悟りについてはこちら

悟りとは幸せを手に入れるための生き方論であり哲学

悟りを開くことになんの意味があるのか。

悟りを開いてどうするのか。

そんな疑問を持つことがあるかもしれません。

よく悟りのイメージは、

  • 悟りを開いて仙人になる
  • 人間として禁欲をして清く生きる
  • とにかく修行をする人たち

というイメージを持たれがちですが、悟りとはそういった俗世から離れて修行する人たちではないのです。

悟りは人間として幸せに生きる為に悟りを開くのです。

幸せな人生を送る為に悟りを目指す

悟りを開く一番の目的とは、

悩みをなくして幸せに生きることを目的としているのです。

禁欲をして修行する為に悟りを目指すわけではないのです。

幸せになるというのは漠然としていて何が幸せなのか、どうすれば幸せになれるのか。

分からずに幸せを求めている人がとても多いように思えます。

悟りとは、

その幸せを手に入れるための生き方を唱えている生き方論、哲学なのです。

悟りとは、

幸せを求める哲学なのです。

悟りを開くことで幸せになれる

ではどうして悟りを開くことで幸せになれるのかというと、

悟りは欲をなくし悩みや苦痛をなくすものだからです。

幸せというのは、

人は苦痛がない状態を幸せだと感じます。

幸せとは、今以上に欲しいものがなく苦しいこともない。

今の自分に満足している状態を幸せと呼ぶのです。

それは悟りの状態そのものなのです。

悟りとは幸せそのものだということになるのです。

ですから悟りを開くことで幸せを手に入れることが出来るのです。

悟りは幸せになるための近道

人は満たされている状態を幸せと感じます。

今私は満たされている。

今自分は十分に足りている。

そんな風に思うことで人は幸せを感じるのです。

愛を求めている人は恋人に愛をもらっているときに幸せと感じるでしょう。

仕事を求めている人は評価された時に幸せを感じるでしょう。

そのように自分が求めているものを手に入れて満たされている状態を幸せと感じるのです。

悟りとは幸せを手に入れるための近道なのです。

悟りは、

今の自分に満足すること=足るを知る

事が出来ます。

足るを知る事=自分に満足している

幸せを感じることが出来る

ということになるのです。

何があっても何がなくても幸せになることが出来るのです。

ですから悟りは幸せになるための近道なのです。

悟りは仙人になるのではなく生き方論

悟りとは修行をして仙人になるための方法ではありません。

幸せになるための生き方論(哲学)なのです。

悟りを開くことで、

正しい道を選択することが出来ます。

正しい道を選ぶことで失敗が少なくなり、自分の求める人生に向かっていくことが出来るのです。

人は間違った道を選択しているときに、

  • なんか最近流れが悪いな
  • どんどん悪いことが起きている気がする
  • 求めている自分ではなくなっている

という風に感じていきます。

流れが悪いと感じているのは自分が間違った道を選択しているからなのです。

流れが悪いと感じるということは、それだけ苦痛を感じているということです。

それは自分が思っている正しい道へと進んでいないからなのです。

そのように正しい道を選ぶことによって人は良い人生だと感じるのです。

悟りを開くことで、自分の心が求めている正しい道を見つけることが出来て正しい道を進むことが出来るのです。

悟りとは禁欲するのではなく欲に振り回されない生き方をする

悟りの代表的なものとして、

禁欲というものがあります。

禁欲とは欲を我慢して俗世から離れるイメージがあるかもしれません。

しかし悟りとは禁欲するものではないのです。

禁欲するのではなく、

欲に振り回されない人生を送ることが悟りなのです。

禁欲しているということは、

欲が生まれてきてそれを我慢している状態です。

それではいつまで経っても苦しい人生になってしまうでしょう。

そうではなくて、

悟りを開くことよって自然と生まれてくる欲に振り回されずに正しい道を生きることで満たされた人生を送ることが悟りなのです。

どうしても欲が生まれることによって苦痛が生まれてしまいます。

お金が欲しいという欲があると、

お金が手に入らないという苦痛が生まれます。

そしてもしお金が手に入ったとしても、

そのお金をずっと持っていないという執着の心が生まれてしまいます。

欲が生まれた時点で苦痛から逃れることは出来ないのです。

ですから欲をなくすことで悩みが消えて、

そして幸せになることが出来るのです。

欲に振り回されない生き方こそ悟りそのものなのです。

あとがき

悟りを開く最大の目的とは、

悩みがなく幸せに生きることこそ悟りを開くための目的なのです。

いつしか悟りを開くことが競技みたいになってしまい、誰が一番悟りを開けるのかという勝負になてしまっていますが、実際には悟りとはそういう競い合うものではありません。

悩みなく幸せに生きるための生き方論であり哲学なのです。

ですから悟りはお坊さんや修行僧だけが行うものだという認識自体も変えていかなければいけないでしょう。

人間誰しも幸せや幸福を求めて生きているでしょう。

ですから人間は悟りを目指すべきなのです。

そうなってしまうとみんなが欲がなくなって、

みんなが向上心がなくなってしまいこの世の中が回らないようになってしまわないかと心配になる人もいるかもしれませんがそんなことはありません。

悟りは欲をなくして向上心がなくなるものではないのです。

むしろ逆です。

今の自分を受け入れて、幸せになったとしてもその後にでも上を目指していくことは出来るのです。

人間はみんな自分のやるべきことややりたいことは潜在意識に組み込まれているものです。

その潜在意識を悟りによって開花させて、

さらに自分らしい人生を送ることが出来るのです。

ピアノが得意な人はピアニストを目指して日々精進していくでしょう。

オリンピックに出る人は、

さらに精進してオリンピックを目指して精進するでしょう。

自分を受け入れた上で悩み苦しむのではなく自分の思うように行動していけば良いのです。

ですから悟りを開いたからと言って上を目指さないことにはならないのです。

受け入れた上で、

さらに日々精進していくことこそ、

そして悟りを目指し続けることこそ本当の悟りと言えるのです。

悟りを開くことにデメリットはありません。

日々精進する心の強さを持って正しい努力と正しい生き方をしていきましょう。

関連記事

悟りの意味とは。【まとめ記事】悟りとは一体どんなものなのか

悟りとは正しく生きて、悩みのない人生を生きるための生き方論