ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

血の繋がっていない子供は愛せないのだろうか。

血の繋がっていない親子だろうと繋がっている親子だろうと実際そこまで関係はないでしょう。

関係があるのは、その繋がっているかいないかという自分の心に問題があるのです。

「血の繋がっていない子供は愛せない」

と言うのなら、なぜ奥さんの事を愛せるのだろうか。

今の奥さんと結婚したのだろうか。

血の繋がっていない人は愛せないのではないだろうか。

血が繋がっていなくても愛することは出来るのです。

血が繋がっていないから愛せないと自分で決めつけているから愛せないのです。

連れ子を愛せないのだとしたらなぜその人と結婚したのだろうか。

子供がいるのを知らないで結婚したのだろうか。

そんなはずはないでしょう。

子供がいるのを知っていて結婚したのですから、子供を含めて結婚したはずです。

それなのに愛せないなんて言うのは無責任過ぎるでしょう。

もちろんイライラしたり嫌になったりはするでしょう。

しかしそんなのは、血が繋がっていようといなかろうと同じことです。

自分の子供だろうと誰だろうと合う合わないはあるのです。

それを血の問題にしてはいけません。

どんな理由であろうとその子と向き合うことが大事なのです。

血の繋がっていない親子は愛せないと言うのなら、養子の子供はどうなってしまうのでしょうか。

子供に恵まれない夫婦が養子をもらい育てることはあるでしょう。

その親子は血の繋がっていない親子のはずです。

しかし幸せな家族はたくさんいるはずです。

血の繋がりなんて関係ないのです。

子供の取り間違えだってありましたが、取り間違えていたので元の親に戻しましょう。

と言っても戻すことが本当に幸せなことなのでしょうか。

血の繋がりよりも一緒に過ごした時間の方が遥かに大切なのです。

それに取り間違えに気付かず育てていたのだとしたら、その子供は他人の子供のはずなのに普通に愛せていたはずです。

それでは完全に自分の意識の問題でしょう。

血の繋がりなんて本当には関係ないのです。

問題なのは血が繋がっていないから愛せないという自分の心に問題があるのです。

関連記事

連れ子を愛せない理由とは。どうしても連れ子を愛せないけどどうすれば良いか

愛のある行動をする

精神的に自立した人になる