ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

百聞は一見にしかず。どんなに話を聞いたとしても自分で体験しないとわからない

あれこれ何かを語ったところで物事は自分で体感しないと分かりません。

同じ失敗を繰り返した人の話を聞いたとしても、

「自分は同じようなことにはならない」と思って同じことをしてしまう。

それくらい人は人の話をいくら聞いたとしても、自分で失敗したり体感してみないとわかりませんし納得出来ないものなのです。

百聞は一見にしかず

百聞は一見にしかずという言葉があるように、百回話を聞いたからと言っても、一回見たものにはかないません。

もっと言えば、「百見は一体感にしかず」です。

百回見たとしても、一回体感したものにはかないません。

それくらい人は体感して初めて気付きというものが起こるのです。

それはどんなに信頼している人の言葉だったとしても同じことです。

それほど一回の体感というのは大きな衝撃と記憶に残るものなのです。

【関連】自分の常識を覆すには自分で体感しなければ理解なんて出来ない

素直な心があれば失敗を回避することが出来る

人の話を聞かずに自分の考えで先へ進んでしまうと、大きな失敗をしてしまうことがあります。

全く同じ体験をした人はいないとしても、似たような体験をした人というのは周りにいますし、その人は今自分が体験していることに関しては先輩にあたります。

その人の意見を素直に聞けて、それを踏まえた行動をすることが出来れば自然と失敗は少なくなるでしょう。

先人なのですから、ある程度その出来事の結末は知っています。

それは自分が体感してきたですから知っているでしょう。

その意見というのは、その人も同じ体験をして乗り越えてきた人なのだからとても参考になる意見です。

それを聞かない手はないでしょう。

しかし、失敗をしたことがない人や学びが少ない人ほどそういう意見を聞くことはありません。

それは自分が正しいし、自分のことは自分にしか分からないという風に思っているからです。

しかし自分にしか分からないと言っても、ある出来事に関して言えば、ある程度結末が予測することができることはあります。

そういうものは、先人の意見を聞いて回避することが大切です。

それには自分自身が人の意見を聞くことができる素直な気持ちが必要です。

それを持っていなければ、なかなかその悩みや問題からは抜け出すことが出来ないでしょう。

【関連】愚者と賢者の違いと特徴

同じ失敗を何度も繰り返さない。そして同じことでずっと悩まないで早めの対応を心がけよう。未来を予想する先見の目を持つ事で失敗を最小限に抑える

話を聞いて失敗を回避する事ができる人は賢者であり、

大きな失敗をするまで分からないのは愚者である。

もちろん体感しないと本当の理解をする事は出来ないがそれも最小限に抑える努力は必要です。

「自分で体験してみないと分からない」と言って、同じことを繰り返しているようでは意味がありません。

体験するにも一回で分かるような努力が必要です。

そしてその一回も、「できるだけ早く気付くこと」が大切です。

同じことを何度もやっても、同じことをずっと続けていてもそれではいつまで経っても前には進めませんしずっと悩みは解決されません。

常に意識して考えて、学ぶ姿勢を忘れないように努力しましょう。

そうすることで早く、そして最小限の失敗で済ませることが出来るのです。

【関連】人は失敗を繰り返しながら成長していく

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉は失敗を恐れて挑戦しなくて良いというわけではない。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

という言葉もあるように先人の意見を聞く事はとても大切な事です。

それでも、すべて歴史を参考にしすぎて頭でっかちで何もしない人になってはいけません。

しっかりと失敗を恐れず行動していく事は大切です。

自分の目指すところへ向けて行動し続ける事は大切ですが、行動すれば必ず失敗がつきまとってきます。

その失敗を最小限に抑えるために、歴史や先人の知恵に学ぶ事が大切なのです。

「なんでも失敗をすることを知っているから何も行動しない」

それではいつまで経っても何も変わる事は出来ません。

挑戦する勇気は持っているべきなのです。

【関連】歩みを止めた賢者はその時点で愚者である

一度思い込んでしまったらそこから抜け出す事はとても難しい

一度自分が、

「これでやっていくしかない」

「これしか自分には道がないんだ」

というふうに、自分自身で自分の道を狭めてしまうとそこから抜け出す事はまず出来ません。

失敗すると自分では分かっているのにその道しかないと思って続けていたら、それは大きな失敗をするまで分かりません。

その時に後悔の気持ちを持つでしょう。

実際は自分で失敗すると分かっていたのに、その道しかないと思い込んでしまったら後で大きな後悔を生んでしまうでしょう。

そうなる前に、

「自分の思い込み」や「先入観」から抜け出さなければいけません。

そうやって常に自分自身を客観的にみれるような余裕を持つことが必要です。

【関連】思い込みや常識なんて自分が決めたルール。思い込みをなくせば人生は大きく変わる

あとがき

人間は体感で分からないと本当の意味で理解する事は出来ません。

ただ聞いた話だけで理解しても説得力はありませんし、本当に深いところで理解したことにはならないですし、体感した人に比べたら全然理解をしていないでしょう。

しかしだからと言って、わざわざ失敗だと分かっている事に挑戦する事は愚者のやる事です。

「失敗するだろうな」

「多分違うだろうな」

と言うものに挑戦するのでは意味がありません。

せっかく挑戦するなら、

「これをやれば成功するかもしれない」

「これなら自分の理想に近づいていくかもしれない」

というふうに、良いものを求めて挑戦していきましょう。

失敗すると分かっているにも関わらず、

根拠のないなんとなくの希望で挑戦して、それで失敗していてはいつまで経っても悩みの渦から、負のスパイラルから抜け出す事は出来ないのです。

そうなる前に気付く心の余裕や客観的な視点を常に心がけることで、少ない失敗で大きな体幹を得ることが出来るでしょう。

体験してみないと分からない。と言う気持ちはとても大切ですが、

失敗すると分かっていて飛び込むのはまた違います。

そして、

体験しなくてもわかる。と言う風に客観的に見る事は大切ですが、

「失敗を恐れないで挑戦する勇気」も大切です。

どちらも極端にならずに、挑戦する勇気と最小限の失敗で学ぶ視点を持つ事で大きな成長と成功をもたらしてくれるでしょう。

関連記事はこちら