【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

知らない方が幸せな事もある【必要のない情報を取り入れるのやめよう】

知らない方が幸せなことはあります。

知ってしまったということはその現実を受け入れなければいけなくなります。

逆に知らなければ自分にとってその現実は存在しないということになるので、知らなければどんなに嫌なことでも無いのと同じになるので辛い思いをしなくても良いのです。

知らなければ自分にとっては存在しないもの

自分からすれば知らない事というのは自分の人生の中では存在しないものになります。

しかし知った瞬間に自分の人生に現れてくるのです。

自分が知るか知らないかで全然違うのです。

それは現実がどうこうということは関係ありません。

自分が知れば存在しますし、知らなければ存在しないのです。

【関連】自分の考えていることと現実は違う【全ては自分の思い込み】

知らない方が良いことはある

全く知らないのだとしたら知らない方が良いことはあります。

この世にはいらない情報や惑わすだけの情報というのはたくさん存在します。

テレビで流している情報というのは知らなくても良い情報はたくさんあります。

その情報を知ったからといって自分のためになる事はかなり少ないでしょう。

流行などを知れば自分も流行に乗らないとという気持ちになります。

しかし流行なんて知らなければ、

自分の好きなものを好きなように選択することが出来ます。

周りの情報があるからこそ自分自身が好きな選択が出来ないこともあるのです。

自分が好きなように生きられない原因にもなるのです。

【関連】他人の目を気にするよりも自分自身に興味を持ち自分を大切にしよう

知りたい情報を知るようにする

その情報がとても価値のある情報だとしても、それがどれだけ自分の人生を良い方向へ向かわせてくれるかというとそれは分かりません。

それなら知らない方がいいこともあるでしょう。

外部から与えられる情報は基本的にいらない情報です。

では自分にとって必要な情報というのは、

自分が知りたいと思った情報は必要のある情報です。

そうやって自分の知りたい情報を選択していけば良いのです。

【関連】人生は全て自分次第。自分するべきこともしたいことも全て自分で決めること。

外部の情報に惑わされない

知りたくない情報や知らされてしまう情報は大抵は必要ありません。

惑わされてしまうだけで自分にとって良い情報とは言えません。

自分の知りたい情報だけを知るようにすればそれは幸せなことです。

良い情報を自分の中に取り込むことで幸せになります。

悪い情報を自分に取り込むことで人は不幸になります。

どんな情報を自分で選んで得ていくかによって自分の人生が幸か不幸か決まってくるのです。

それなら自分にとって知らなくても良い情報なんて山ほどあります。

自分にとって良いと思えることを知って悪いと思う事は知る必要がありません。

それは自分を不幸にするだけなのだから。

自分を惑わすだけなのだから。

悩みの種にしかならないのです。

自分にとって必要な情報や自分が欲しい情報というのは自分で決めていけば良いのです。

外部の情報に惑わされることなく自分の信じるものを信じましょう。

【関連】良い欲と悪い欲の違い。悪い欲に振り回されて生きるのはやめよう

あとがき

自分にとって知った方が良い情報と知らなくても良い情報というのはあります。

悪い噂だって知らなければ自分にとっては分からない情報です。

そして分からなければ自分にとっては全く存在しないものなのです。

自分の悪い噂が流れていることを知った時にいきなりネガティブになったり落ち込んだりします。

そんなことを知らなければ楽しく自分らしく生きられるはずなのに知ったばかりに気持ちが落ち込んでしまうのです。

そんな情報は知る必要がないのです。

【関連】噂話をするのはやめよう。噂話は何も価値がない。

自分にとって知らなくても良い情報はあるのです。

周りを気にする必要はないのです。

自分が生きたいように生きて、

自分が楽しく幸せに生きられるような人生を作っていければ良いのです。

自分を不幸にしてしまうような情報は知る必要はありません。

情報や回りに惑わされずに自分らしく自分の道を突き進んでいきましょう。

関連記事