悟りについてはこちら

パワーストーンの浄化方法

パワーストーンの浄化と言っても何で浄化をしなければいけないかと言うと、パワーストーン本来の力を発揮するためにとても大切なことだからです。

しっかりとこまめに浄化をして気持ちよくパワーストーンをつけましょう。

パワーストーンの浄化方法と種類

パワーストーンを浄化する方法というのは色々な種類があるのでご紹介します。

クラスターに置く

クラスターは優れた浄化能力を持つので1日置くだけでも十分に浄化してくれます。

クラスター自体は浄化能力を持っているので浄化する必要はありません。

クラスターでの浄化はどんな石にも効果的です。

浄化とともにパワーの充電も同時に行えるので万能です。

オススメはどんな石にも対応してくれる水晶のクラスターがオススメです。

流水に当てる

「水に流す」という言葉があるように流水には清める効果があります。

湧き水やミネラルウォーターなどで出来ればベストなのですが水道水でも十分に効果があります。

1分ほど流水に当てましょう。

ミネラルクォーターをかけるのも効果的です。

日光浴をさせる

太陽エネルギーというのは浄化作用があります。

さらにエネルギーもたくさん混じってるのでパワー充電にも効果的。

石が傷んでしまう可能性もあるので長時間の日光浴には気をつけましょう。

石によっては日光浴をしてはいけない石があるので注意が必要です。

月光浴をさせる

月光浴は満月に近いほど効果を発揮します。

どの石にも適しているのでとても万能な浄化方法だと言えるでしょう。

こちらもパワー充電も同時に出来るのでオススメです。

窓際に一晩おいて置くなどすれば自然と石が輝きを取り戻すでしょう。

音での浄化

シンギングボールやクリスタルチューナー(音叉)などを用いて、石に音の波動を当てることによって浄化する方法です。

この浄化方法では、浄化と石のチューニング(石の状態を整える)効果もあるのでオススメの浄化方法です。

どの石にもこの浄化を行うことが出来るので気にする必要はありません。

部屋の浄化も同時に行えるのがとてもメリットです。

塩に埋める、塩水につける

塩は清める効果がとても強いので無に戻す清め法として重宝されています。

塩に一晩埋めておくか上に置いておくことで浄化することができます。

浄化後は水で流して布などで拭いてください。

水が苦手な石にはお勧めできません。

この浄化方法はどの浄化方法よりも無に戻す効果が強いので、初めて自分の手元に来た時は塩で浄化すると良いでしょう。

セージの煙に当てる

一般的にホワイトセージを使って行います。

ホワイトセージの葉を燃やして、その煙に石をくぐらせて浄化をします。水に弱い石にはこの方法がお勧めです。

強い浄化作用があるので特にホワイトセージを使うと良いでしょう。

どんな石にもこの浄化方法を行う事ができます。

浄化するとどうなるのか

このように様々な浄化方法がありますので、石にあった浄化方法を探してみてください。

浄化をしたら良いことは分かっていると思いますが、どうして浄化をしなければいけないかというと、

石には色々な念や悪いエネルギーが溜まりやすいので、その悪いエネルギーや念を取り払い、自分に合った石にしていくためにも浄化するのは良いことなのです。

特に自分の手元に来たすぐの石は、自分の石のように思えませんし自分自身に馴染んでいません。

そういう時はまず塩での浄化をお勧めします。

塩で一旦石の状態の無の状態にして、その後つけながら自分に合った石へと変わっていくでしょう。

自分色にするためにも一度浄化してリセットすることで良い状態を保つことができます。

そして浄化を行うと石の輝きもどんどん増していきます。

ちょっと曇ってきたなと思ったらしっかり浄化してあげてください。

石も生きています。

しっかりと手入れをしたり休ませてあげないと疲れてしまいますので、優しく取り扱ってあげてください。

【関連】パワーストーンは浄化しないとどうなってしまうのか。

どれくらいの時間浄化していればOKなの?

浄化をする際に、どれくらい浄化をしてどんな状態になれば浄化完了なのか分からないでしょう。

浄化の方法別にご紹介します。

ホワイトセージによる浄化

浄化が完了する目安は、5分〜10分ほどやっていれば大体完了します。

見た目の変化もどんどん曇りが取れていき、輝きが戻ったなと思ったら終わりにしても大丈夫です。

クラスターによる浄化

クラスターはパワー充電と浄化を行うので時間がかかります。

感覚的には2時間程度クラスターの上に置いておけば大体元通りになっているでしょう。

寝る時にクラスターの上においておけば朝になった時には良い状態に戻っているでしょう。

人間も夜は休むようにパワーストーンも同じように休ませてあげましょう。

太陽光による浄化

太陽光による浄化も浄化作用が強いので10分程度当てておけば浄化されるでしょう。

あまり長い間日光に当てておくと熱で割れてしまう可能性があるので注意が必要です。

こちらも太陽エネルギーによってパワー充電が行えるのでオススメです。

月の光による浄化

月の光は優しい光で浄化してくれるのでパワー充電も行ってくれます。

時間としては1時間程度やれば大丈夫でしょう。

優しいエネルギーに包まれるので自然な状態へと石が戻っていくでしょう。

塩に埋める・塩水による浄化

塩は浄化作用が強いので、あまり長い間やっておく必要はありません。

長くても10分やれば浄化されるでしょう。

こちらもあまり長い間やってしまうと変色したりする恐れがあるので注意が必要です。

流水による浄化

流水による浄化は自然な状態に戻して、綺麗なエネルギーに満ち溢れるでしょう。

この浄化方法は浄化作用よりも「エネルギーを綺麗にする」という浄化方法です。

時間としては1分〜2分ほどで十分に綺麗なエネルギーになっていくでしょう。

音による浄化

シンギングボールや音叉による浄化で波長を整える浄化方法です。

こちらも1分〜2分行えば十分に輝きを取り戻すでしょう。

浄化が完了した状態とは

浄化が完了した時の合図としては、

  • 輝きが元に戻った時
  • これくらい綺麗になったらつけたいなと思った時のように輝きに満ち溢れてきた
  • これ以上良くならないと感じた時

に浄化を終えると良いでしょう。

浄化は新品のように輝きを取り戻すことができるので、定期的に気になったらやることをお勧めします。

浄化する頻度はどれくらいが良いのか

パワーストーンの浄化はどれくらいの頻度でやれば良いかというと、出来ることなら毎日やることが理想です。

しかしそれでは大変だという人は2〜3日でも一週間に一度でも良いでしょう。

浄化はできる限りした方が良い状態を保つことが出来ます。

せめて1ヶ月に一回は必ず行うようにしましょう。

あとがき

石はとてもデリケートなものですし石も生きているのです。

丁寧に扱ってあげれば長持ちしますしパワーストーン本来の力も発揮してくれます。

石というのはずっと共に過ごすことになるパートナーのような存在なので、愛着を持って一緒に成長していくような気持ちで身につけることでとても良い効果を発揮してくれるでしょう。

ちゃんと浄化をしてあげることでよりパワーを持ち主に与えてくれるのがパワーストーンです。

大事に扱ってあげあましょう。

こまめに浄化することで良い状態を保つことでパワーストーン本来の力を発揮してくれるでしょう。

関連記事