ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

人は失敗を繰り返しながら成長していく

人は失敗を繰り返しながら少しづつ成長していくものです。

失敗は成功のもとと言われるように失敗することで失敗からたくさんのことを学ぶことが出来ます。

その学びこそがとても大きな成長に繋がりますし成功への近道でもあるのです。

失敗は成功のもと

失敗は成功のもとです。

それはどうして言われているのかというと、失敗を繰り返すことで何をすれば失敗して何をすればうまくいくのかが少しづつ分かるようになってくるのです。

失敗をしないでそのままうまくいく場合もあります。

しかし失敗を繰り返していけば消去法にもなります。

自分が試してみてダメだったら次の方法でチャレンジしてみる。

その繰り返しが成功への近道なのです。

それが失敗は成功のもとと言われる理由です。

【関連】目標や目的があるなら試行錯誤していくしかない

失敗から学ぶことはたくさんある

失敗から学ぶことはたくさんあります。

失敗をするというのはそれだけなぜ失敗したのかを考えることになりますし、成功するまで頑張ろうという気持ちにもなります。

そして失敗を重ねて成功を手にすることが出来れば大きな成功体験となりどんなことでも頑張ればなんとかなるということも学ぶことが出来ます。

【関連】小さな成功体験の積み重ねが大きな成功を引き寄せる

ただなんとなくやってみてそして成功してしまうのはとても嬉しいことではありますが、どうして成功したのかを考えることはあまりありませんし、成功から学ぶことというのはあまり多くありません。

人は失敗しないと本気で学ぼうとは思わないのです。

失敗を繰り返して自分がどう変わっていけばうまくいくのかを本気で考えてまたチャレンジしていく。

それが人を大きく成長させてくれるのです。

【関連】辛いことを乗り越える事で強くなっていく【試練を乗り越えて成長する】

うまくいかない時だからこそ大きく成長する

うまくいかない時だからこそ人は変わろうとします。

「どうすればうまくいくのか」

「どうやれば楽になるのか」

「どうすれば成功するのか」

そんなことをたくさん考えます。

そのように考えて試してみるの繰り返しで人はどんどん変化していきそして成長していくのです。

出来ない事があるのなら出来るようになるまで挑戦する事が必要です。

出来ないことを出来るようにすることで人生を変えられるのです。

そうやって一つ一つ出来るようになっていくことで成長していき、自分が変わってくのです。

【関連】人生を変えるために必要なこと。出来ない事を出来るようにする事で人は変われる

あとがき

人は失敗を繰り返しながら成長していくものです。

もちろん思ったものがトントン拍子でうまくいくほうが楽で良いでしょう。

しかし全ての物事がそんなうまくいくものではありません。

人は生きていれば必ず失敗をするものです。

そんな時に失敗をたくさんしている人は、頑張れば乗り越えられることを知っています。

だから諦めないで挑戦することができるのです。

失敗をあまりしたことがない人はすぐに諦めてしまいます。

それだけ学びも成長も少ないということなのです。

人は出来ないことでも出来るようになることが出来ます。

そうやって出来るようになっていくことで成長するのです。

その学びが人間としてとても大きくさせてくれるのです。

失敗はしても良いのです。

失敗を繰り返していくことで人は成長していくことが出来るのです。

関連記事