ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

借金を返済して苦しい借金地獄から早く抜け出す方法

借金が終わらない。

このままだと借金を完済する為に30年以上かかってしまう。

返しても返しても借金が減らない。

借金というのは一度してしまうとなかなか減らすことが出来ないものです。

それどころかどんどん膨らんでしまう事だってあるでしょう。

そして借金が減らないのに大きな出費がかかる時にはもう払えないしこれ以上の借金はもう出来ない。

そんな状況になってしまうのです。

たくさんの借金、気が遠くなるような借金をしている時というのはその重圧から生きている心地がしません。

いち早くその借金から解放されたいという気持ちになるでしょう。

いち早く借金を返すための方法とそのコツについて書いていきます。

目次

まずは収入と出費を見直す

一度収入と支出のバランスや今現在いくら借金をあるのかを書き出してみましょう。

書き出してみると、思ったよりも借金が多かったなんてこともあるのです。

一度見直してみましょう。

そして全てリストアップしていくことをお勧めします。

収入 手取り 15万円

家賃 60000円

水道光熱費 15000円

携帯通信費 15000円

保険 10000円

借金返済 40000円

合計 140000円

あれ?

借金を返したらもう10000円しか残らないぞ。

どうしてだろう。

どうやってこれで暮らしているのだろう。

そんなことにもなっているかもしれません。

結局、この状態では借金を返してもまた借りてを繰り返すしかなくなります。

そういう状況になっているかもしれないのです。

ですから一度全て見直してみることをお勧めします。

というか、まずは見直すことから始めましょう。

そして解決策を考えていきましょう。

借金を返す方法

借金を返す事は借金をすることに比べて簡単なことではありません。

しかしだからといって諦めてしまってはいつまで経っても借金を返す事は出来ないのです。

簡単ではないと言っても、普段の生活と考え方を変える事で借金は確実に減らすことが出来ます。

その方法について具体的に書いていきたいと思います。

実家に帰って出費を減らしお金を貯める

借金を返す為に一番重要な事は何よりも出費を減らしていく事です。

特に家賃というのはとても大きな出費となってしまいます。

家賃と水道光熱費を合わせてしまったらなんだかんだで、

家賃 5万円

水道光熱費 2万円

合わせて7万円くらいはかかってしまうでしょう。

しかも実家に帰れば食費だってかなりの節約になるでしょう。

実家が嫌いな人にとってはとても苦痛でしょう。

しかしピンチな時は頼るしかないのです。

実家へは帰りたくないと思って今の生活を続けていてはいつまで経っても借金を返済する事は出来ません。

一度プライドを捨てて実家へ帰りましょう。

それだけでも出費はかなり抑えられるので今の状況に比べたら全然楽に借金を返す事ができるでしょう。

副業やダブルワークを始める

今の仕事の収入だけでは借金を返せないのだとしたら収入を増やす必要があります。

その為には、本業とは別に収入を増やすという手もあります。

実際月に2万円でも副収入があると全然違うでしょう。

その分だけでも借金に返すお金に当てるだけでも全然違います。

副業は収入を減らすだけではなく、お金を使う時間も限られてくるので出費も自然と抑えることができます。

今の状況では借金を返せないのだとしたら副業かダブルワークをすることをお勧めします。

副業について詳しく書かれている記事はこちらになります。

【関連】自宅で稼げる!副業でネットビジネスをしてお金を稼ぐ方法

仕事を変えてみる

今の仕事では収入が少なくてどうしても生活が出来ないのだとしたら転職も考えましょう。

今やっている仕事が自分にとってとてもやりがいがあってどうしてもやめたくないと思うのなら良いのですが、とりあえずなんとなく今の仕事をしているとするのなら転職も考えましょう。

