ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

哲学を学ぶ目的とは。哲学を学ぶことによって何を得られるのか。

哲学という学問はそもそも生きていく上では必要ないものです。

何故なら哲学を全く学ばなくても人は生きていけるからです。

現に哲学を真剣に学んでいる人は少ないでしょう。

そんなものを学ばなくても普通には生きていけますし現代で言えばお金さえしっかりと稼げてさえいれば生きていけますし、普通に生活することは出来ます。

それなのに何故人は哲学を学ぼうと思うのでしょうか。

哲学を学ぶ目的とは何なのか

哲学というのはよりよく生きるための方法を学ぶ学問であり、生きる意味について考える学問でもあります。

「人は何故生まれたのか」

「そして何の為に生きているのか」

これについて考えていくものです。

生きるだけなら生きる意味なんて考えていなくても生きていけますし、生きる意味なんていくら考えたところで結論が出るものではありません。

しかし何故人は哲学に魅了されるのか。

それは人は知らないことを知ることが大好きだからです。

知らないことを知ることはそれだけで快感なのです。

子供の頃は色んなものに対して興味があり毎日が楽しいです。

それはどうしてかというと、知らないことだらけであり色んな新しいことを知れて毎日新しい体験をすることが出来るからです。

しかしだんだんと経験を積み大人になるにつれて普通に生活しているだけでは新しい体験や新しい情報などが入ってこなくなってきます。

毎日知っている情報の中で生きているのです。

そうなってくると平凡でつまらない毎日という風に感じてしまうのです。

そんな時に必要なものが哲学です。

哲学は今までの人生とこれからの人生をガラッと変えてくれるものです。

今までなんとなく過ごしていた毎日を新しい視点から人生を見ることによって新しい発見があり、そして全く目的のなかった人生に意味を持たせてくれるのです。

それがたまらなく楽しいのです。

まるで子供の頃に戻ったような感覚にさせてくれるのです。

それが哲学の目的でもあるのです。

より良く幸せに生きるための学問でもあり、日々の生活を楽しいものにしてくれる。

知りたいという欲を一番満たしてくれるものです。

それが哲学というものです。

哲学はより良く生きる為の学問

哲学を学ぶもう一つの目的というのはより良くそして悩みの少ない人生を生きる為の学問でもあります。

知りたいという欲を満たしてくれるという側面も持っていますが、哲学を学ぶことによって悩みが減ります。

それは哲学を学べば人は悩みがなくならない生き物だということが分かります。

それによって悩むことに対して悩まなくなるのです。

それだけでも一つ大きな悩みが解消されるでしょう。

それ以外にも、何をすればどんなことが起こるのか。

自分に人生には何が足りないのかについて明確に判断することが出来るようになります。

それによって自分がこの先の人生において何をすれば良いのかが明確に分かるようになるのです。

それは自然とより良い人生に向かっていくことが出来るのです。

その為に哲学という学問は切っても切り離せない学問でもあるでしょう。

ですから哲学を学ぶ意味があるのです。

【関連】悟りとは自分を深く知ること。自分を知る事で悩みの根元から解決する

日々の生活を刺激的なものに変えてくれる学問

哲学は自分の今まで知り得なかったことが新たな視点によって新しい気付きをもたらしてくれるのです。

それによって子供の頃に感じていたワクワク感やもっと知らないことを知りたいという欲が湧いてくるのです。

平凡でつまらない日常をワクワクした刺激的な日常へと変えてくれるのです。

そんな哲学を学んだところで何も変わらないと思うのは当然でしょう。

しかし哲学を学ぶことによって今まで考えもつかなかったような視点で物事を見るようになるので、今までの人生とは全く別物の考え方をするようになります。

それが楽しくて仕方がないのです。

今まで知らなかったことを知る。

知りたい欲というのは誰にでも持っている欲であり感情です。

その知りたい欲を満たしてくれるのが哲学という学問なのです。

哲学は究極の暇つぶし

哲学というのはただ生きていくだけなら全く必要のない学問であり考え方です。

ですから全く必要のないものと言えばその通りでしょう。

しかし現代では色んなものが便利になって、これからはロボットがいろんな仕事を肩代わりしてくれるので人間のやるべきことはどんどん少なくなっていくでしょう。

それによって生きる意味や考える時間が増えるので、もっと必要になってくると私は考えています。

哲学そのものは全く必要ないものかも知れませんが、生きていく為に必要でないものなんてたくさんあります。

しかし徐々にそういうものが必要になっていくのです。

スマホゲームに飽きて、遊びというものがなくなって、最終的には哲学という学問が究極の暇つぶしになっていく時代も来るのではないでしょうか。

生きる意味、生まれてきた意味は知らなくても良いのかも知れません。

しかしそれでも知りたいと思っている人はたくさんいるでしょう。

だからこそ哲学という学問は必要なのです。

関連記事

哲学が必要な時代に変わってきている理由とは

哲学とは答えのないものに対して答えを求めようとする学問

悟りとは幸せを手に入れるための生き方論であり哲学