スピリチュアルカウンセラーや霊能力者は本当に視えているのか

スピリチュアル全般
スポンサーリンク

「何でも当ててしまう占い師がいる」

「スピリチュアルカウンセラーは何でも視えているの?」

「どんなことでも分かる霊能者がいる」

そんな噂が流れてそれを求めて視てもらい行ったりします。

しかしそれが納得いくものであったりそうでなかったりもします。

「当たるって言われているけど、そんなでもなかった」

「全然的外れなことを言われてイライラした」

なんてこともあるでしょう。

今回は、どうして当たっていたり当たっていなかったりすることがあるのかとうことをご説明します。

スピリチュアルカウンセラーは本当に何でも視えているのでしょうか?

スピリチュアルカウンセラーや霊能者、占い師は本当に全てが視えているのかと言われれるとそんな事はありません。

じゃあ全て視えていないのに勝手に適当なことを言っていたのかと言うとそんなこともありません。

全てが視えているかというとそれは無理な話でしょう。

世界中のすべてのものが視えているとしたらこの世の犯罪は全て霊能力者に任せれば良いことになってしまいます。

しかし現状そんな事はありません。

どんなに犯罪を見通せる霊能力者がいたとしても、それは全てを見通せている訳ではなく、視えるものがあると言う程度です。

だからと言ってもすべての霊能力者が適当に答えているわけではありません。

相談者に霊視をしたりチャネリングをしたり、人それぞれやり方は違った方法で視えているものはあります。

【関連】チャネリングとは。チャネリングってどんな効果があるのだろうか。

正しい言い方をすれば、霊能力者は

「視えているものは視える」と言った方が良いでしょう。

どういうことかと言うと、

霊能力者によって視えやすい問題や物事があったり、恋愛について強いカウンセラーや体の悪いところが視える霊能力者もいます。

そうやって人によって視えてくるものや視えやすいものが違うのです。

そうやって自分の持ち味を生かしながら、感じているものを相談者に伝えているので全く感じていないものは言わないはず。

分かっていないのに何となくで言ってしまう霊能力者は悪い霊能力者だと言えるでしょう。

当たっている当たっていないの判断の違い

相談者様とカウンセラー側の判断の違いというものがありますし、私はあるように感じます。

それは、

当たっているのかいないのかというのは、相談者が納得するかしないかで決まってくるということです。

相談者様が納得出来ない内容を言われたとしたら、それが現実的に当たっていたとしても、相談者からすれば「当たっていない」と感じるでしょう。

例えば、

「あなたは人間関係があまり得意ではなく争いが多いので感情に任せた発言をやめたほうがいい」とカウンセラーが言ったとします。

その時に、

「俺は人間関係は得意な方だし、みんな友達は仲が良い。争いなんてしないし、みんな俺の言うことは正論だから誰も争いなんてしてこない」と思っていたとします。

実際には相談者がみんなから、

「あいつは面倒くさくて空気が読めない、いつも話しかけてくるから相手をするしかない。あいつと言い合いになると面倒だからテキトーに答えている」

そんな風に思われていることがあるのです。

しかし、相談者からすれば何も気付いていないので、そんなことは知りません。

ですから現実と人それぞれの解釈は違っていることが多いのです。

カウンセラー側は、その人が気付いていないことも感じ取り、それを考慮して相談を受けることが必要です。

当たる当たらないは全く関係ない

私からすれば当たるか当たらないかと言うことは関係ないと思っています。

もちろん相談者からすれば当たっているほうが良いに決まっています。

しかし、先ほどもお話ししましたが、

当たっているか外れているかという判断は、相談者が納得しているかしていないかということなのです。

もちろん納得しなければ話が進みませんし、アドバイスをすることも出来ないので大切なことですが、

当てる当てないよりも、相談者がしっかり現状を理解して、これからどうやって変化し、成長して悩みを解決出来るようになるかどうかということの方が遥かに大切です。

占い師に関しても、

「当てること」ばかりに気を取られて、そもそも問題を解決していないということが多いように感じます。

当たる当たらないではなくて、

「悩みを解決するためにはどうすれば良いのか」ということが目的のはずです。

それは、相談者の方にも原因があると思います。

当たる当たらないを試しに行っている相談者も多いからです。

そうやって期待をされると当てにいかなければいけない状況になってしまうからです。

ですから、信頼できるようなカウンセラーがいるのだとしたら、当たる当たらないではなくて、しっかりと悩みを解決して成長するためのアドバイスをもらいに行くことが大切なのです。

【関連】良い占い師の特徴と共通点。

あとがき

カウンセラーは何でも分かっている訳ではありませんが、たくさんの相談を受けてきている経験もありますし、

たくさんの視点と、客観的な意見を持っています。

それは相談者にとってとてもプラスになる意見であることは間違いないでしょう。

ですから、当たる当たらないではなくて自分の悩みを解決してより良い生活を送るためのアドバイスをもらいに行くつもりで相談しに行きましょう。

きっと良いアドバイスがもらえるはずです。

関連記事はこちら