もちろん今の仕事よりも収入が多い仕事を見つけることは大変かもしれませんが、今の状況を変えなければ借金を減らすことは出来ません。

どうしても借金が減らないのであれば転職することも考える必要があるでしょう。

親に借金を立て替えてもらう

借金をしているということは、それに応じた額の利子を払っていることになるのです。

利子は本当にバカになりません。

年利10%で200万円借りているとしたら、年間に20万円も余分に払っていることになるのです。

それは給料1ヶ月分にもなってしまうでしょう。

ということは、月に給料の1割を払ったとしても全く借金が減らないということになってしまうのです。

それはとても恐ろしいことです。

ですから親に頭を下げて借金を立て替えてもらいましょう。

そして親に少しづつでも返していけば良いのです。

【関連】借金を返すために必要な3つの行動。借金をなくして、より良い人生を

借金は根本的に問題を解決しなければ返済するのは難しい

どんなに頑張って節約したとしても、根本的に収入が少なすぎてはいつまで経っても借金を返すことは出来ません

どんなに収入が多くても家賃が高すぎてはなかなか借金は減らないでしょう。

そのように借金が出来てしまうのには必ず何か問題があるのです。

その借金が出来てしまう原因、根本的な問題を解決出来なければ借金を返す事は出来ないのです。

その根本的な問題、借金が出来てしまう原因を見つけて、その問題を解決していきましょう。

それだけでも借金は自然と減っていくでしょう。

借金をしてしまう原因

借金をしてしまう原因に多いものを上げていきます。

自分に当てはまるものがあれば改善していくことをお勧めします。

家賃などの固定費が高い

家賃や携帯料金、通信費などの固定費が高いとどうしてもお金を貯めることは難しくなります。

固定費というのは何もしなくても生きているだけでかかってしまうお金です。

そういうものは極力減らしておきましょう。

固定費を減らさないといつまで経っても借金を減らすことは出来ないでしょう。

贅沢が好き

贅沢が好きな人も借金を返すことは出来ません。

贅沢=お金を使うこと

という感覚をなくしましょう。

お金を使わなくても贅沢は出来ますし楽しむことなんていくらでもあります。

お金を使わないで楽しむことを見つけましょう。

ギャンブルをする

競馬や競艇、競輪やパチンコなどのギャンブルを定期的にやってしまう人やギャンブルにハマっている人はいくら他で節約したり、収入を増やしたとしてもギャンブルをしていては借金を返すことはできません。

