人間は選択肢が多ければ多いほど悩み、立ち止まる。

幸せになる方法
スポンサーリンク

人生は選択の連続。

そして、たくさんの選択肢から一つの選択を常に選んでいる。

どんな仕事に就くのか。

どんな人と結婚するのか。

どんな家に住むのか。

どんな学校に行くのか。

全ては自分で選択出来る。

そして、その選択肢が多ければ多いほど人は悩む。

一つの選択肢しかないと思えばそこまで悩まないだろう。

人生は大抵のことは自分で選ぶことが出来る。

だから悩み、立ち止まってしまう。

ただファミレスでメニューを選ぶときだって、選択肢が多ければ多いほど悩む。

そして一つのメニューを選択し、そして頼んだ後に後悔をする。

「他のメニューにすれば良かったのかな」と。

どのメニューを選んでも結局は後悔する。

それは選択肢が多ければ多いほど悩み、後悔する。

それが人の本質である。

どうやって生きていくのかなんて無数の選択肢から選ぶことが出来る。

人によって選択肢が多い少ないはもちろんある。

それでもその選択肢の中から選ぶことになる。

どんなに選択肢がないとしても、その選択肢を選ばないという選択肢だってある。

それは勇気のいる行動かもしれないけど、本当に嫌だったらやることだって出来る。

そんなことを言っていたら全ての選択肢は無限大にある。

その無限大の選択肢の中から一つを選んでいかなければならない。

全ての選択肢は自由である

その責任を自分が負うのであれば全ての選択は自由である。

自由だからこそ決められない。

悩み、もがき続ける。

人間はそういうものだ。

だから、答えや正解を知りたいから占い師に相談したりする。

それは無数の選択肢から自分自身では選ぶことが出来ないから人に選んで欲しいという欲求もある。

自由がなければ不満を感じ、完全に自由であれば人は悩む。

そんな風に人は無い物ねだりをしながら、常に悩み苦悩を抱えながら生きていく。

忙しければ苦しくなり、時間に余裕があれば退屈だと苦しくなる。

結局人間は、どこまで行っても苦悩からは逃れられない。

そんな苦悩から逃れられない人生だとしても、良いこと悪いことを繰り返しながら死ぬまで人生を謳歌する。

たくさんの選択をしながら人生を謳歌する。

人間とはそういうものだ。

でもそれが悪いとは思わない。

だって、

そんな苦悩や苦痛がなければ、楽もないし楽しいもない。

苦痛や苦悩から解放された時に楽だと感じる。

苦悩がなければ良いこともない。

そうやって、山あり谷ありで生きていくんだ。

どんな選択をしても、それは変わらない。

どれも良いも悪いもない。

自分がどう生きたいかだけだ。