悟りについてはこちら

勝負強い人はどうして強いのか【勝つために必要なこと】

ここぞという時の勝負に勝つ人とそのあと一歩というところで勝つことが出来ない人にはそれぞれ特徴があります。

もちろん技術面での差もありますし経験や体力の差もありますが、

実力が同じくらいの勝負で勝つ人にはそれなりの理由がありますし、メンタルがとても大きく関係しています。

勝負となると急に力を発揮するする人もいます。

それだけ勝負強さにはメンタル的な要因がとても大きく影響してくるのです。

勝負強さはプレッシャーが大きいほど結果に影響を及ぼす

勝負というのはメンタルが大きく影響してきます。

特に一回だけのチャンスだったり、年に一度の勝負のような「ここで負けたら後が無い」というような状況ほど勝負強さというのは影響してきます。

それだけプレッシャーによって負けない人と負けてしまう人がいるのです。

普段どんなにすごいパフォーマンスをする人でもプレッシャーが大きくなると力が発揮出来ないという人がいます。

それだけ勝負にはプレッシャーの大きさによって力を発揮するかしないかが影響してくるのです。

勝負強い人は本番と練習では気持ちの入り方が違う

勝負強い人は、勝負になると力を発揮します。

それは普段の力が全然なかったとしても勝負になると別人になる人がいます。それはどうしてかというと、

普段の練習などではあまり集中せずに勝負のようなプレッシャーや何か利益があるようなことがないと気持ちが入らないという人がとても多いです。

練習は練習で集中はしていますが、勝負のような絶対に勝つという気持ちで練習をしているわけではないのでそれだけ気持ちの入り方が違います。

勝負強い人は練習と本番の気持ちの入り方が違うのです。

勝負弱い人は練習を集中して本番はプレッシャーに負けている

勝負に弱い人ほど練習は一生懸命やります。もちろんみんな一生懸命やりますが、練習を本番だと思って集中して練習をします。

それはとても良い事ですし、それだけ集中してやればどんどん上達するでしょう。

しかし本番になると練習のような集中力が出せずにプレッシャーばかりに意識がいってしまうので集中しきれずに本番を迎えてしまいます。

そうなると集中しきっている人にはなかなか勝てません。

勝負に弱い人は、勝負に集中出来ずに練習の力をほとんど出せていないのです。

【関連】プレッシャーには良いプレッシャーと悪いプレッシャーの2種類ある

勝負強い人は負けん気がとても強い。絶対に負けないという気持ちで勝利を引き寄せる

勝負に強い人は絶対に負けないという気持ちがとても強いです。

絶対に負けたくないので、どうしたら勝てるのかを考えます。

それだけ勝ちにこだわっています。勝ちを手に入れるために行動をするのです。

それ以外のことはほとんど考えていません。

それだけに集中しているので他の雑念が浮かんでこないので、またどんどん集中出来るのです。

集中することで自分の普段の力以上発揮することが出来るので結果的に勝ちを引き寄せてくることが出来るのです。

勝つ人はそれだけ集中することができているという事なのです。

勝負に勝てない人は勝負以外の事ばかりを考えてしまっている

勝負に勝てない人は、その勝負の時に勝負以外のことを考えてしまって勝負自体に集中出来ていないのです。

「この勝負に負けたらやばい」

「負けたら終わりだ。どうしよう」

「失敗したら変な目で見られてしまう」

のように勝負以外の事ばかりを考えてしまう事が多いです。

それだけ勝負に対するプレッシャーに気持ちが負けてしまっているのです。

それでは勝負や勝つことに集中している人に比べれば全然違うパフォーマンスになってしまうのは当然でしょう。

勝負に勝つには勝負や勝つことに集中しなければ勝ちを手に入れることは遠ざかっていってしまいます。

【関連】集中力はそんなに長くは続かない

勝負に勝つには集中力が何よりも重要。勝負強さは集中力によって生み出されているもの

勝負に勝つには集中力が何よりも大切です。

もちろん日々の練習があっての集中力ですが最後の最後に勝負を分けるのは集中力です。

集中出来ている人は普段の120%の力を出していて、

集中出来ていない人は普段の60%くらいしか出せていなければ、相当の実力の差があったとしても逆転してしまいます。

それだけ集中力によっての差が大きいということです。

プレッシャーによって力が出せないのも集中力の低下によるものです。

勝負強さというのは集中力によって生み出されているものなのです。

【関連】ゾーンに入るための方法【集中力を極限まで高めるためには】

勝負に弱い人はどうすれば勝負強くなるのだろうか

