どんなに頑張りたくてもどんなにやりたくても人はそんなにずっと頑張り続けることは出来ません。

やっぱり集中力は長くは続かないし疲れてるのに頑張ってもなかなか成果は上がらないし前には進んでいかない。

だったら一度休んでまたやれそうになったらやればいいと思う。

人間なんだからそんなに動き続けることなんて出来ません。

しっかり休んでまたしっかりやればいい。

疲れたら休むよりも集中力が切れたら一度休んだほうがいいです。

そっちの方が効率が良くなるしミスも少なくて済むし、仕事でも運動でも趣味でもなんでも完成度が高くなります。

結局無理して頑張ってもミスしたり失敗していては意味がありません。

休むときは休みましょう。

集中できている時は普段の2倍も3倍も出来るけど、集中力が切れてしまうと2分の1、3分の1になってしまう。

それくらい何をするにも集中力は大事だということ。

無理しても仕方ない。

我慢しても良いことはない。

頑張るもの良いけど、頑張るためにも休んだ方がいい。

集中力は何をするにも本当に大事。

ロボットじゃないんだから同じパフォーマンスでずっとは出来ないのです。

そしてやっぱり楽しんでやることが一番大切です。

しっかり休んで楽しみましょう。

関連記事

集中力が切れたら休もう。休んだ方が結果的に効率がいい

ピンチな時ほど目の前のことに集中しよう。焦っても良い結果にはならない

ゾーンに入るための方法【集中力を極限まで高めるためには】

  • 表現したいものがあるのなら自分を信じて表現した方がいい
  • この世は破壊と再生を永遠に繰り返している
  • 成功する人の特徴。成功した人は成功するまでやった人。
  • 試練が多いのはなぜなのか。辛い人生から抜け出す方法
  • 何も考えない方がうまくいく理由。無意識に良い方向へと導かれる理由
  • 人事を尽くして天命を待つ。人間は結果までは自分で決めることは出来ない
おすすめの記事
自己啓発
本を読むって日常化している人は読めるけど本を読まない人は全然読まないという人が多い。 本はすごい情報量があるにも関わらず、1500円程度で買...