悟りについてはこちら

集中力が切れたら休もう。休んだ方が結果的に効率がいい

集中力が切れるとどうしてもミスが多くなる。

それはそれだけ意識や気持ちが散漫になってしまうので当然といえば当然のことです。

集中力が切れたりやる気がなくなったときはしっかりと休む方が良いです。

集中力が切れた状態だとミスが多くなる上に何をするにもスピードも遅くなってしまうもの。

スピードが遅くなる分、結局休んだ方が早く終わった。

なんてことも多々ある。

それに失敗したり間違えたりしてしまったら目も当てられない。

しっかりと休むことも大事なのです。

人間はロボットではありません。

頑張った分は休まないと心も体ももたないでしょう。

それだけ休みは大切だということです。

特に眠気というのは本当に厄介なものです。

眠い時には何をしてもうまくいきません。

眠いということは、体がやすみたいと言っている証なのです。

そんなときは一度休むか、仮眠を取るようにしましょう。

そして一番やってはいけないのがオールや夜更かしです。

夜更かしをして頑張ったとしても、

それだけ次の日にダメージが残ってしまいます。

夜更かしした次の日はずっと一日中眠い。

なんてこともあります。

そんな眠気と戦ってやるくらいなら、早く寝て次の日に新たな気持ちで頑張った方が絶対に良いのです。

夜更かしや夜中まで頑張っているとそれだけで頑張った感ややった感があるので、

どうしてもやった気持ちになってしまいますがそれは気持ちだけであって次の日に無駄に休んでしまったり作業効率が悪くなってしまっては何も意味はありません。

しっかりと頑張るためにも休みは必要なのです。

ちゃんと睡眠をとり、休みをとって、規則正しくやることが一番効率よく、そして失敗なく頑張ることが出来るのです。

無理をせずにダメだと思ったら休みましょう。

休んでからまた頑張れば良いのです。

関連記事はこちら

集中力はそんなに長くは続かない

短時間の仮眠で疲れが取れる|短い仮眠を取る事でリフレッシュする

頑張ってばかりではうまくいかない|休息を取りリフレッシュしよう

疲れているときは休むのが一番|疲れているときに頑張ろうと思っても思い通りに進まない