では勝負に弱い人はどうすれば勝負強くなれるのでしょうか。

勝負強い人は、「絶対に勝つ」という気持ちで勝負に集中出来ます。

勝負強い人ほど自分がどうすれば集中する方法を無意識のうちに知ってるのです。

もともとの集中する力が高いというのもありますし、集中すればなんとかなるという気持ちを持っています。

勝負に弱い人ほど集中力とかよりも普段の練習が大事だと思っています。

集中力がどれだけ大切なのかということを知らなければなりません。

勝負強い人は自分が集中する方法を知っているのだから、勝負弱い人も集中する方法が分かれば勝負強くなることが出来るのです。

ではどうやれば集中することが出来るのかを考えていかなければいけません。

先ほども話したように、勝負に弱い人ほどプレッシャーによって違う事ばかり考えてしまいます。

ですから違うことを考えないようにすれば良いのです。

その方法というのは、

本番を練習だと思えば良いのです。

普段の練習では出来ることも本番になると出来なくなってしまうから勝負に勝つことが出来ないのです。

それなら本番も練習だと思ってやれば普段と同じパフォーマンスを出すことが出来るのです。

その為には自分にプレッシャーをかけないようにする必要があります。

何より本番で力を出せない原因としてプレッシャーばかりに気持ちが向いてしまっているということです。

プレッシャーに気持ちを向けないで練習のようにできれば良いのです。

もし本番なのに自分だけ知らずに練習だと思ってやれれば普段と同じことが出来るのでそれは良いパフォーマンスを出すことが出来ます。

それはプレッシャーを感じずにリラックスしてやれているからです。

【関連】プレッシャーに弱い人の特徴と克服するための方法

本来の力を出すにはリラックスすることが大切

集中する為にはある程度リラックスする必要があります。

緊張はどうしてもしてしまうものですから、まずはリラックスを心がけましょう。

リラックスする方法は人それぞれ違いますが勝負に弱い人は、普段の生活と変わらないような行動を取ることでリラックス状態になることが出来ます。

先ほど言いました「本番を練習だと思ってやる」というのも普段と同じような状態にすることで力を発揮します。

本番前もできるだけ普段と同じような行動を取ることでリラックスすることが出来るのです。

本番になるといつもよりも気合いを入れたりしますが、そういうことも必要ありません。

勝負に弱い人ほど緊張しているので気合いは入っているのです。

気合いも入りすぎると力んでしまって逆効果になります。

気合いを入れることよりもリラックスすることを意識しましょう。

【関連】気楽に生きるためのコツ|気楽にやった方が結果うまくいく

ほどよい緊張とリラックスで集中力が高まる

良いパフォーマンスをする為には、ほどよい緊張感とリラックス出来ている状態だと良いパフォーマンスを出すことが出来ます。

緊張しすぎる人は、リラックスすることを心がけて、

気合いが入らない人は気合いを入れるように準備をすることが必要です。

そうやって自分をコントロールできる人が最終的に勝負を勝ち取ることができるのです。

感覚でいうと、70%くらい気合いが入っていて、あとの30%はリラックスしている状態だと集中して本番に臨むことが出来ます。

それも人それぞれ個人差があるので自分にあった割合を試して自分をコントロール出来るようにしましょう。

あとがき

本番の方が練習よりも良いパフォーマンスが出る人はそのまま続けていれば良いですが、本番は練習の力を全然出せないという人がだいたい勝負に弱い傾向にあります。

ですから本番をまず練習と同じくらいのパフォーマンスが出せるようにすることが必要です。

その為にはまず、「本番を練習だと思ってやってみる」ということが大切です。

本番に弱い人ほど緊張しすぎてプレッシャーに負けてしまっています。

ですからそういう人はそれくらいの余裕があってちょうど良いのです。

本番を練習だと思ってやるには、本番前のコンディショニングも大切です。その時から普段の練習の時のようにやることが大切です。

「これだとちょっと足りないんじゃないか」と思うくらいで良いのです。

それくらいリラックスして客観的に見れるくらいでやれば普段の練習くらいの気持ちで挑めます。

リラックスすると言っても「負けてもいいや」と思うことではありません。

その時も「練習で負けたくない」と思う時の気持ちに近い感情で本番に挑むことができれば最高のパフォーマンスと集中力が出せるはずです。

勝つ為には集中力が必要不可欠です。

自分がどうすれば集中出来るのかを考えて試行錯誤して頑張ってみてください。

関連記事はこちら