スピリチュアルな世界ではよく前世や過去世という言葉を聞いた事があると思います。

スピリチュアルな世界を信じていない人からすれば過去世なんかない。

と言われてしまうでしょう。

では実際に過去世はあるのかという事について書いていきたいと思います。

前世や過去世は存在するのだろうか

実際に過去世が存在するかどうかということは、現実に生きている私たちからは確認することは出来ません。

ですから過去世が存在するかどうかということを今のところ確実なことを言うことは出来ませんが、

過去世は存在するでしょう。

よく私の過去世は何でしたか。

自分の過去世は兵士だった。

などと過去世について知りたがる人がいますが、過去世が何だったかと言うことはあまり関係ありません。

過去がどんな自分であろうと、今の自分は今の自分をみればわかります。

そして過去世がどんなものだったとしても潜在意識にしっかりと刻み込まれているものがあるので、今の自分がどんな性格で何が潜在意識に組み込まれているかと言う事が重要な事です。

その自分の潜在意識を読み取るために、過去世というものが重要なのかもしれませんがそれよりも今の自分がどうしても悩んでいるのかを考えたほうがずっとわかりやすいでしょう。

恐怖症や何故か怖い、なんか苦手というものは理由は自分では分かっていないだけで潜在意識に何かがトラウマとして残っている可能性があります。

それは小さな頃の記憶かもしれませんし、もともと持っているものかもしれません。

もしかしたら過去世の影響かもしれません。

それは分かりませんが、実際に怖いという感情があるのだとしたらそれは心の何処かに何かがあるという事なのです。

前世や過去世は現代に影響するのか

過去世の影響を現代に受けるのかといえば、それは影響はあるかもしれません。

過去世があるかないかというものはその人次第になってきます。

例えば、自分が過去世というものを全く知らなければその人の世界では過去世というものが存在しません。

しかし過去世というものを知っていてある程度なんとなく感覚で過去世があるかもしれないと思っている人は、その人にとって過去世は存在するものです。

そうやって人は同じ世界に生きながらも違う世界に生きているのです。

【関連】神は存在するのだろうか

同じ世界に生きているようで人それぞれみんなが違う世界に生きている。

それをパラレルワールドと言います。

ですから過去世が存在する人もいれば存在しない人もいるのです。

過去世がある人は影響を確実に受けていますし存在しない人と感じている人は、人は生まれつきに持っている性格というものがあります。

生まれた瞬間からやんちゃな人もいれば静かな人もいます。

それは生まれ持ったものです。

生まれた瞬間からそうやって人それぞれの考えと潜在意識に組み込まれているものがあるのです。

それが生まれ持った業(カルマ)というものになるのです。

過去世の影響かそうでないかは分かりませんが、しっかりと人は生まれた瞬間から業(カルマ)を背負って生まれてくるのです。

前世や過去世を知るにはどうすれば良いのか

過去世を知るためには自分の潜在意識を知る必要があります。

カルマや前世、過去世というのはしっかりと自分の潜在意識に組み込まれています。

ですから誰か他の人が知っているのではなく、自分自身の中にあるものなのです。

前世や過去世が見える人は、相手の潜在意識を読み取る事ができるから前世がわかるという事なのです。

ですから自分の潜在意識を意識的に読み取ることができれば前世が分かるのです。

それはイメージや風景や音によって分かるという人がいます。

どれが正解というわけではなくて人それぞれなのでどれも正解と言えるでしょう。

ではどうすれば前世や過去世がわかるかというと、一番良い方法は瞑想することが良いでしょう。

瞑想は潜在意識を表に出すにはとても効果的な方法なのです。

前世や過去世が知りたいとイメージしながら瞑想することで前世が見えることがあります。

瞑想することが一番効果的と言えるでしょう。

あとがき

前世や過去世があるかどうかというのは興味がある人からすれば気になることでしょう。

ですが、過去世を知ったからと言って今の人生に大きな変化をもたらすかというとそんなことはありません。

今の自分自身が感じているものは、自分の世界では存在しているものです。

自分がなんか怖いと思っていたり、どこかで見たことがある気がすると思っているということは、それは自分の潜在意識に組み込まれているということです。

よくそれをデジャブというでしょう。

それは全て自分の潜在意識に確かに存在しているものです。

それが全て過去世の影響か小さい頃の影響なのか、またはうまた瞬間から持っているものなのかは分かりません。

しかし自分の中には確かに存在しているものです。

過去世があるかないかと言われるとはっきりと答えることは出来ませんが、自分の中には確かに存在しているものでしょう。

自分の中に存在していなければ、そんな言葉が出来ることもこれだけ多くの人がそんな言葉を作ることはないでしょう。

しかしそれを信じるか信じないかは人それぞれです。

その人が存在を否定していれば存在しませんし、絶対にあると思っている人の中には確実に存在しているのです。

自分の世界では自分自身が主人公であり、自分自身が神様のような存在なのです。

自分の世界は自分で作っているのです。

信じるか信じないかは自分次第なのです。それによって自分の現実が決まってくるのです。

ただ一つ言えることは、みんながあるかもしれないと思っている時点でみんなの潜在意識には確実に過去世や前世というものが組み込まれているのでしょう。

それが答えだと私は思います。

スピリチュアルの関連記事
  • スピリチュアルな生き方は成長に繋がるがスピリチュアルだけでは現実は変わらない
  • オーラが見える人だからこその注意点とデメリット。オーラが見える人の取扱説明書
  • 悩みを聞いてあげる、話を聞くことで人助けをすることが出来る。
  • 思い通りにいかない時はどうすれば良いのか。スピリチュアル的な意味とは。
  • 現実か魔法かの違いは原理を知っているか知らないかという違いだけ。原理を知らないと魔法と感じる
  • 怒ることが悪いことではない
おすすめの記事
幸せに生きる方法
人生は全て自分が決めていて、自分が好きなように作っています。 自分の望んだ通りの人生になっているのです。 「そんなことはない」 「自分はこん...