果頑張ることが出来て最終的に良い結果になったのなら、

それは悪いことも良いことの一部ということになります。

そう考えると良いことも悪いことも最終的にはわからないしピンチがあるからチャンスがあるのです。

それならピンチや不運をそれだけで終わらせるのではなくて、

「これをきっかけに人生が良い方向へ変わるかもしれない」

「人生の転機なのかもしれない」

と考える方がピンチをピンチのままでいるよりも、チャンスに変えることができます。

「自分は出来ない人間だ」とか「自分の人生は不運ばかりだ」と思わずに、

そんなことは人生最後までわからないのだから、諦めずにピンチをチャンスに変えることがとても重要なのです。

【関連】悪い感情でも考え方で良い方向へと向かうことが出来る。

あとがき

どんな苦しいことでも不運なことが起きたとしてもそれが本当に悪いことなのかは最後までわからないのです。

その悪いことが結果的に良いことに繋がることはよくあります。

ピンチをピンチで終わらせるのか、

それともピンチをチャンスに変えるのは自分次第なのです。

人間はいざという時には自分の思っているよりも遥かに大きな力を出すことが出来るのです。

ですからどんなことが起きても最後まで諦めずにいればチャンスに変わるかもしれないのです。

絶望しても良い方向へは向かいません。

どんなことがあっても前を向いて頑張るしか道はないのです。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。