誰もが正解や正しさを求めて生き続けている。

悟りを開く
スポンサーリンク

誰もが皆、正しさや正解を求めて生きている。

たくさんの失敗と経験を重ねながら、何が正しくて何を自分が求めているのかを考えながら生き続けている。

どんなに正しさや正解を求めていたとしても、その正解を見つけ出すことは簡単なことではない。

なぜなら、絶対的な正解や正しさはないのだから。

正解も正しさも変化し続ける。

環境も立場も状況も変われば正しさも変化する。

そもそも正しさとは何なのだろうか。

正解とは何なのだろうか。

自分が幸せになることが正解と言えるのだろうか。

他人が幸せになれば正しいのだろうか。

全世界の人が幸せならそれで正しい世界と言えるのだろうか。

外に答えを求めていてもそれが見つかることはない。

他者に正しさや答えを求めていても、それは答えにはならない。

その他者がいなくなったらその正しさもなくなってしまうのだから。

外に答えがあることはない。

自分自身で答えを見つけ出すしかない。

というか、

自分で答えや正しさを決めるしかないのだ。

己が出した答えが自分の中での答えになる。

それしか正しさや答えは存在しない。

その出した答えも、絶対的な正しさではない。

なぜなら人は変化し成長していく生き物なのだから。

変化し、成長すれば結果的に答えや正しさも変化する。

そうやって変化していくのは当たり前のことだし、悪いことではない。

環境や生きている世界が変われば、それに対応していくことが大切だから。

それに応じて変化していかなければ生きていけないのだから。

そうやって人は変化していくのだから、答えも正しさも変化する。

「諸行無常」

全ては常に変化し続けている。

絶対的な正しさも答えも存在しない。

それを決めるのは己の心しかないのだ。

己を信じ、己を貫く、

そうやって自分の答えを見つけ出していくしかないのだ。