ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

他人の不幸を願っても自分は何も変わらない。不幸を願うのなら自分が成長しよう

人の不幸を願っても何も意味はありません。

人の不幸を願っても自分が成功することも成長する事もありません。

人の足を引っ張ったって自分自身が損をするだけです。

そんな時間があるならすぐにでも自分が成長したり自分が一歩でも前に進むことを考えた方が絶対に良い結果になるでしょう。

他人を蹴落としてもそれで満足するのは一瞬だけです。

すぐにそんな気持ちはなくなってしまうでしょう。

そしてまたその気持ちを求めて他人の不幸を求めるのです。

そんな人生に何の意味があるのでしょうか。

自分が成長していけばそんな人のことなんて気にならなくなります。

その努力が出来ないから人を蹴落とそうとして自分を肯定して満足しようとしているのです。

人の不幸を願って生きていくことになんの意味もありません。

そんな負のスパイラルからはすぐにでも抜け出しましょう。

一歩でも良いから少しでも良いから前に進みましょう。

そうすればそんな他人の不幸を願うよりも自分が前に進んでいった方がずっと満足するでしょう。

他人の不幸を願うのは自分が前に進む勇気もないし、それが出来ないから人のことを引っ張ろうとするのです。

自分が前に進みたいと思うなら、自分が前に進んでいると思うなら何も気にする事はありません。

他人を自分よりも下げて自分が上に立ちたいだけなのです。

そんな人が周りにいるなら気にする必要はありません。

自分が前に進む事が出来ない怠け者の意見なのだから参考にする必要もありません。

もし自分がそうなっているのだとしたら今すぐにでも抜け出しましょう。

そして少しでも成長出来るように努力する事が大切なのです。

他人に目を向けずに自分自身に目を向けましょう。

【関連】他人を気にし過ぎてしまう心理とは。他人を気にしないようになる方法

他人がどうこうという事ではなくて、自分自身が今どんな状況でどんな風になりたいのか、そして今の自分に満足しているのだろうかという事を考えてみましょう。

その時に自分に思い当たる事があるのだとしたら、考え直した方がいい。

そして行動を改めた方が良いです。

自分に目を向けられただけでも大きな成長なのです。

そしてそれで行動を変えることが出来たらもっと大きな成長なのです。

行動を変えていくことが出来れば人生も大きく変わっていくことが出来るでしょう。

あとがき

人の不幸は蜜の味と言うくらいにみんな人の不幸が大好きです。

それだけ自分だけ満足していない状況が嫌なのです。

逆に言えば人の不幸を願っている間はまだまだ自分が満足していないということなのです。

自分に満足していればわざわざ人の不幸なんて願う必要はないでしょう。

それだけ心が満たされていないということなのです。

みんな自分の仲間が欲しいものなのです。

しかし人の不幸を願ったとしても、その結果他人が不幸になったとしても自分自身は何も変わりません。むしろ人の不幸を喜んでいる人になってしまうので、元の位置よりも下がっているでしょう。

そんな人の不幸を願う人生なんて今すぐに抜け出して自分が上に上がるためにはどうすれば良いのかを考えましょう。

人の不幸を願っている時間があるのなら少しでも前に進んで自分が幸せになるためにどうするべきなのかを考える方がずっと有意義です。

人の不幸を願うことはやめましょう。

自分が努力して成長していけば自然と自分は上へと向かっていくので足を引っ張るようなことはしなくなるでしょう。

関連記事