ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

セックスしたいという欲求は悪いことではない。悪いのは人を悲しませたり自分が後悔をする行動をすること

セックスしたいという欲求がとても悪いことのように思っている人がとても多い。

日本人は特に恥じらいの心を持っているので、そういった下ネタや性に関することを人に話すことを避ける傾向にあります。

それ自体は悪いことではありません。

しかし性に関するネタを、

「汚いこと」

「見苦しいこと」

というようなイメージを持っているのはまた違うことです。

性に関することは汚いことでもありませんしいけないことでもありません。

人間なのですから性欲があって当然ですし、何よりもセックスをしなければ自分たちが生まれてくることもありません。

自分たちが生まれてくるために必要な行為なはずなのにそれを汚いものというイメージを持っているのはまた違うでしょう。

性欲があることはいけないこと。

セックスをしたいという欲があるのはダメなことのように思われていますが、性欲があることは決して悪いことではありません。

人間なのですから性欲があって当たり前なのです。

性欲があることが悪いというイメージを持っている理由は、性欲があるおかげでトラブルの原因になることが多いからです。

浮気や不倫というような人を悲しませてしまうことがあるから悪いことだと思われてしまっているのです。

性欲があることやセックスがしたいという欲は悪いことではありません。

悪いのは人を悲しませたり、自分自身が後悔を生んでしまうような行動は悪いことです。

そこを間違えてはいけません。

性欲はあって良いのです。

決して汚いことではありません。

むしろ愛を育む行為ですし、信頼が増す行為でもあるのです。

性欲をなくしたり、セックスをしないことが正しいことではありません。

節度を持って、人を悲しませるような結果にならないように、そして自分が後悔しないような行動をしていくことが大切なのです。

最後に

性欲というのは確かにトラブルの原因になりますし、欲に溺れてしまったら後悔をする結果になることはあるでしょう。

しかしだからと言って全てが悪い結果になるわけではありません。

後先考えずに欲に任せた行動をしてしまうから後悔を生む結果になってしまうのです。

だからと言って性欲があることが悪いこと。

恥ずかしくて汚い行為。

というようなイメージを持つことは良くないと思います。

セックスをすることは悪いことではないのです。

そこを間違えてはいけません。

関連記事