ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

悟りを開くとどんなことが起こるのか。悟りを開くメリットと効果

悟りを開くことを目標に頑張っている人がいるでしょう。

悟り悟りと聞くけど悟りを開くとどうなるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

悟りを開くことが出来るとメリットはたくさんあります。

今回は悟りを開くと得られるメリットについて書いていきたいと思います。

悟りを開くとどうなるのか

悟りを開くと自分の中で色々な変化が起きていきます。

悟りを開く前と後では違う価値観と考え方になっているでしょう。

では悟りを開くとどんな変化が起こるのか具体的に書いていきます。

イライラすることがなくなる

悟りを開くことが出来ればイライラすることがなくなります。

それは自分が納得出来ないことや他人に対して過度な期待をし過ぎたり、他人のありのままを受け入れることが出来るので何か自分に不都合があったとしてもその出来事を受け入れることが出来るのです。

思い通りにいかないことがあるとイライラしてしまうものです。

しかし、

人生は思い通りにならなくて当たり前なのです。

その広い心と余裕が出来るのでイライラすることはなくなって行くでしょう。

悩みや漠然とした不安がなくなる

イライラと同じように悩みや不安もなくなります。

それは、常に今を生きて全力で自分に出来ることをやっているので未来への不安や心配がなくなるのです。

未来なんてどうなるか分からない。

将来のことを考えてもどうにも出来ないということを知るので不安や心配はなくなるのです。

常に今を生きていくことが大切で、それが自分にとって最善の選択だということに気付くのです。

そうやって未来への不安や悩みは自然と消えていくのです。

自分の望む人生を送れる

悟りを開くことによって自分がどうすべきなのか。

どのように生きていけば良いかの判断が自分自身で出来るようになるので、自分がすべき行動を知ることが出来ます。

それによって未来を自分の望む未来に向かって進んでいくことが出来るのです。

それは自分の望むことが自分で分かっているからです。

自分自身の望むものが正確に分かっていればそれだけ正しい道を進むことが出来ます。

その結果自分の望む未来に向かうことが出来るのです。

そしてその選択に迷いがなくなるのです。

失敗が少なくなる

自分自身でやってはいけないことというのは分かっています。

しかし自分の欲に負けてやってしまった行動というのは後で大きな失敗につながります。

そのような失敗や自分の望まない道へ進むことがなくなり自分が正しいと思う道へと進んでいくことが出来るので人生の失敗は自然と少なくなります。

失敗が少なくなれば自分の望む生活を手に入れられるでしょう。

自分の潜在能力が発揮される

悟りを開くことで自分の潜在意識が開花されて、自分の持てる力をそのまま発揮することが出来ます。

自分に出来ることをしっかりとこなす事が出来たり、

今まで出来ないと思っていたことでも悟りを開くことでその心のブロックを外すことが出来るので自然と出来ないことも出来るようになるのです。

自分が出来ることでも勝手に出来ないと思い込んでいることは多々あります。

そういった思い込みがなくなり出来るようになるのです。

【関連】潜在意識を書き換える方法。人は腑に落ちた時に初めて本当に変わることが出来る

悪い欲がなくなる

悟りを開くと欲がなくなります。

もっと大金持ちになりたい。

もっとかっこよくなりたい。

もっとモテたい。

というようなもっと〜が欲しいという欲がなくなります。

今の自分を受け入れているので満足出来るのです。

だからと言って全く欲がなくなるわけではありません。

悪い欲と良い欲が自分で正しく判断出来るようになり、正しい道へと進むことが出来るのです。

欲は自分を動かす原動力になります。

悪い欲をなくし、自分が本当に望む人生を送ることが出来るようになるのです。

【関連】良い欲と悪い欲の違い。悪い欲に振り回されて生きるのはやめよう

苦痛や辛いことがなくなる

生きていれば辛いことや苦しいことはたくさんあるでしょう。

その苦痛から逃れることは出来ません。

しかし悟りを開くことによってその悩みは解消することが出来ます。

