ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

変わりたいけど変われない人は何かきっかけが必要。きっかけがないのなら自分で作れば変われる

人間というのは、「現状維持」が大好きで、変化をすることが苦手な生き物です。

それは現状維持が一番安全ということを本能的に知っているので、どうしても今の状態を好みます。

それは良いことでもあるのですが、

「本気で変わりたい」

「今の自分に満足していない」

と思っている人にはとても大きな壁でもあります。

気持ちでは「変わりたい!」と思っていてもなかなか行動に移せなかったり、どうやって行動していったら良いのかわからないということがよくあります。

それは、自分では「本当に変わりたい」と思っているのに、「潜在意識が変わりたくない」という風にブロックをしてしまうからです。

そのブロックを崩すには、「とても強い意志」が必要となります。

強い意志があれば変われるのですが、何もきっかけがないのに変わるというのは至難の技です。

なぜかというと、「今の自分に満足していないと思っているはずなのに、今のままでも十分生きていけるから」です。

満足していないと感じているはずなのに気持ちの奥底では、

「今のままでも良いんじゃないか」

「今のままが一番ラク」と思っているのです。

そう思っている間はどんなに頑張ろうとしてもなかなか変わることが出来ません。

ではどうやって変われば良いのか?

それは、「変わるためのきっかけを作ること」です。

そんなこと言ってもそんなものはないよと思うかもしれません。

そんな時は今の自分と本当になりたい自分を比較することで変わるきっかけになります。

「このままでは今のまま何も変わらず終わってしまう」

「現状のままでは一生変われない」

そんな風に思えば今の状況であることがピンチな状態、いけない状態だと気付くことが出来ます。

人はンチにならないと変化出来ないのです。

テスト勉強や夏休みの宿題などもそうだと思います。

人は本当にギリギリなピンチにならないと変わろうとは思いません。

「このままではいけない」

「このままいったら大変なことになる」

という思いにならないとどうしても変われないのです。

なのでよく言う「ピンチはチャンス」と言うのは間違っていないのです。

ピンチになって初めて人は変われるのです。

【関連】ピンチをチャンスに変える方法

なのでどんな不幸なことがあったとしても、それは今は不幸なのかもしれませんが将来どうなるかわかりません。

今は絶望的な状況だったとしてもそれをきっかけに人生が変わることが出来たら、それは大きなチャンスになり得るのです。

よく経営者やスポーツ選手がやるのは、

「良い車をローンで買って、頑張らなきゃいけない状況を作る」なんて人もいるくらいです。

それはお勧めはできませんが自分でピンチな状況を作ると言う意味では、理にかなっているのかもしれません。

やる気が出るまで待っているのも良いのかもしませんが、それはいつになったら来るのかわからないのです。

「とにかく自分がいいと思う方向へ行動してみること」が人生を変えるために必要なことなのです。

あとがき

人はどうしても自然と楽な方へと逃げてしまう生き物なのです。

どんどん行動して変化する人でも同じように楽は好きなのです。

しかしそのように変化のない楽な生活よりも、

「このままではいけない」という気持ちがピンチだと感じてどんどん行動することが出来るのです。

結局は楽な方に逃げているのです。

行動出来る人はそれだけ自分をコントロールすることが上手なのです。

あえて自分をピンチな状況において、なんとか乗り越えるように自分で課題を作っているのです。

どんな人でもピンチになったらなんだかんだ変われるものです。

火事場の馬鹿力というものがあるように人はピンチになればなんだかんだ乗り越えます。

行動出来る人はそれを知っているので、自分で変わるきっかけを作っているのです。

普通の人はそれをしません。

本当にピンチになったときに行動するくらいのものです。

みんな動き出したり行動する前は腰が重いものです。

しかしそれでもきっかけがあればなんだかんだ出来てしまうものです。

もし本気で変わりたいと思うのなら自分でピンチな状態を作りきっかけを作ってしまいましょう。

人はきっかけがないとなかなか変われないのです。

それなら自分できっかけを作ってしまえば変わっていけることが出来るのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。