ギャンブルにハマっている人は、お金をいつもよりも稼いだとしてもギャンブルに使ってしまうでしょうし、どうしても金銭感覚がおかしくなってしまうのです。

借金を返済したいと思うのならギャンブルはやめましょう。

ブランド品が好き

ブランド品が好きな人も借金を返すことは難しいでしょう。

それもギャンブルと同じようにお金に余裕が出来たら買いたいという衝動が襲ってきます。

そこで我慢できる人は良いのですがなかなかそうもいきません。

ブランド品を買っても生活の役に立つわけではありません。

自分の趣味や見栄で買っているのです。

もしブランド品が欲しいのであれば借金を返してお金に余裕がある時にしましょう。

それまでは買わないと自分の中で決めましょう。

毎日タバコを吸う

毎日タバコを吸うことも意外と大きな出費になるのです。

今ではタバコは一箱500円ほどします。

それが毎日だと500円×30日=15000円

月に15000円にもなってしまうのです。

それはかなり大きな出費です。

もちろんタバコを吸う事がいけないわけではありませんが、やめるのが無理だとしても半分くらいに減らすことは大切です。

お酒を飲む

お酒も毎日飲んでしまっていては大きな出費になってしまいます。

家で飲む一杯のチューハイ程度ならば良いのですがなかなかそうもいかないでしょう。

それに友達と飲みに行ったりすればあっという間に5000円くらいはなくなってしまいます。

お金がない時はそういう無駄な出費はなくしましょう。

もしやるにしても月に一回などのルールを決めて飲みましょう。

計画性のない無駄遣いが多い

上に書いたもの以外にも、計画性のない無駄遣いや衝動買いをしてしまう人はお金を貯めることは出来ないでしょう。

計画性のないものにお金を使ってしまうということは、借金があってもお金がなかったとしても必要がないものだったとしてもその場で欲しいと思ったら使ってしまいます。

計画性のない人は借金を返済することは出来ません。

お金は計画的にしっかり何に使うのかを意識して使う事が大切なのです。

欲しいものはいくら手に入れたとしてもその欲は尽きることはありません。

借金を返済するまでは欲に負けない心を持ちましょう。

【関連】自分が無駄だと思うことにお金を使うのはやめよう。

借金を返す時にやってはいけないこと

友達に借りるのはやめよう

借金を友達から借りるのはやめましょう。

友達から借りて一時的に楽になったとしてもそれはその場しのぎにしかなりません。

根本的な解決にはならないのです。

しかもお金を借りた時点で信用がなくなってしまいます。

友達を大事にするからこそお金を借りてはいけないのです。

違うところで借金をして返す

借金を返す為に、また違うところで借金をするという負のスパイラルに陥る人はかなり多いでしょう。

それではいつまで経っても借金地獄から抜け出すことは出来ないでしょう。

しかも一時的にお金が手に入るので、感覚的にまた使っても大丈夫という気持ちになってしまうのです。

借金の借り換えは絶対にやめましょう。

そうなる前に借金を返すための努力と行動をするべきなのです。

借金はいきなり出来るものではないでしょう。

前触れがあるでしょうし貯金をしてこなかったから借金をすることになってしまうのです。

そうやって借金が膨らむ前に、借金をしなくても良い状況を作ることは出来たはずです。

借金をする前に借金をしない努力をする事が大切なのです。

お金は計画的に使わなければすぐになくなってしまう

お金は計画的に使わなければすぐになくなってしまいます。

特に借金をしている時というのは借金をしているお金も自分のお金だと勘違いしてしまうのです。

本当は返さなければいけないものなのに使ってしまうということにもなってしまいます。

借金をしているからこそお金はしっかりと管理しなければいけないのです。

借金を返すためには、まずは出費に目を向けることが大切なのです。

まずは出費に目を向けよう

収入があれば借金が返せる。

もっと給料が多ければ借金なんてすぐに終わる。

そう考えているかも知れませんがそうではありません。

どんなに収入が増えたとしても出費が多ければ借金を返すことは出来ません。

収入はもちろん大切なことです。

しかし出費を把握して見直し、借金をしない体質にしていかなければいつまで経っても借金地獄から抜け出すことは出来ないのです。

収入の前に出費に目を向けましょう。

それでも借金を返せる状況でなければ収入を増やす必要があるということです。

借金をしない体質を作る方法

まずは借金をしない体質にすることが大切です。

借金をしない体質にしていれば自然と貯金が出来るようになります。

今の状況でいうと、借金を返すことが出来るようになります。

では借金をしない体質にするためにはどうすれば良いのかについて説明します。

借金をしない体質とは

借金をしない体質というのは、自然と収入と支出のバランスが取れている生活を作ることを言います。

今まで借金生活をしているということは借金をしてしまう体質になってしまっているのです。

では借金をしない体質とはどんなものなのでしょうか。

クレジットカードを使わない

借金をしない体質にするためにはまずはクレジットカードを使うことをやめましょう。

クレジットカードを使うと今月いくら使ったのかわからなくなってしまいます。

そして来月になって請求書を見てみると、

こんなに使ってしまったのか。

ということは一度は経験あるのではないでしょうか。

クレジットカードはとても便利なものですが、カードを使うというのは一時的に借金をしているのと同じことなのです。

