自分の人生は自分で選択しているがその結果までは自分で決めることは出来ない

悟りを開く
スポンサーリンク

「辛い」

「苦しい」

「嫌だ」

全部自分が決めた結果。

どうしてこんなに辛いのか。

どうしてこんなに苦しいのか。

そんな現実に悲観をしてもそれは自分自身がその道を選択してなった結果。

そんなつもりはないかもしれない。

理由も原因もわからないかもしれないけど、

その結果になったのは自分自身が選択した結果。

自分の体は勝手に動くわけじゃない。

意識がない状態で勝手に行動するわけじゃない。

だったら自分の意識で自分で選択した結果。

未来は誰にもわからない。

自分のせいじゃないことだってたくさんある。

むしろ自分で決めていることよりも環境や他人の影響で人生が決まっていることの方が多いかもしれない。

しかしその環境を作ったのは自分自身。

その環境も勝手に作り上げられてきたかもしれない。

しかしその勝手に作られた環境もそれを受け入れたのは自分。

受け入れなければいけない状況かもしれない。

自分で決定できずにただ受け入れるしかない状況だったかもしれない。

それでも最後は自分が納得して受け入れている。

最後の最後の選択は全て自分で決めている。

苦しいなら苦しくない人生に向かって人生を選択していくしかない。

辛いならつらくない人生に向かって人生を選択していくしかない。

そんな道はないのかもしれない。

どんな選択をしても辛いかもしれない。

それでも少しでも希望があるのならその希望に向かって選択していくしかない。

そんな不確定で不確かな道に人生をかけていくしかない。

どんな人生を選ぶのかは自分で決めていくしかない。

その結果が良いものか悪いものかまでは自分で決められることではない。

結果は自分で操作出来るものではない。

それは神様しか知らない。

それでも辛くて苦しいのなら苦しくない選択をしていくしかない。

人間に出来ることはその可能性に向かって行動していくことくらいのものなのだから。

関連記事

[kanrenc id=”4390″]