辛いことは執着からきているのです。

自分自身がうまくいかないことや思い通りにならないことに対して辛い、苦しいと思っているのです。

辛いことも苦しいことはあって当たり前という心を持つことが出来るので、自然と苦しいことや辛いことを乗り越えることが出来るのです。

それに正しい判断が出来る様になるので辛いことや苦しいことを避けて通ることも出来る様になります。

俗世に関わることが苦痛だと思えば、

出来るだけ避けて自給自足という生活を送ることも出来ます。

人と仕事をするのが嫌なのだとしたら、

一人でできる仕事をすることも出来ます。

全て自分で判断して行動することが出来るので、苦痛が少ない正しい道を選択していくことが出来るのです。

ストレスが減る

悟りを開くとストレスは少なくなります。

それは、自分自身の欠点も受け入れているし何か悪いことが起きても、そういうことは起きるということを知っているのでストレスを感じることはなくなります。

そうやっていろんなことを受け入れることでストレスは少なくなっていくのです。

自分自身を受け入れることができれば他人もこの世界も受け入れることが出来ます。

その結果ストレスはなくなっていくのです。

悟りを開いてどうするのか

悟りを開くメリットはあるけれど、悟りを開いて何を求めていけば良いのかわからないという人も中にはいるでしょう。

悟りを開いてから何をするのか分からない。

悟りを開いても何も人生は変わらないから意味はない。

そんなことを感じてしまう人もいるでしょう。

実際悟りを開いたからといって現実的に何か変わることはありません。

現実を変えるには行動によって変わるからです。

心がどんなに変化しても行動していなければ何も現実が変わることはないのです。

じゃあ悟りを開く意味はないのではないかと思うかもしれませんがそうではありません。

悟りを開くことが出来れば、

自分自身を深く知ることが出来るのでそれだけ正しい道へと進むことが出来るのです。

自分の心が求めている方向へ進むと人は正しい道だと思うのです。

そのように悟りを開ければ迷うことなく正しい道へと進むことが出来るのです。

悟りを本当に開くことが出来れば、

今の自分を受け入れることが出来ているので今の自分であることに対して苦痛がありません。

ですから変わっていかなくても良い人生を送ることが出来るのです。

しかしそれでは自分は満足出来ないと思っていたとしても、

自分の心をしっかりとコントロールすることが出来るので正しい道へと進むことが出来るのです。

自分の人生を外部のものや自分の欲に惑わされたり、振り回されたりすることがなくなるのです。

自分の人生を自分の思うように変えていくことが出来るのです。

それだけ悟りを開くことは大きな自分の力となるのです。

自分自身の潜在意識を開花させることも出来るので自分の最大限の力を発揮することも出来ます。

悟りを開けばもっとこうならなくちゃいけないというような欲はなくなりますが、それでももっと上を目指したいと思う人でも悟りを開くことは大きなメリットがあるでしょう。

あとがき

本来悟りというのは自分の人生を思い通りに変えていくためではなく生きていくことへの悩みを解消するためのものです。

しかしどちらも同じ意味ではあるでしょう。

悩みが消えるというのは今までの人生とは違う人生を送っていることになるのでそれだけ人生を変えていることにもなるでしょう。

悟りを開くことが出来れば様々な効果と変化が訪れます。

悟りを開いても何も現実は変わらないと思ってしまう気持ちはあるでしょうが、実際は自分の人生や自分の世界というのは自分の心が決めています。

人は見たいものを見て、感じたいものを感じています。

目の前に物があったとしても見えなければ自分にとっては存在しないものです。

感じなければ自分にとってはないものなのです。

逆に何もなかったとしても、

何かを感じた時点でその人にとっては存在するものなのです。

それだけ感覚と心が人生を決めているのです。

心を変えれば人生を変えることが出来るのです。

悟りは人生を変える力を持っているものなのです。

関連記事

悟りの意味とは。【まとめ記事】悟りとは一体どんなものなのか

悟りとは幸せを手に入れるための生き方論であり哲学

悟りを開くための具体的な方法

悟りとは自分を深く知ること|自分を知る事で悩みの根元から解決する