ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

今の仕事を辞めたい。辞めたいと思うのならやめればいい

今の会社に勤めていて会社がブラック過ぎたり、やりがいを感じていなかったり、人間関係が合わなかったり、いろんな理由でこれから今の会社をやめようか続けようか考えている人はいるでしょう。

それだけ仕事というのは大きなストレスの原因になりますし、合わない仕事をしていると自分がどんどんおかしくなっていってしまいます。

仕事を辞めようと考えている人は是非この記事を読んで参考にしてみてください。

会社を続けるのかやめるのか。選択肢は二つに一つしかない

会社を続けるのかやめるのかを悩んでいる人はいろんなことを考えて迷っているでしょう。

「今やめても次の仕事があるか不安」

「いきなりやめていろんな人に迷惑がかかる」

「途中で投げ出したみたいで情けない」

「やめたとしてもやりたいことがない」

そんなふうに考えていてなかなか次に一歩を踏み出せずにいることが多いです。

どんなにいろんなことを考えて答えを出そうとしても続けるかやめるかのどちらかしか選択肢はありません。

そのニ択のどちらかを選ぶしかないのです。

【関連】一歩前に進みだす心と行動する勇気が自分の人生を変える

続けると決めたならとことん向き合って仕事をする

出した結論が「今の仕事を続ける」と決めたのなら、とにかく頑張って、仕事に本気で向き合って、「自分の仕事はこれなんだ!」と決めてやりましょう。

迷っているときは本気で仕事をすることが出来ません。

思ったように仕事が進まなかったり、少しでも嫌なことがあるとやめたくなったりします。

ですが本気でやってみると決めたのなら、どんなことがあっても本気でぶつかって乗り越える努力をしてみましょう。

そうやって仕事に向き合うことによって、今まで見えなかった部分が見えたり、今まで知らなかった仕事の楽しさというものが見えてきます。

逃げ腰で嫌々仕事をしていてもうまくいかないし、もっと嫌いになってしまうのです。

今の仕事でやるときめたなら、悔いのないよう努力して最後までやり抜きましょう。

やめると決めたなら、あれこれ考えないで思い切ってやめる

今の仕事をやめると選択したのなら罪悪感や迷いなどを持たずに思い切ってやめましょう。

人間というのは、今の現状から変わることへの恐怖や罪悪感を感じてしまうのです。

やめると決めてもいろんなことを考えてしまうでしょう。

「今までお世話になった人に申し訳ない」

「逃げ出したと思われたらどうしよう」

「絶対悪口を言われている」

「また新しく仕事を始めるのが不安」

そういう風に後ろ髪を引かれるようなことを考えてしまうでしょう。

ですがそんなことを感じる必要はありません。

確かに感じてしまうものはしょうがないですが、それを理由にして会社を続けるという選択はしないでください。

どんなにお世話になった人がいたとしても、

あなたの人生をその人のために捧げたいと思いますか?

悪口を言われたくないから今の仕事を続けるのですか?

新しい仕事をするのが不安という理由だけで今の仕事をずっと続けていくのですか?

あなたの人生はあなたのものなのです。

相手がどんな風に思っていても、自分が一番良いと思える人生を選択するべきなのです。

あなたの人生はあなたが主人公なのです。

そんな主人公が人に気を使ってばかりで、自分の人生を嫌々過ごしたり、やりたいことをやれないというのは、もったいないことです。

そんなことをしても周りの人たちも喜びません。

周りの人たちのことを考えるのではなくて、自分の人生なのですから自分がどうしたいかということが重要なのです。

【関連】人生の選択を間違いたくないと思っている人が正しい見つける方法

選択に迷ったときに決める方法

選択肢をどうしても迷ってしまう場合があります。

そんなときは、

「悔いがあるか、悔いがないか」

で考えましょう。

悔いがあると思っている人は、

まだまだやりたいと思っているか、やめたい気持ちはあるけど、やり残したことがある。

もしくは、全力で取り組んでいなかったのでどこまでやれるかやってみたい。という気持ちがあったりします。

悔いがなくて、やめたいと思っているなら、あとは次の仕事が見つかれば何も考えずにやめられるはずです。

悔いがあると、

理由は自分では分かっていないけどなんかやめられない。

という気持ちになったりします。

そういうときはやめないで、やり残したことを探してみましょう。

やり残したことを全部やれば、自然とやめたいという気持ちになるでしょう。

やめるかやめないの判断に迷ったときは、悔いがあるかないかで判断してみるのも良いでしょう。

【関連】心に迷いがあるということは心の中で正解を知っているということ

辞めたいと思ったのなら結局最後はやめる

実際の話、辞めたいという気持ちがあるのなら、そのまま続けていったとしてももう辞めたいという気持ちはなくならないでしょう。

辞めようか迷っているときは、大抵の場合は言い出せないからただ続けようか迷っていることがほとんどです。

そんな気持ちで続けていくのなら今すぐに辞めてしまいましょう。

会社のことがどうとか社員に迷惑がかかるからなんて理由をつけて自分が辞めると言い出せない理由を作っても何も意味はありません。

辞めたいと思っているのなら辞めてしまった方が良いのです。

無理してストレスを溜めて続けていてもどうせ辞めなければそれが解消されることはありません。

勇気を持って辞めるべきなのです。

そうしないと一歩も前に進むことは出来ないでしょう。

【関連】人生の選択に迷った時は攻めの選択をしよう。

仕事を辞める前にしておくこと

仕事を辞めると決めてもいきなりやめるわけにもいきません。

今までお世話になった会社なのですから、しっかりやることは最後までやりましょう。

お世話になった人へのあいさつや感謝の言葉は大切です。

他にも仕事の引継や、後輩へ仕事を教えるなどのお返しをすることもしておきましょう。

次の仕事を探しておく

他にも、次の仕事を探しておくことも大切です。

やめてから次の仕事を探してもいいのですが、

もししばらくたっても見つからないということが起きたら大変なので、出来る限り次の仕事をある程度、目処を付けてからやめることをお勧めします。

新しい仕事を見つけるというのは大変なことです。

今回の仕事選びでの経験を生かして、次は本気でやりたい仕事を見つけることが大切です。

辞める前にやりたい仕事や、どんな生き方をしたいのかを書き出してピックアップしておきましょう。

もしやりたい仕事がなくて、これから起業しようと思っている人は、しっかりとした計画と準備が必要です。

計画なく感情で辞めるのではなくて、しっかりとした人生計画を立てましょう。

仕事をするのなら自分の向いている仕事を探そう。向いていない仕事は苦痛でしかない

あとがき

会社を辞めるという選択は大きな選択であり、勇気のいることかもしれません。

ですがいざ辞めてしまえば、そんな大したことではなかったなと感じるでしょう。

難しく考える必要はありません。

会社をやめても死ぬわけでも、地獄に落とされるわけでもありません。

自分の人生は自分が主人公なのですから、自分が幸せになるような選択をすることで、今より幸せな生活を送ることが出来るでしょう。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。