正しさや正義を貫くだけで幸せに生きられるのだとしたらどんなに楽だろうか。

悟りを開く
スポンサーリンク

正義や正しさを守り抜いて生きていけば幸せになれるとしたらどれだけ楽だろうか。

正義や正しさは本当に正しい事ではない。

正義が正しければ何も争いなんて起こらないだろう。

皆が自分が正義だと思うから争いが起こる。

正義に正解があるのだとしたら皆がそれに従って生きればいいだけのこと。

そんな完璧な正義なんてこの世に存在しないし、いまある正義を貫いたとしてもそれだけでは幸せになることはできない。

それだけこの世も時代も移り変わっていくということだ。

完全な正しさがあったとしたらどれだけ簡単な世の中だろうか。

正しさが正しければ誰も悩むことはない。

幸せに生きたければ正しく生きればいいだけのことだから。

しかし正しく生きて本当に幸せに生きた人がいるだろうか。

むしろ正しく生きていない人の方が楽しく生きているではないだろうか。

正しさが正しいわけじゃない。

正しさというのは誰かが作り出した幻想だ。

それは自分が作り出した幻想かもしれない。

親が作り出した幻想や洗脳かもしれない。

時代や世の中が作り出した幻想かもしれない。

本当の正しさなんて存在しないのだ。

完璧な正しさが存在するのだとしたらこの世は全てその正しい世界になっているのだから。

この世界はそんな簡単で単純な世界ではない。

そもそも正しさだの正義だのなんてそれを強制したり振りかざした時点でそれは正しさでも正義でもない。

ただの傲慢であり力での制圧でしかない。

この世は全てが正義で出来ているか、

それとも正義なんて存在しないかのどちらかしかない。

とってもそれはどちらも同じことであり同じ意味だ。

全ては移り変わりそして完璧な答えは存在しない。

それがこの世の中そのものだ。

この世界とはそういうものだ。

正義だの正しいだの言っていてもそれでは正解にたどり着くことはなく、幸福な人生も歩んでいけないだろう。

そんな正義や正しさにこだわった時点でそれはエゴでありただの傲慢だ。

存在しないんだ。

完璧であり変わらない完全な答えなんてこの世にはない。

正しさを守ったり正義を振りかざしたところで幸せになることは出来ない。

完全なる正しさなんてこの世には存在しないんだ。

だったら自分で作り上げていくしかないんだ。

自分で見つけていくしかないんだ。

自分の人生での正解というものを。

自分だけの正解というものを。

関連記事はこちら

 

物事には絶対的に正しい答えなんて存在しない。

誰もが正解や正しさを求めて生き続けている

正しさとは。世界は矛盾と完璧で出来ている

この世の正解や正しさを求めていたけどそんなものは存在しなかった

正義や正しいことが正しいわけじゃない。ー人それぞれの正論があるー

正解や正しい事は自分自身で決める事。ー自分が正しいと思うものを目指していくー