アクセスがない記事はリライトしてアクセスを集めよう。

ブロガーについて
スポンサーリンク

アクセスがほとんどない記事はリライトすることでアクセス数を伸ばす事ができます。

ブログを更新しているとその中で全く読まれていない記事というのが出てきます。

もちろん全ての記事が読まれた方が良いのですが、そういったほとんど読まれていない記事でも誰かの役に立つ事があるかもしれません。

その記事を消しても良いのですが、せっかく書いた記事なのですから誰かに読まれるためにリライト(書き直す)ことでアクセスを集める事ができます。

全然読まれていない記事でも少し変えるだけで読まれる記事になる可能性があるのです。

読まれない記事はリライトしよう

どうしてもたくさんの記事を書いていると全ての記事が読まれるという事は難しいでしょう。

自分では一生懸命書いた記事でも検索されなければ読まれる事はありません。

ですから読まれるためには書き直すという手が良いでしょう。

もちろん記事自体を消去しても良いのですが、せっかく書いたなら書き直した方が記事の質も上がります。

始めに書いた記事よりも書き直した方がしっかりと見直しすることも出来るので、リライトするのは良い方法です。

記事を消去する前にまずはリライトしてみましょう。

読まれない記事はキーワードが良くない可能性がある

リライトするときの注意点としては、同じ意味だとしてもキーワードを変えることによって一気に読まれる記事になる事があります。

例えば、

「痩せる方法」という記事を書いていて全然アクセスが集まらなかったとしても、

「ダイエットの仕方」という風にキーワードを変える事でアクセスが集まる事があります。

同じ意味だとしてもキーワードによってアクセスは大きく変わります。

それは検索する時にみんながどんなキーワードを入れて検索するのかを考えて記事を書かなければいけません。

みんながあまり知らないキーワードだったり、あまり使わないキーワードで記事を作成してもなかなかアクセスを集める事が出来ませんがみんなが調べるようなキーワードに変更すればアクセスを集める事が出来ます。

そうやって今までアクセスが集まらなかった記事でもちょっとの工夫で集める事ができる可能性があるのです。

全く意味が変わってしまうのであれば記事を書き直した方が良いですが、同じ意味で帰られるのだとしたらリライトして記事を書いた方がアクセスが集まりやすくなります。

ゼロからでなく今までの記事を書き直すだけなので手間もあまりありません。

一度消去する前にリライトしてみましょう。

ライバルの多いキーワードを避けてリライトしてみる

あまりにもライバルが多いキーワードだと、なかなか上位表示されないので検索されないこともあります。

「ダイエット 方法」

というキーワードで1ページ目に表示されるようにするのは至難の技ではありません。

みんなそのキーワードで記事を作成しているのでライバルが多く、そのライバルよりも質が良く読みやすい記事を作成しなければアクセスを集めることはできません。

そんな時はキーワードをずらして書くことも大切です。

そのずらして書くというのは、

「ダイエット 方法」はみんなが書いていますし、みんなが調べるキーワードです。

そういうキーワードをビッグキーワードと言います。

そのビッグキーワードで上位表示させることは難しいので少し意味をずらして、

「痩せるためのコツ」

「痩せるにはどうしたら良いのか」

「くびれを作るテクニック」

など、近い意味だとしても少し違う方面から「ダイエット」という意味を持たせる方法です。

「ダイエット 方法」よりも具体的にしたり、ちょっと意味を変えるだけでライバルがかなり減りますので検索されやすくなります。

そうやって意味をずらすことでアクセスの集まる記事に変える事ができるのです。

読まれない理由で文字数が少ないという理由もある

せっかく良い記事だとしても、文字数が少ないとなかなか検索されないという事にもなってしまいます。

キーワードが良くても300文字くらいの記事だとあまり検索されない可能性が高くなります。

それは、「網羅性」というものが大切だからです。

一つの記事で一つの問題を解決してくれる記事はとても良い記事です。

そのテーマに関する疑問や情報が1記事に網羅されているととても読者が読みやすいと思うからです。

そんな記事は上位表示されやすくなるのである適度、情報が網羅されているということはそれだけ文字数もしっかり書いてあるということにもなります。

今までの記事の内容は良いけれど、網羅性がないと読まれなくなってしまうので、リライトする時に追記する(書き足す)事をすることでアクセスの集まる記事に変わる事があります。

記事自体がダメだと思わずに書き足すことで読まれる記事に変わるかもしれないのです。

あとがき

せっかく書いた記事を消してしまうのは勿体無いことです。

書いた記事は書き直すことによって生まれ変わる可能性があるのです。もちろん内容が見られたくない内容であるのなら消すしかありませんが、そうでなければその記事は誰かの役に立つかもしれないのです。

それならその記事を少し書き換えるだけで読まれる記事に変わるのであれば書き直した方が良いでしょう。

無駄記事だと思っているのは自分だけであって、それによって助かる人がいるかもしれないのです。

それ以外にも記事を消してしまうと検索結果から消えるまでに時間がかかるので、存在しないエラーの記事になってしまいます。

そんな記事がたくさんあると、「このブログは調べても消えている記事ばかりだな」どうしたのだろうかという印象になってしまいます。

極力消去はせずに書き直すようにしましょう。

せっかく書いた記事をただ捨てるのではなく再利用することで誰かの役に立つかもしれないのです。