【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

天才と秀才の違い。才能があるかないかは結果論でしかない。

あの人は才能がある。

あの人は頑張っているけど才能がない。

そんなことを周りは言うけれど結果的に才能があるのか、それともないのかというのは結果論でしかない。

全く才能がないと思っていた人が何年後かに大成功していたら、その人は才能があるという評価を受ける。

逆にどんなに能力が高くても結果を出すことが出来なければその人は才能がないと言われてしまう。

あの人は能力は高いけど頑固だから成功しない。

あの人は能力が高くても努力しないからダメ。

そんな評価を受けてしまう。

他人なんて結局結果しか見ていないし、他人は結果しか見れないものだ。

だから才能があるのかないのかなんて結果論でしかない。

今の自分に才能があるのかないのかなんて諦めてしまうまでは分からないのだから最後まで自分が納得するまで続けていけばいい。

そうやって時間をかけて結果を出す人を人々は秀才と呼ぶ。

実際その秀才の人は最初から能力が高いのに、環境や住むところが悪くて結果を出せずにくすぶっていたかもしれない。

環境や運やタイミングで人生なんていくらでも変わってきてしまう。

人に評価されて初めて天才と呼ばれるのだから、人に全く関わらずにすごい才能を持っていてもそれはただの変人で終わってしまう。

逆に能力が高くなくても何かのタイミングと人との関わりで大ブレイクして天才と呼ばれてしまう人もいる。

タイミングや運で天才や秀才、そして凡人も全て決まってしまうものだ。

だから心配しなくてもいい。

今の自分が天才か秀才か凡人かなんて誰にも分からないのだから。

そもそもそんなものは他人からの評価であって、結果を出した人のことをいう言葉なのだから気にする必要なんかない。

結果を出せば天才と呼ばれ、

結果を出せなかった人を凡人と呼ぶ。

結果を出すタイミングが早い人が天才と呼ばれ、

結果を出したタイミングが遅い人を秀才と呼ぶ。

ただそれだけのこと。

だから今の自分なんて今が何歳だったとしても人生においては通過点に過ぎない。

天才も秀才も凡人も結果論であり全ては紙一重のものだ。

タイミングや運、そして環境によっても全て左右されてしまうものだ。

だから今の自分が凡人だと思っている人でも気にしなくていい。

今はまだ蕾なだけなのかもしれないのだから。

その蕾がいつ花開くのかは誰にも分からないのだから。

関連記事

天才とは才能がある人のことを言うのではなく努力を続けていける人のことを言う言葉

天才とは努力を続けられる人【努力が必要ない天才はいない】

天才も初めから天才ではない。誰よりも先を歩むことが出来るから天才でいられる