【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

人生が全てうまくいくようになる方法。誰でもこれを知れば人生はうまくいく

人生がうまくいかないと思うことはあるのではないでしょうか。

どうして自分はうまくいかないのだろうか。

なんで私は思い通りにならないのか。

と悩んでしまう人もいるでしょう。

人生は自分の考え方次第で変えていくことが出来ます。

今回は人生がうまくいかない人がうまくいくようになる方法について書いていきます。

そのためにはまず初めにどうして人生がうまくいかないかについてご説明します。

人生がなぜうまくいかないのか

人生がなぜうまくいかないのかというと人には得意なことと苦手なことというものがあります。

苦手なものというのは頑張ってもなかなかうまくいきませんし、得意なことというのはそんなに頑張らなくてもうまくいきます。

ということは自分の得意なことをやっていけば人生はそんなに頑張らなくてもうまくいくということになるのです。

うまくいかない人ほど自分の苦手なことや出来ないことばかりをしていて、頑張っても頑張ってもうまくいかないという状況になっているのです。

人生がうまくいかないのには理由があったのです。

【関連】なかなか思うようにうまくいかない時には立ち止まって考えてみることも大切

人生がうまくいくようになる方法

人生がうまくいかないのには理由があると言いました。それは自分の苦手なことばかりを選んでいるからうまくいかないのです。

ですから逆に自分の得意なことばかりを選んでいけば自然とそして簡単に人生がうまくいくようになるのです。

自分自身が運動が苦手なのに運動部に入って一生懸命努力しても、人よりもなかなかうまくならずにとても苦しんでいる。

となってしまうのは当然といえば当然です。

逆にパソコンが好きで毎日いじっている人がパソコン部に入ればすでに努力しなくても誰よりもパソコンができる人になっているでしょう。

ですから努力すれば全てうまくいくというものではないのです。

人生がうまくいくためには自分にとってとても得意なものを選んでいけば苦労することなく人生がうまくいくのです。

【関連】うまくいく方法は人によって違う【みんなぞれぞれ個性がある】

自分の得意なことの見つけ方

自分の得意なことをしていけば苦労せずに人生がうまくいくということを書いていきました。今度は実際に自分が得意なことというのはどういうものなのかを見つけていく必要があるでしょう。

