ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

使い終えたパワーストーンを処分する方法

使い終えたパワーストーン、役目を終えたパワーストーンの処分はどうすれば良いかというのは悩むところです。

適当に捨てて良いものではないという気持ちがあるでしょう。

今回は今までお世話になったパワーストーンを捨てる方法と処分する方法について書いていきたいと思います。

使い終わったパワーストーンを処分する方法

使い終えたパワーストーンを捨てるには勇気がいると思います。

特に大切にしてきたものでありますしパワーストーンは神聖なものです。

しっかりとした処分の方法を取ることが大切です。

神社やお寺で供養してもらう

神社やお寺へ行くとお札やお守りを供養してくれる捨てる場所があります。

そこにパワーストーンも同じように処分してもらえばしっかりと供養してくれるので安心です。

土に埋める、土に返す

パワーストーンはもともとこの地球の大地にあったものです。

ですから元あった場所に返すということで土に埋める方法があります。

公共の場に埋めてしまうと犯罪になってしまうので自分の家の敷地内に埋めるようにしましょう。

パワーストーンショップに処分してもらう

いらなくなったパワーストーンは買ったところだったりすると処分してくれるでしょう。

パワーストーンショップならパワーストーンの処分をしっかり行ってくれるので安心して処分することが出来ます。

不燃ゴミとして処分する

不燃ゴミとして処分する方法もありますが、出来る限り供養してもらうかパワーストーンショップなどに処分してもらいましょう。

しっかりとした処分を行うことでパワーストーンも喜んでくれるでしょう。

処分する前にはしっかりと浄化しましょう

処分する前に自分自身でも行っておくと良いことがあります。

それは、

しっかりと自分自身でも浄化をすることです。

しっかり浄化をすることで自分のエネルギーやパワーストーンとの繋がりが切れます。

自分の念がなくなるのでしっかりとリセットされた状態で処分する方が良いです。

捨てた後に後悔するような気分になるということは自分の念がまだ残ってしまっているということです。

念をなくすために自分でも浄化をしましょう。

【関連】パワーストーンの浄化方法

処分する時にオススメの浄化方法

処分する時にオススメの浄化方法は塩に埋めて浄化する方法です。

塩での浄化は、石を完全にリセットしてくれる浄化方法です。

塩にはとても強力な浄化作用があるので、自分の念やエネルギーを取り除いてくれるので、塩で浄化すれば元の綺麗な状態に戻すことが出来ます。

処分するときは塩で浄化してから処分するのがオススメです。

処分する前は感謝の気持ちを忘れないようにしましょう

パワーストーンを処分する前にはちゃんと感謝の気持ちを持って処分するようにしましょう。

今まで自分とともに成長してずっと自分のことを守ってきてくれた大切なパートナーです。

そのパートナーとお別れするときは感謝して、「ありがとう」という言葉をかけてあげてください。

そういう気持ちがあるとパワーストーン自体も報われた気持ちになるでしょうし役目を終えることが出来ます。

そして自分自身も念を残さずにお別れできるでしょう。

感謝まで気持ちを忘れないようにしましょう。

あとがき

パワーストーンを処分するときは、

いろいろ考えてしまうことがありますが、しっかりと感謝の気持ちを忘れずに自分の念と後悔を残さずにお別れすることが出来れば良いでしょう。

今まで大切に扱ってきたパートナーだからこそお別れの時も良い気持ちでお別れすることが大切です。

そうやって処分する時も大事に扱われたパワーストーンも最後まで大切に思われていたら必ず喜んでいるはずです。

パワーストーンとも出会いと別れがあります。

最後まで感謝の気持ちを持ってパワーストーンとお別れしてあげてください。

そうすればまた新しい良いパワーストーンと出会えるでしょう。

関連記事