悟りについてはこちら

テレビを観るのをやめて変わったこと

私はちゃんとテレビを観ることをやめてから7年くらいになると思います。

今でも家族がテレビを観る時はテレビはついていますが、一人暮らしの時はテレビすらない生活をしていました。

今でもほとんどテレビを観ることはありません。

今日は、「テレビを観るのをやめて変わったこと」について書いていきます。

テレビを観るのをやめて良かったこと

まずはテレビを観るのをやめて良かったことをあげていきたいと思います。

時間が有意義に使える

とりあえずテレビをつける。という習慣になっている人はとても多いでしょう。

テレビを観ていると、テレビの番組に自分の行動の時間を合わせることになるので、どんどんやるべきことがおろそかになってしまいます。

テレビをやめることによって、自分のやるべきことを終わらせて、自分の好きなことに時間を使うことが出来るようになります。

趣味の読書が出来たり、映画鑑賞や音楽鑑賞など、自分の好きなことに時間を使うことが出来るので1日の時間が有意義に使うことが出来るのです。

【関連】無駄な時間を減らすことが目標を達成させる近道

余計な情報に触れなくてもよくなる

本を読んだり、ネットから情報を得ようと思うと自分の必要な情報だけをインプット出来ます。

逆にテレビというのは、テレビで流れている情報を強制的に自分にインプットされてしまいます。

今では悪いニュースがとても多いので、そういった情報から遮断することで、自分の目的のために必要な情報だけを得られるのでスムーズに目的を果たすことが出来るようになります。

【関連】知らない方が幸せな事もある【必要のない情報を取り入れるのやめよう】

コミュニケーションの時間が取れる

テレビがあるとテレビに意識がいってしまうので、コミュニケーションが減ってしまいます。

家族との会話が減ってしまうのでそれはとても勿体無いことです。

テレビを観るよりも私は家族とのコミュニケーションの方が大事だと考えたので、テレビを観ることをやめました。

今では、家族全員が食事中はテレビを観ませんし、普段もあまりテレビをつけなくなったので、コミュニケーションを取れる時間がとても増えました。

テレビを観なければいけない義務感から解放された

テレビを観ていると、今日もテレビを観なければいけないという義務感が生まれてしまいます。

毎週ドラマを観ている人は、それも義務感で観ているでしょう。

そういったものから解放されて、いつも好きなことに時間を使って、いましたいことをすぐにする事が出来るので、とても毎日が有意義に感じられています。

【関連】やるべきことは少なくシンプルに生活しよう。やらなければいけないことは少ない方がいい

テレビを観るのを変わったこと

テレビを観ることをやめて変わった事を紹介します。

テレビについての会話がなくなった

テレビで流れているニュースや番組についての会話はなくなりました。

それが無くなったからといって、何も悪いことはありません。

友達や職場の人と話をするときに、ニュースの話になりますが自分だけ知らないということがたまに起きますが、だからと言ってデメリットに感じたことはありません。

その時に話を聞けば十分です。

自分の考えを持てるようになった

当たり前のようにテレビを観ていると、テレビの情報が自分の知っている知識になってしまいます。

そうなると、

テレビ=自分

という方程式が完成されてしまいます。

テレビを観ている時間を自問自答をすることによって、自分の意見を持つことが出来るので、しっかりとした意見を持ち、成長することができます。

テレビというのは一種の洗脳です。

あたかもテレビで流れていることは常識みたいに扱われていますがそうではありません。

テレビで流れている情報は、誰かの思惑がありテレビ局にお金を払って、自分の利益になるような情報を流すようになっているのです。

例えば、

「この夏流行るのはこれ!」

みたいに放送されていますが、それはまだ流行っていないのに「この夏流行る!」という風に放送することによって、流行りまでテレビに操作されているのです。

ですから、テレビを観なければそのような情報操作の影響を受けなくて済むので、自分の意見をしっかり持つことが出来るようになるのです。

まとめ

小さい頃はテレビを観ることが当たり前だったので、はじめはテレビをなくすことに抵抗はありました。

ですが、テレビにたくさんの時間を奪われているなということに気付き、辞めることを決意しました。

そうして、いざテレビを観ない生活を始めてしまうと案外なんとも思いませんでした。

自分の中でのテレビというのはそれくらい大したことのない存在だったのだなと思いました。

そしてテレビがなくなった分、いろんなことに時間を使えるようになったので、ダラダラする時間がなくなり本当に有意義な毎日を送れるようになりました。

もちろんテレビを観ることでプラスになることもありますが、自分にとってはマイナスの方が遥かに多かったです。

テレビを観る時間を本を読んだり調べ物をしたりと、インプットに時間を使うようになったので、今ではとても良い習慣になったと感じています。

テレビを目的を持って観ている人は良いのですが、ただなんとなく時間を潰すために観ている人は、ぜひ一度テレビのない生活を送ることをお勧めします。

生活のリズムを変えることによって、いろんな変化があるはずです。

テレビというのはとても多くの時間を消費していることに気付くでしょう。

その時間を趣味や自分の好きなものをやる時間に変えてみましょう。

今までとは全然違う日々を送ることが出来るはずです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。