得意なことというのは自分ではなかなか見つけるのが大変です。

それはどうしてかというと、得意なことというのは意識しなくても得意なことなので自分にとってはとても当たり前なことだからです。

自分にとって当たり前のことを知るというのはなかなか見えないものなのです。

ですから自分の得意なことを見つけるための方法について書きます。

自分にとって「好きなこと」や「当たり前」を探してみる

好きなこと=得意なことではありません。

好きなことでも苦手というものはあります。そう言ったものは趣味になるでしょう。

得意とか関係なくやりたいから好きというものもあるでしょう。

しかし得意なことというのは、ある程度自分で得意だということが心の片隅にあるので嫌いではないでしょう。

むしろ人よりも出来るし知識もあるので好きな部類に入ります。

好きという感情というよりも、

「当たり前にやってしまうもの」

「人に話してしまうもの」だったりします。

得意なことというのは人に教えたりちょっと自慢出来るものだったりします。

ですから嫌いで仕方ないというものではないでしょう。

得意なものは好きなものの中から探してみると良いでしょう。

仲の良い友達に自分のことを聞いてみる

得意なことというのは本当に自分では見つけにくいものです。

そんなこと当たり前だと思っていたというものが得意だったりするからです。

自分にとって得意だとわかっていても、

「そんなの出来て当たり前でしょ」

「全然すごくないよ」

と思うものだったりするからです。

謙遜ではなく本当にそう思っているのでなかなか見つけにくいものだったりするのです。

自分で見つけられないのであれば自分の仲の良い人に自分のことを聞いてみましょう。

自分の得意なことや出来ることを聞いてみたら案外すぐに出てきたりします。

「人の話を聞くのがうまいよね」

「ギャグセンス抜群」

「説明するのがうまい」

というような自分にとってはどうでも良いことだったりする答えが返ってきて拍子抜けするでしょう。

しかしそういうものが本当に得意なものだったりするのです。

友達だって、それはすごいことだと思わなければわざわざ言わないでしょう。

それが自分にとって得意なことなのです。

自然と続けているものを見つけよう

自然と何も考えずに続けられているものというのはそれだけ知識や経験が豊富になっているでしょう。

気付いたら誰よりも詳しくなっていたなんてこともあるかもしれません。

何事も続けていけば知識と経験が増えていくので得意に変わっているでしょう。

気付けば3年続けていた。

なんていうものがあればそれはすでに得意に変わっている可能性があります。

なんとなくでも良いですし毎日ではなくても良いので自然と続けているものを探してみましょう。

そういうものに得意というのは隠されているのです。

【関連】天才とは才能がある人のことを言うのではなく努力を続けていける人のことを言う言葉

得意なものがないという人はいない

いろいろ探してみたけれど得意なものが全く見つからないと思っている人がいるでしょう。

やっぱり自分には才能があるものなんてないんだと落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし得意なものが全くないという人はいないのです。

必ず得意なものというのはあります。

人間はみんな時間は平等にありますしその時間を何かしらに使っているからです。

それでもまともなことに時間を使ってこなかったと思う人は、ついつい癖でやってしまうことやどうしてもやめられないことから探していきましょう。

例えば、毎日飲み屋へ行って飲み歩いている人はそれだけ飲み屋に詳しくなっています。

そして意識はしていないにしろ、どんな飲み屋が良くてどんな飲み屋が悪いのかということが自然と分かっているはずです。

それだけ時間を費やしてきているものなのですからある程度知識があるでしょう。

「そんなものは何の役にも立たない」

「ただ飲み歩いているだけだから意味ない」

そう思ってしまうかもしれませんが、それだけ時間を費やしてきたことは無駄なことはありません。

しかしその飲み屋の知識だけではなかなか人の役に立ったりそれだけで人生がうまくいくことは出来ないでしょう。

そんな人はその知識と経験を生かして仕事にしてしまえばそれだけでも人の役に立ちますし人生がうまく回り始めるのです。

もし飲み屋の知識があるのならまずは飲み屋で働いてみれば、たくさん改善点が見つかってくるはずです。

たくさん飲み屋を見てきたのでどうすれば人が入るのかが分かっているでしょう。

そして最終的には自分が飲み屋を開業しても良いのです。

そうすれば飲み屋に来る人たちは喜びますし、自分も人の役に立てる上に自分の得意なことが仕事になるので苦痛はないでしょう。

ですから得意なものが全くないという人はいないのです。

時間をかけてきたものというのはそれだけ大きな価値があるということなのです。

【関連】何事も続けていれば自然と技術は上がっていく

どうしても得意なことが見つからないという人が絶対に見つかる方法

どうしても自分の得意なことが見つからない。

自分には絶対にそんな得意なものも好きなものもない。

という人がいるのなら最終手段の見つけていく方法があるのです。

どうすれば得意なことが見つけていけるのかというとそれは、

自分の嫌いなところやコンプレックスを見つけてみることです。

コンプレックスといったらそれはすでに得意なことではなくて嫌いなことではないかと思うかもしれませんが、コンプレックスだと思うことも自分の得意なことや才能に変わっていくのです。

