自分がこだわっているものと同じものを他人が持っていると好感を持つでしょう。

あれ?

この人は意識的にやっているのかな?

どんな価値観を持っているのかな?

と興味を持つでしょう。

その興味が人を好きになる気持ちなのです。

好きの反対は無関心です。

そのように興味を全く持たずに自分の世界に入ってこないもの。

それが好きの反対です。

嫌いという感情は、

好きになる可能性があるのです。

今まで嫌いだったけどまた違う一面を見ることが出来たり、好感を持てる行動を見ることが出来れば好きになることはあるでしょう。

しかし無関心にはその可能性はありません。

好きになるどころか視界に入る事すらないのです。

だから好きの反対は無関心ということになるのです。

嫌いという感情もそれだけその人のことを考えているということなので興味があるということなのです。

関連記事

なぜ好きな人と嫌いな人がいるのか。周りにいる人は自分の心を映す鏡。

全ての人に好かれる事は出来ない。好きな人も嫌いな人もいて当たり前

哲学的思想の関連記事
  • 科学とは一種の宗教である
  • 気分や気持ちが見ている世界を作り、自分の人生を作り上げていく
  • 葛藤や迷いなんてあって当たり前。だって人間なのだから。
  • 人生に答えはない。答えは探すものではなく作り上げていくもの
  • 心に迷いがあるということは心の中で正解を知っているということ
  • 「なるようになる」の本当の意味と使い方
おすすめの記事
スピリチュアル
波動が高い人には様々な特徴と違いがあります。 生まれつきに高い人もいますが体調や成長、そして人生経験を積むことで変化して高まっていくものです...
引き寄せの法則
人生というのは先の未来や今後どうなっていくのかは誰にも分かりません。 一つの物事一つの行動が現実を決定しているのではなくて、いろんな物事と行...