ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

天才も初めから天才ではない。誰よりも先を歩むことが出来るから天才でいられる

どんな英雄であろうと、賢者であろうと、素晴らしい経営者であろうと、どんなスーパースターであろうと最初からそうだったわけではありません。

たくさんの経験と失敗を繰り返し、苦難や試練を乗り越えて初めて天才になれるものなのです。

初めから才能があったとしても試練を乗り越えていけない人は凡人で終わってしまうでしょう。

周りからは素晴らしい人で順風満帆に見えるかもしれませんが、どんな人でもそんなことはありません。

むしろ天才であればあるほど苦難や試練は多いです。

試練を一つ一つ乗り越えていき、日々成長した結果が天才という称号になっただけで、初めから天才であるわけではありません。

人より苦労をしているからこそ成長できるし大きくなれるのです。

どんなすごい人でも成長していかなければそれは天才ではありません。

日々成長してこそ、常に人の先を行っているからこそ、天才でいられるのです。

成長を止めてしまえばすぐにみんなに追いつかれてしまいます。

そうなってしまっては天才ではなくなります。

「天才は一日にしてならず」

常に成長してこそ、みんなが乗り越えられないような試練を乗り越えてこそ、天才になれるのです。

天才になるには壁を乗り越えていくしかない

天才というのは、所詮周りからの意見であって必ず壁にぶつかってそれを乗り越えて天才になっているのです。

その努力は他人にはわかりません。

みんなその天才のことを天才になってから知るからです。

しかし天才になる前の苦労というものは誰にでもあるのです。

その苦難や大きな壁を乗り越えてきたことは他人はわからなのです。

わからないけれど確実に壁を乗り越えてきているのです。

天才になるには、

それだけ多くの壁、大きな壁を乗り越えていくしかないのです。

その結果天才と言われる日がくるのです。

あとがき

天才なんていう言葉は結果論でしかなく成功すれば天才と言われ、失敗すれば凡人と言われるのです。

凡人も天才も結果論でしかありません。

同じように努力しても結果を出さなければ天才とは言われません。そしてどんなに天才と言われていても辞めてしまったり諦めてしまった時点ですでに天才ではなくなります。

天才は生まれつき天才ではないのです。

それだけの苦労と努力があってこそ天才になれるのです。

そして続けていける者だけが天才でい続けるられるのです。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。