借金を返すためにはまずはクレジットカードを使うことをやめましょう。

【関連】カードローンはとても便利!だけどリスクもある|キャッシングは借金への入り口

必ずかかるお金は先に別にしておく

今月の支払いや家賃、水道光熱費や携帯の料金などの必ず毎月払わなければいけないお金は給料が入ったその日にすぐ別にしておきましょう。

別にしておくことで逆にいえば、余ったお金は自由に使って良いお金と言うことになります。

そうやって自分の財布事情を把握しておくことで借金をしない体質にすることが出来るのです。

そのとき今月に返さなければいけない借金も別にしておきましょう。

家計簿をつける

収入と出費をしっかりと把握するためにも家計簿をつけましょう。

家計簿はとても面倒臭いと感じるかもしれませんがとても良い効果があります。

現在のお金の現状を知ることが出来るのはもちろんですが、家計簿をつけることが面倒なのでお金を使うことが面倒になります。

そしてお金を使う回数を自然と減らせる効果もあるでしょう。

今が借金で困っているのだとしたら、やりたくないかもしれませんが家計簿をつけることをお勧めします。

今ではスマホのアプリでも家計簿はたくさんあるのでそちらを利用するのも良いでしょう。

お勧めなのは、

マネーフォワード

zaim家計簿

と言うアプリです。

ぜひ使ってみてください。

今月のお金は財布へ入れる

今月使っても良いお金は財布に入れておきましょう。

財布の中に入っていればすぐに今月の分のお金が確認出来ます。

それがなくなったら今月分は終わりなので計画的に使うことが出来るでしょう。

そうやって使って良いお金を「見える化」することで借金体質から抜け出すことが出来るのです。

浪費と投資の違いの感覚を身につける

借金体質の人は浪費と投資の違いがしっかりと理解出来ていない事が多いです。

投資というのはお金を使うことによってお金を生み出す事が出来るものを投資と言います。

積立貯金などは投資に当たりますが、借金がある状態で積立貯金は出来ないでしょう。

普段の生活でできる投資があります。

それは、自転車を買う事です。

例えば通勤で車を使っていたり、電車を使っている人は自転車を買うことによって交通費を浮かせる事ができます。

他にも遊びに行く時やちょっとそこまで行く時にも自転車はとても便利です。

初めにお金はかかってしまいますが、その後のガソリン代や交通費をはらわなくて済むので自転車はとても良い投資になります。

そうやって自転車を買うことによって出費を減らすことができます。

結果的にお金として返ってくるのです。

そうやってお金として返ってくるものにお金を投資することが正しい投資です。

株やFXだけが投資ではないのです。

他にもパソコンにお金を使うということも投資になります。

パソコンを買うことで副業をする事ができます。

そうやってパソコンを使ってお金を生み出すことができればそれも立派な投資です。

自分に出来そうな投資を見つけていくことでお金として返ってくるのです。

間違った投資

間違った投資法として代表的なのが自分へのご褒美です。

自分へのご褒美は自分の好きなものを買って、これから頑張って行こうと思ってご褒美をするのですが、それでは投資とは言えません。

お金を投資してもお金がなくなるだけでそれを使うことによってお金は帰ってこないからです。

本を読むという事も将来的に投資になりますが、勉強になるからといって目的なくなんでもかんでも本を買って読むのでは投資にはなりません。

自分自身が将来お金につながるものを勉強する事で投資になるのです。

目的が曖昧なものに投資したとしてもそれでは浪費と何も変わりません。

お金のかからないストレス発散方法を見つける

ストレスが溜まると自然と出費が増えてしまうものです。

ですからストレスを溜めない事も節約して借金を返済する為には大事な事です。

だからと言ってお金がかかってしまう趣味をしてしまえば借金を返済する事は出来ないのでお金のかからない趣味を見つけましょう。

今ではお金のかからなくて楽しいものはたくさんあります。

  • YOUTUBE
  • スマホゲーム
  • ブログを書く
  • 図書館での読書
  • 散歩
  • ネットサーフィン
  • SNS

など色々なものがあります。

自分に合う趣味を見つけましょう。

ストレスは出費に変わる

ストレスを溜めてしまう事は結果的に出費につながり浪費をしてしまう原因になります。

過度な節約ややり過ぎた我慢を続けてしまうと良い結果は生まないでしょう。

お金を使わないために断食をしたり、もやし生活をしていき、その結果高熱が出て病院に行かなければいけなくなった。

それでは逆にお金がかかってしまいますし、それをずっと続ける事は出来ないでしょう。

他にも、ストレスが溜まってしまうと結果的に我慢出来ずにお金を使ってストレスを発散しようとしてしまいます。

暴飲暴食をしたり、酒を飲みまくったり、ギャンブルに走ったりと良い方向へは進みません。

それでは借金をしない体質にする事も出来ませんし、自分自身が何の為に生きているのかわからなくなってしまうでしょう。

借金は計画的に返していくことが大切なのです。

【関連】お金を貯めるコツーストレスが溜まるとお金は貯まらない。

借金返済は計画的に

借金を返す為に無理をしたり闇雲にやってもなかなか思うように借金は減りません。

借金はを返済するには時間がかかるのです。

すぐにあっという間に返すには、宝くじを当てたり商売がうまくいったりというような収入がいきなり増えるしかないのです。

ですから借金は無理なく、そして当たり前のように返していけば良いのです。

無理をしても良い結果にはつながりません。