どういうことかというと、自分の得意なものというのはそれだけ自分では気付きにくいものですしついついやってしまうものだったりします。

それって好きなことであったりやりたい事でもなく、むしろ嫌いなものだったりするものでもあるのです。

自分の癖が好きという人はいないでしょう。ついついやってしまうことなんてむしろ嫌いなはずです。

辞められるのなら辞めたいと思うものだったりするでしょう。

そういうものに才能というのは隠されているのです。

【関連】自分の才能の見つけ方。才能がない人なんていない

苦なく続けられるものはそれだけで大きな才能

みんなが続けられないことややること自体が苦痛であるものが自分はそんなに苦痛ではないというものがあるのだとしたらもうそれだけで才能です。

みんなみんな掃除が嫌いだけれど自分は掃除することは全く苦に思わない。むしろ楽しいと思うのならそれは大きな才能です。

その苦痛ではないことを生かして掃除会社に勤めれば苦痛がない仕事が出来るので仕事自体も苦痛ではなくなるでしょう。

そして苦痛ではないことに一番良いところは、

好きであればそれだけ上達も早いということです。

よく「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるように好きであればそれだけ人よりも上達が早いのです。

しかも苦痛ではないのですからそれだけ長い時間をかけることが出来るのでさらにうまくなっていくのです。

そうやって苦痛ではないだけでも才能なのに、続けていくことによりさらに上達していって天才になっていくのです。

それだけ苦痛ではないというだけでも、毎日やっても平気と思うものはそれだけで才能なのです。

【関連】愛があるから成功する【好きこそ物の上手なれ】

得意なものが見つかったらそれを活かしていこう

自分の得意なものや才能を見つけることが出来たのならそれを活かしていけば次第に天才となっていくのです。

どんなに才能があってもそれを活かさなければ意味はありません。

どんな天才ピアニストもピアノを弾かなければただの人です。

自分に向いているものがあるのならそれを活かしていくことが大切なのです。

ではどうやって得意なことを活かしていけば良いのかというと、いろんな人に知ってもらうことが必要なのです。

ピアニストもたくさんの人に知ってもらって初めて天才ピアニストになるのです。

どんなに才能があったとしても知っている人が家族だけだとしたらそれは天才ピアニストにはならないのです。

それだけ知ってもらう必要があるのです。

知ってもらうためにはどうすれば良いのかというと、

人が「すごい」と思う事だったり、「助かった」と思うようなことをする事でたくさんの人に知ってもらえて得意なことを活かしていけるのです。

ピアニストであればたくさんの人にすごいと思ってもらえればそれだけたくさんの人に知ってもらえるようになります。

その結果天才ピアニストと言われるようになるのです。

掃除が得意なのであれば、掃除が上手ですごいと思われれば広まっていくでしょうし、うまく掃除が出来なくて悩んでいる人を助けてあげることで噂が広まっていきます。

才能は活かして初めて才能なのです。

ですから初めは自分で売り込んで発信することが大切なのです。

今ではネットもありますの比較的簡単に人に自分の特技を発信することが出来るのです。

才能を活かさないというのは宝の持ち腐れです。

どんどん発信していって良いのです。

そして才能を活かして人がすごいと思わせたり人を助けることでどんどん人の役に立っていくことで自分の人生もうまく回っていくのです。

あとがき

人生がうまくいくようになる方法で一番大切なことは自分の得意分野を活かすことなのです。

自分の苦手なことをいくら頑張ってもなかなかうまくいきませんしとても苦痛が伴います。

しかし得意なことというのはそんなに努力しなくてもすぐに出来てしまうのでそこまで辛い気持ちにはならないですし、得意なことは人の役に立つことが出来るのです。

パソコンが得意なのであればパソコン教室を開けば人を助けることが出来ますし、何よりも自分自身が苦痛ではないでしょう。

そのように苦痛ではないということ自体がすでに才能なのです。

そして自分の才能、得意なことを活かしていくことで人生はうまくいくのです。

苦手なことをしていくから悩むのです。

苦手なことがあってもそれをしなくても良いような人生を作っていけば苦手なことだって気にならなくなります。

出来ないことよりも出来ることに目を向けましょう。

それが一番人生がうまくいくための方法なのです。

関連記事