【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

仕事を極めるために必要なこと

仕事を極めたい。

誰よりも仕事が出来るようになりたい。

と思っている人は結構いるのではないでしょうか。

仕事は収入源というだけという人もいれば仕事でバリバリ働いて成績を残したいと思う人もいるでしょう。

仕事を極めていきたいと思う人が極めるために必要なことについて書いていきたいと思います。

どうして仕事を極めたいと思うのか

仕事を極めたいと思う人はどうして仕事を極めたいのでしょうか。

  • お金をたくさん稼ぎたい
  • 仕事が好き
  • 人に認めてもらいたい
  • 何かに打ち込むことが好き

というように人それぞれ理由があるでしょう。

みんな何かしらの理由がなければ極めたい、頑張りたいとは思わないでしょう。

何かを極めたいと思うのならそれだけの理由が必要になっていきます。

人は理由なしにただ頑張りたいと思うことって難しいのです。

ですから極めるための理由を持つことが極めるためには必要なことなのです。

【関連】人は意味や理由がないと行動しない。

極めるのならその仕事を好きになろう

仕事を極めたいと思うのならその仕事を好きになることが大切です。

全く興味がないものや好きでもないものを極めていくことは出来ないでしょう。

好きこそ物の上手なれという言葉があるように好きだからこそ上手になっていくのです。

もちろん仕事というのはほとんど毎日行っていくことなので本当趣味みたいに好きという風には思えないでしょう。

どんなに好きなことでも趣味みたいにただ楽しいという気持ちでは仕事は出来ませんしそれでは仕事にならないでしょう。

仕事を好きになるというのはそれだけ興味がある仕事であるということです。

興味があれば、もっと出来るようになりたい、もっと仕事について詳しくなりたいという欲求が生まれます。

その欲求こそが仕事を極めるために必要なことなのです。

極めるというのは誰よりもそのことに詳しい人になるべきなのです。

極めるためにはたくさんの試行錯誤とチャレンジする心が必要不可欠です。

それだけ好きでないとなかなか極めることは出来ないのです。

【関連】愛があるから成功する【好きこそ物の上手なれ】

仕事を極めるためにはその仕事と誰よりも向き合うこと

何事も極めるために一番重要なことは、そのものに誰よりも向き合うことが重要なのです。

誰よりも向き合ってそのものに対して詳しく、そして熱い気持ちを持っている人がだんだんと極まっていくものなのです。

どんなことでも初めてすぐに極めることは出来ません。

極めるためにはかなりの時間が必要になってくるのです。

その時間というのはただ時間を過ごしているだけでは極めることは出来ません。

仕事に向き合い、そして考え続けて試行錯誤している人が極まってくものなのです。

極めるにはその仕事と本気で向き合うこと。

それが何よりも大切なことなのです。

【関連】天才とは努力を続けられる人【努力が必要ない天才はいない】

そして誰よりも継続していくこと

仕事を極めるために大切なことは誰よりも続けていくことです。

向き合う事とともに続けていくことは絶対に必要なことです。

どんなに極めた人でもその仕事を辞めてしまったらそこで終わりになってしまいます。

極め続けていくにはとにかくその仕事を続けていくことなのです。

職人のような仕事ではまず10年の下積みが必要という業界だって少なくありません。

それだけ続けていかないと職人になれないということなのです。

継続していくことはそれだけ大切でとても大変なことでもあるのです。

辛くても続けられた人が極めていくことが出来るのです。

【関連】天才とは才能がある人のことを言うのではなく努力を続けていける人のことを言う言葉

あとがき

仕事だけではなく何かを極めるというのはそんなに簡単なことではありません。

極めるというのはそのものをそれだけ知っているということです。

向き合って、勉強して試行錯誤して、自分なりに考える。

その繰り返しをしていくうちに誰よりも出来るようになって極めることが出来るのです。

あっという間に極められるというものではないのです。

極めるに関しては近道はありません。

極めるための近道があるとすれば、とにかくその仕事に向き合い、そして続けていくことこそ極めるための近道なのです。

関連記事