ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

プレッシャーに弱い人の特徴と克服するための方法

「プレッシャーに弱い」

「緊張すると思うように出来ない」

そんな人はとても多いのではないかと思います。

そもそもプレッシャーってどうして感じてしまうのか分からないものでもあるでしょう。

頑張らなければいけない時や挑戦するときは勝手にプレッシャーを感じてしまうものです。

他にも他人に期待されたりするとプレッシャーを感じてしまいます。

今回はプレッシャーについて書いていきたいと思います。

プレッシャーとは一体何なのか

まずはプレッシャーとは一体何なのかについて知る必要があるでしょう。

プレッシャーとは、

外から加わる精神的な重圧です。

その何か分からない重圧を感じるとプレッシャーを感じるのです。

そのプレッシャーの原因が分かるときもあれば分からないときもあるでしょう。

しかし何か精神的な重圧を感じているからプレッシャーを感じているのです。

プレッシャーはどうして感じてしまうのか

プレッシャーというのはどうして感じてしまうのかというと、

それは何かしらの精神的な重圧がかかっているから感じてしまうのです。

その重圧は自分でかけてしまうこともあるでしょう。

よくある話で言えば、

「こんなに練習してこんなに頑張ったんだから絶対良い成績を残さなければいけない」

「こんなところで負けてはいけない」

というように、

〜しなければいけない。

という精神状態になってしまうとどうしてもプレッシャーを感じてしまうのです。

同じように人に期待されているときも、

期待して応援してくれているのだから期待に答えなければいけない。

という精神状態になってしまうでしょう。

そうやって結果に執着したり、絶対にしなければいけないという気持ちがプレッシャーに変わってしまうのです。

逆に出来たらいいな。

うまくいったらいいな。

というような気持ちならプレッシャーを感じることはないでしょう。

プレッシャーは自分の気持ちと感じ方によって変わってくるのです。

プレッシャーに弱い人の特徴

プレッシャーはどうして感じてしまうのかについて書きました。

次にプレッシャーに弱い人はどうしてプレッシャーに弱いのか、プレッシャーに弱い人の特徴について書いていきます。

責任感が強い

責任感が強ければ強いほど、

〜しなければいけない。

という気持ちが強くなってしまうのでどんどんプレッシャーに負けてしまいます。

プレッシャーというのはあまり加わり過ぎると緊張して思うように力を発揮出来なくなります。

プレッシャーを感じるよりもいつも通りにやれば良いくらいの気持ちである方が結果を出しやすいのです。

完璧主義者

完璧を求めてしまう人ほどプレッシャーは大きくなります。

自分は絶対に失敗してはいけない。

自分は常に成功者でなければならない。

そんな気持ちでいればプレッシャーを感じてしまうのは当たり前です。

人間は失敗する生き物です。

そんな自分を追い込まなくても良いのです。

思い込みが強い

思い込みが強い人も同じくプレッシャーに弱い人です。

自分はダメな人間だ。

前回失敗したしまた失敗する。

というように自分自身がまだ来ていない未来を勝手に思い込んでしまう人はプレッシャーに弱い人です。

プレッシャーに立ち向かうことが出来ずにプレッシャーを感じるのが嫌だから逃げているのです。

プレッシャーは感じ過ぎるのもよくありませんが、逃げていては自分の思うような結果は得られません。

思い込みが強い人はプレッシャーに立ち向かう勇気を持つことが大切です。

プレッシャーは感じない方が良いのか

プレッシャーを全く感じないというのは良い結果をもたらしません。

それはプレッシャーがないということは勝ちたいという気持ちや絶対に成功したいという気持ちを持っていないからプレッシャーを感じないのです。

手に入れたい現実がないからどんな結果になっても良いと思っているからプレッシャーを感じていないのです。

もちろん今の自分に満足しているのならそれでも構わないでしょう。

しかし絶対に欲しい現実があるのならそれを手に入れるためには必ずプレッシャーを感じるものでしょう。

プレッシャーを感じないことが良いことではありません。

プレッシャーを感じつつも自分の望んだ未来を手に入れるために挑戦出来る心を持つことが大切なのです。

プレッシャーは適度に感じるくらいが一番良いのです。

全くプレッシャーを感じなければそれは頑張る理由もありません。

しかしプレッシャーを感じ過ぎると力が入ってしまったり自分の力を発揮出来ないでしょう。

ですから自分が一番力を発揮出来るプレッシャーの量を見つける必要があるのです。

大体の目安としては、

七割くらい緊張していて三割くらいがリラックスしているくらいがちょうど良いでしょう。

緊張している自分を客観的に見れるくらいの余裕を持つことが良い結果につながるのです。

プレッシャーに打ち勝つ方法

プレッシャーに弱い人がプレッシャーに打ち勝つために必要なことを書いていきます。

まずプレッシャーに弱い人の特徴は、

とにかく結果ばかりに気を取られすぎている状態なのです。

「結果を出さなければいけない」

「絶対成功しなくてはいけない」

という風に結果しか頭にないのです。

しかし実際にはそこまでの過程の方がずっと重要なのです。

スポーツで言えば、

本番で良い結果を残すために練習をします。

音楽発表会でも必ず練習するはずです。

そして普段で全く出来ないことがいきなり本番で出来ることというのは稀です。

ですから基本的には練習を積み重ねて練習で何度も出来ることを本番に生かすものなのです。

ということは大事なのは本番よりも練習でいかに出来るようになるかということです。

ですからあまり気負っても仕方ないのです。

練習で出来ることは本番でも出来るはずです。

もし本番で出来なくてもそれは仕方のないことです。

いつもと違う状況でいつもと違う精神状態で行うのですからうまくいかなくて当然です。

絶対に失敗してはいけないという心が失敗を招くのです。

「いつもと同じようにやればいいんだ」

「いつも出来ているのだから大丈夫」

「あとは本番は楽しもう」

という気持ちが良い結果に繋がるのです。

あとがき

結果ばかりに執着してもそれではうまくいきません。

どんなに練習したとしても、

どんなにうまくやりたいと思ってもうまくいかないことはあります。

それは人間ですから当たり前です。

どんなに頑張ったって結果は自分で決めることは出来ないのです。

結果は神様しか分からないですし自分ではどうにもならない領域です。

自分に出来ることはしっかりと練習をして普段の力を本番でしっかりと発揮することくらいのものです。

その結果は分からないのです。

未来のことを考えてしまうと人はネガティブになり、良い結果をもたらしません。

それなら今に集中して本番のその瞬間を思いっきりやることが成功をへと導かれるのです。

結果ばかりに目を向けても良い結果は生まれません。

未来ばかりに気持ちがいってしまったら今の自分が良いパフォーマんを出せません。

プレッシャーを感じない方法は、

今、目の前のことを全力で取り組むことでプレッシャーは消えていくのです。

関連記事

プレッシャーには良いプレッシャーと悪いプレッシャーの2種類ある

一歩踏み出す勇気が出ない。その一歩が人生を大きく変える