小さな成功体験の積み重ねが大きな成功を引き寄せる

引き寄せの法則の正しい使い方を学ぶ
スポンサーリンク

小さな成功体験を侮ってはいけません。

初めは小さな成功体験だったとしてもそれを積み重ねることによって最終的には大きな結果を生むのです。

どんなことでも初めは小さなことから始まります。

どんな大きな結果も小さな一歩の積み重ねから出来上がるものなのです。

小さな成功体験をたくさん積み重ねていこう

どんな小さな成功体験だったとしても、その小さな成功体験を積み重ねていくことで最終的にはとても大きな結果になる。

ほんのちょっとのことでも出来ることを積み重ねていくことが大切です。

一番誰でも簡単に出来ることは継続していくことです。

継続することは出来るか出来ないかの問題ではありません。

やろうと思えば出来ることです。

そうやってやり続けることを成功体験にすると最終的に大きな結果を生みます。

まずはやり続けることを目標にして成功体験を積み重ねましょう。

[kanrenc id=”4367″]

小さな成功体験を大きく喜ぼう

小さな成功体験だったとしてもそれを大げさに喜ぶことで大きな成功体験にすることが出来ます。

実際にはそんな大したことでなくても、しっかり自分が出来たことを喜ぶことで成功体験が何倍にもなります。

大抵の人は、

小さな成功体験をなかったことにしてしまうことがよくあります。

「こんなこと誰にでも出来るよ」

「こんなことやっても目標には届かない」

という風にせっかくうまくいっていることを自分で潰してしまうことになってしまいます。

どんな小さなことでも出来たことには変わりないのですから喜べば良いのです。

喜んだり楽しんだりすることで自分にとって大きな出来事になるのです。

そうやって出来たことを自分で褒めてあげましょう。

[kanrenc id=”1243″]

結果ばかりではなくて過程を楽しもう

結果ばかりに意識がいっているとどうしてもその過程がつまらなくなってしまいます。

結果を出すために行動しているのですから結果を見ないことは出来ないでしょう。

しかし結果を出すためには過程が大事なのです。

ちょっとづつ出来るようになったり積み重なっていくことを楽しんでいくことで結果が出るもの早くなっていくでしょう。

[kanrenc id=”897″]

客観的に自分を見ているとどうしても楽しめない

客観的に物事を見ることは大切ですが、過程を楽しむということに関していえば客観的に物事を捉えるよりも集中してそのもの自体を楽しむことが大切です。

どうしても客観的に見てしまうと、

「こんなことやってもなぁ」

「早く結果出ないかなぁ」

というふうにそのもの自体を楽しむことが出来なくなってしまいます。

結果ばかりに集中することも必要ですが楽しむことで結果を出すことが出来るのです。

[kanrenc id=”3607″]

あとがき

小さな成功体験を積み重ねることで大きな結果を生むことが出来ます。

ですから小さな成功体験をするには、

そのもの自体を楽しんでちょっとづつでも成長していく自分を楽しむことで成功体験を積むことが出来ます。

それが結果ばかりに意識がいってしまうとどうしても小さな成功をなかったことにして、

「まだまだ自分は全然ダメなんだ」

「こんなんじゃいつまでたってもうまくいかない」

と自己否定に陥ってしまいます。

成長しているのだとしたらその成長を思いっきり喜べば良いのです。

その嬉しさをバネにまた少しづつでも成長していけば良いのです。

その積み重ねで大きな結果を生み目標を達成できるのです。

成功体験を積み重ねるためには、

どんな小さなことでも喜ぶこと、そしてそのもの自体を楽しむことが何より重要なことなのです。

関連記事はこちら