ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

借金はしないほうがいい。やってはいけない借金の仕方。

お金がなかったら借金をしてしまうこともあるでしょう。

最初に足りなくなるのは、初めは2万とか3万程度から始まります。

その少しの気の緩みが命取りです。

最初に3万円くらい足りないから、親から借りたり、友達から借りたり、あるいはカードローンをして借ります。

親とかならまだ良いのですが、それから次第に借りる事が当たり前になり、自然とカードローンをしてしまいます。

カードローンの枠というのは、

だいたい30万だったり50万だったり選ぶ事が出来ます。

その時に一応多いほうがいいかと思い、50万にしたとすると自分で使わないと決めていればいいのですが、それから地獄が始まることになります。

最初は、5万を使って足りない分を補充するために使っていたキャッシングですが、次第に普通に買いたいものがあったら買ってしまったり、自然とお金に余裕があるように感じてしまい、ちょっと贅沢な生活をしてしまいます。

そうすると、いつの間にか10万、20万とキャッシングが増えていってしまいます。

最初からないものだと思っていると、全然使わないのに、キャッシングが50万円まで使えるという気持ちでいるとなぜか、

「50万円貯金が増えた」

という気持ちになってしまうのです。

それが一番のキャッシングの落とし穴です。

そういう気持ちになってしまったらもう最後です。

どんどんキャッシングは増えて、最後には50万円の上限に達してしまいます。

では次の行動はどうするでしょうか。

お金がなくなって支払いが足りなくなりそうです。

そんな時は、また違う会社のカードローンに申し込めば少しは楽になると考えます。

初めての借金というものは、とてもいけないことという罪悪感がありました。

ですが、2回目のキャッシングというのは不思議と罪悪感というものはありません。

「今の生活が少しでも楽になるなら」という気持ちでいっぱいだし、やっているとその事が当たり前になり、罪悪感というのは次第になくなってしまいます。

それがまた怖いところです。

そうして、もう一社にもカードローンを申し込み、借金をしてしまうのです。

その時、利子はもったいないなぁと感じてはいるものの、その時はその利子の大変さというものはあまり感じていません。

それよりも、目先のお金が欲しいがあまり利子を気にしている暇がないからです。

普通の思考なら、

「月に5000円の利子ってアホくさい」

「そんなにもったいないことはしない」

と考えるはずなのですが、いざそういう状況になってしまうと、特に何も思わなくなってしまうのです。

そうやってこの生活のループが始まるのです。

そして、それで100万円を超えたあたりからちょっと自分がやばいことをしていることに気がつきます。

「気付いたらどんどん借金が増えているけど大丈夫かな〜」

「今いくら借金があるのかなぁ」

とそこで考えます。

ですが、すぐに生活を変えることは出来ずに、またどんどん増えていきます。

そしてどんどん利子も増えていき、150万円、200万円、300万円と増えていってしまうのです。

「こんなに借金をしていたのか」ということに気がつきます。

最初は、2万円か3万円くらいから始まった借金でも、次第に増えて、借金が当たり前になってしまうのです。

それが地獄の始まりなのです。

もし借金をしなくて済むなら、最初のその一歩を耐えてください。

最初のその一歩を踏み出さなければ、借金というのはしないで済むかもしれません。

そこを耐えてしっかり節約して、最低でも今の現状をキープする事が借金地獄にならない方法です。

【関連】カードローンはとても便利だけどリスクもある【キャッシングは借金への入り口】

あとがき

借金の始まりというのはいきなり多額の借金をするものではありません。

本当に小さな始まりでもあり少しの気の緩みから始まるのです。

「少しだけだしいいか」という考えから借金というのは始まっていくのです。

目的のある借金であればそれでも良いですが、目的ではなく何と無く始まってしまった借金はなかなか返すことが出来ません。

借金をしなくて済むのなら借金をしない方が良いのです。

お金がないのならまずは生活を見直すことをお勧めします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。