【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

失敗することは失敗じゃない。やりたいことがあるのならどんどんチャレンジした方がいい

やりたいと思うことがあるのならどんどんやっていったほうが良い。

やりたいと思ったときが一番やりたい時で、その時を逃してしまったら最終的にやらないで終わってしまうことは多々あります。

ですからやろうと思ったときにやっていきましょう。

【関連】思い立ったらすぐ行動。やる気がある時にやらないと結局やらない

どうしても新しいことに挑戦するときややったことのないことをやる時というのは失敗することが怖いと思ってしまいます。

失敗したらどうしよう。

結局ダメだったら嫌だな。

そんな気持ちは誰にでもあるでしょう。

しかしそんな気持ちを持っているにも関わらず結局やらなければそっちの方が失敗です。

やって失敗するよりもはるかに大きな失敗なのです。

【関連】人生は試行錯誤や失敗を繰り返し自分の道を見つけていく

失敗したってやらない失敗よりも経験を積むことが出来ましたし次にどうやっていけば良いのかという選択肢が狭まるので正しい答えに向かいやすくなります。

何もやらなければ結局何が正解で何が不正解なのかが全くわかりません。

失敗したとしてもどんどんチャレンジするべきなのです。

別に失敗したって良いのです。

人生なんてほとんどが失敗です。

もちろん大金を失ったりするものは考えなければいけませんが、やってみてうまくいかないことなんていくらでもあります。

そんなの失敗のうちに入りません。

やってみてダメだったら方向転換していけな良いだけの話です。

そうやってやろうと思うことにどんどんチャレンジしていけばどれかうまくいくことがあるかもしれません。

成功している人はそれだけとてもたくさんの失敗をしています。

そのたくさんのチャレンジの一つがうまくいって成功者になっているだけなのです。

失敗することが失敗ではないのです。

何もやらないこと、もしくは諦めてしまった時に失敗になるのです。

失敗を恐れる必要はありません。

そもそも出来ないことにチャレンジするのですから失敗して当たり前ですし、諦めるまでは失敗ではありません。

失敗だと思えるものは成功するための成長家庭でしかないのです。

恥をかくことを恐れていても仕方ありません。

恥なんてそんなものは恥でもなんでもありません。

挑戦しただけでもすごいことなのです。

その恥を批判する人は全く行動しない人がそうやって悪く言うのです。

どんどん思ったことややってみたいものにはチャレンジしていって良いのです。

失敗なんて失敗ではありません。

恥なんて恥ではありません。

何もしないことの方がずっと失敗ですし恥になってしまうのです。

関連記事