地道にそして確実に返していきましょう。

借金が減らない理由

借金を減らそうと思ってもなかなか減りません。

借金が減らない理由には様々な原因があるのです。

借金は収入よりも支出が多いから減らない

これは当たり前なのですが、なかなかこれを理解できていることは少ないのです。

借金を返済するには、収入よりも出費が少なければ確実に借金は減っていきます。

そのことを再確認しましょう。

借金は、収入を増やすか支出を減らすかそれか両方を行うかによって借金を減らす事ができます。

収入を1万円増やすことでも良いですし、

支出を1万円減らすことでも良いのです。

それはどちらも同じことです。

収入を1万円増やすことは難しいことですけど、出費を1万円減らすことの方が簡単に感じないでしょうか。

しかしどちらも同じことなのです。

借金は意識次第で減らすことができるのです。

借金があることが当たり前になっている

借金をしている時期が長いと自然と借金があることが当たり前になっていってしまいます。

借金をしていることに慣れてしまうのです。

そうなってしまうとなかなか抜け出す事が出来なくなりますし借金は減りません。

人間は慣れてしまうと楽になってしまいます。

楽になってしまうと現実を頑張って変えようとは思わなくなるのです。

借金があっても良いから頑張るのは嫌だ。

借金なんてあっても良いでしょう。借金を返す為に我慢するのは嫌だ。

そんな風に変わっていってしまうのです。

それではいつまで経っても借金を返済することは出来ません。

借金は辛いし借金地獄からは抜け出したりとは思うけれど、我慢したり努力したりするのは嫌だ。

となってしまうのです。

そうなってはいけません。

借金は借りたお金です。

しっかりと返すべきなのです。

それは潜在意識で借金があることが当たり前になってしまっているのです。

借金のない生活をイメージをしてそこに向かって目標を作って、行動していかなければいつまで経っても今の生活からは抜け出すことは出来ないでしょう。

借金をしない為に必要な事

借金をしない為に必要な事というのは、借金をしてはいけないという感覚と体質を持っていることが重要なのです。

借金をしてしまうのはいきなり大金を借金するわけではないでしょう。

初めは少額から始まることがほとんどです。

それが次第に借金することが当たり前になってどんどん金額が大きくなっていってしまうのです。

借金自体が自分のお金のような感覚に変わっていってしまうのです。

その感覚を抜け出さない限りは借金は返すことは出来ないでしょう。

罪悪感も返さなければいけないという感覚がないのにお金を返すことはできません。

自分が借金をしているという感覚をしっかりと持ちましょう。

それは辛いことかも知れませんが、人はその辛さを乗り越えようとすることによって力を発揮しますし、その罪悪感が借金を返す力になり、そして行動する動機になっていくのです。

借金をしないためには、しっかりと借金を返していくためには、借金はしてはいけない事だという気持ちを持つことから始めなければいけないのです。

借金はしないに越したことはありません。

借金をするくらいなら物は買わない。

借金をしないようにどういう風に行動していくかということを考えていくかが重要なのです。

【関連】借金はしないほうがいい。やってはいけない借金の仕方。

借金をする前には必ず前触れがある

借金をする前には必ず前触れがあるでしょう。

少しづつ貯金が減っていってしまっていたり、ちょっとカードの支払いが多くなったり、いつの間にか財布の中のお金がなくなっていたりと、そういった感覚のズレから始まります。

それが次第に大きくなり借金をすることになってしまうのです。

ですから借金をしないためにはその前触れに気付き、しっかりと貯金をしておくこと、余裕を持ったお金の使い方をしていくことが大切なのです。

借金をしないためにはどれくらいの貯金があれば大丈夫なのか。

何かあった時にもこれだけあれば大丈夫だ。

という感覚を持っていれば借金をすることはないでしょう。

最悪なにかあったら借金をすればいいや。

そう思っていると本当に借金をすることになってしまうものなのです。

あとがき

借金というのは一度してしまうと借金はして良いものになってしまうのです。

借金をする前までは、借金をすることは悪いことだと思っていた人でも一度借金をしてしまうと借金をすることに慣れてしまうのです。

それが借金の怖いところです。

特に今では、クレジットカードやカードローンなどのキャッシングが簡単に行えるようになりました。

クレジットカードを作るだけでもキャッシング枠が付いてくるなんてものもあります。

他にもリボ払いというシステムも出来て、借金への抵抗感が少なくなってきています。

それくらい借金をすることが手軽になってきてしまっているのです。

リボ払いもクレジットカードも立派な借金です。

そういう風に、「少しならいいか」という気の緩みから借金というものは始まっていくのです。

借金地獄の入り口というのはそういう小さなところから始まっていくものなのです。

借金はというのはそれだけ罪悪感があれば借金をしないで過ごすことも出来るのです。

まずは収入と支出を見直して、計画的にお金を管理し、借金をしない体質にすることが大切なのです。

初めから借金があったわけではないでしょう。

それなら体質を前のように戻すことができれば、借金は次第に減っていくはずです。

お金とちゃんと向き合い、計画的にお金を使っていくようにしましょう。

そしてしっかりと目標を持ち、計画を立てて借金地獄から抜け出せるような行動と生活をしていきましょう。

関連記事はこちら