ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

運命を変える方法。運命とは人間の心が決めた結果論

運命というのは、自分の意思に関わらずやってくる物事のことを言います。

この世は色々な物事の組み合わせから成り立っています。

いろんな人がいます。

いろんな出来事が起きます。

そんな全てのものが決められているわけではありません。

全てはその瞬間瞬間で変わっているのです。

全ては何が起こるか分からないのです。

運命は変えられる

運命は変えられます。

運命というのは決められているように思えますが自分の意思で変える事ができます。

運命は決められているのではないかと思うくらいに動かす事が出来ない出来事も存在するでしょう。

しかし運命は変えられるのです。

貧乏の家庭に生まれた子供は貧乏。

そんな運命があったとしてもそれは変える事はできます。

確かにゼロから何かを作っていくのは大変な事ですが、絶対に変えられない未来というものではありません。

努力次第では未来を変えることは出来るのです。

今では、男性に生まれてきた人が女性に生まれ変わることだって出来るのです。

それは女性として生きる運命を男性に生きる運命に変えたということでもあるでしょう。

昔では出来なかったはずですし今だって簡単なことではないでしょう。

それでも自分の意思と努力で変えていくことは出来るのです。

全ては自分の意思で変えていけるのです。

運命を変えることは簡単ではない

いくら運命を変えることは出来ると言っても簡単に変えることは出来ないでしょう。

人はある程度レールは敷かれています。

サラリーマンの家庭に生まれた子供はサラリーマンになる可能性が高く、医者の家庭に生まれた子供は医者になる可能性が高いでしょう。

そのようにある程度は決められていますが、それは絶対的な変えられない運命ではないのです。

運命は自分自身の性格によってもある程度決められています。

自分が短気な性格だとしたら、喧嘩も多くトラブルが多い人生を歩むことになるでしょう。

内気で人とのコミュニケーションを取る事が苦手な人は、一人でいることは自然と増えるでしょう。

そんな内気な人がスポーツ選手になるなんてことはなかなか大変なことです。

しかし全くなれないというものではありません。

自分が諦めずに立ち向かっていくこと決意した時点でなる事が出来る可能性があるのです。

人は意思によって未来はどうにでも変えることができるのです。

運命は自分で作っている妄想

運命は自分で作っている妄想です。

もしライト兄弟が

人は空を飛べない。

という運命を受け入れていたら飛行機を作ることは出来なかったでしょう。

その運命から逆らったのです。

だから飛行機を作ることが出来たのです。

人は飛べない運命だから諦めようなんて考えていたらそれは飛べる訳がありません。

そうやって人は運命という言葉を諦めることに使ってしまうことがありますがそんなことはありません。

それは自分で限界を勝手に作っているのです。

自分自身の妄想でしかありません。

運命というのは人間が作った妄想でしかないのです。

運命も奇跡も結果論でしかない

うまくいかなかったことを運命という言葉で片付けてはいけません。

運命というのは、自分がある程度敷かれたレールの上を歩んでいて、そのレールから外れられなかった言い訳でしかないのです。

もし出来ないことが出来るようになったらそれは出来ることが運命になってしまうでしょう。

全ては結果論でしかないのです。

自分が敷いたレール、環境や周りの人が敷いたレールから外れることは簡単なことではありません。

親がお金がなくて大学にはいけない。

親が大学へ行くな。

それは敷かれたレールでしょう。

しかし必死に勉強して特待生になってしまえば学費免除という制度だってあるのです。

それは確かに簡単なことではないでしょう。

しかし努力と自分が絶対に変わりたいという意思によってその運命というものに逆らうことは出来るのです。

出来ないと思っていたことが本当に出来なかった。

それを人は運命と呼ぶでしょう。

99、9%変えられない未来があったとして、それをやっぱり変えられなかったときにそのことを運命は変えられないという言葉で片付けるでしょう。

しかしその決められたほとんどの確率で出来ないと思っていたものが出来た時に、人は「奇跡」と人はいうのです。

そうやって運命も奇跡も、結果的にどうなったかというものに後で名前を付けただけに過ぎないのです。

意志の強さと努力で運命を変える

運命というのはそもそも結果論でしかないのです。

ほとんどの確率で出来ないことを運命と呼んでいるだけなのです。

ですから確かに運命を変えることは難しいというのは事実です。

だってほとんどの確率で出来ないことのことを運命と人は呼んでいるのですからほとんどの確率では出来ないし、難しことではあるでしょう。

その難しいことを乗り越えるためには、

強い意志と努力が必要不可欠なのです。

ほとんどの確率で出来ないのですから失敗して当たり前なのです。

何度も何度も失敗するでしょう。

しかし何度失敗してもそれでも立ち向かうことが出来る強い意志を持った者にだけ運命を変えるチャンスがあるのです。

簡単に変えられることは誰も運命とは言いません。

ですから運命を変えるには努力が必要なのです。

それも誰にでも出来るようなものではない努力が必要なのです。

誰でも出来るような努力では誰も運命とは言えません。

ですから運命を変えることはそれだけ大変なことなのです。

あとがき

運命を変えることは簡単なことではありません。

運命というのはそもそも人間が帰ることは難しいと思ったことに対して「運命」という言葉をつけているからです。

だから運命を変えることは難しくて当たり前なのです。

しかしだからと言って諦めてしまったら運命を変える確率はゼロになってしまいます。

諦めた時点で運命は変えられないのです。

しかし諦めずに立ち向かっている間は可能性はゼロではありません。

これは運命だから変えられない。

というふうに諦める必要はありません。

運命というのは人が作った結果論でしかないのです。

それを乗り越えたら人は、

「奇跡が起きた」

と言うのです。

過ぎてしまえばそんなものなのです。

運命を変えるためには、

奇跡を起こすためには、

強い意志と努力が必要不可欠なのです。

意志と努力が出来る人だけが運命を変える切符を持っているのです。

関連記事はこちら

奇跡は起きるものではなく起こすもの【奇跡を起こす方法】

現実か魔法かの違いは原理を知っているか知らないかという違いだけ。原理を知らないと魔法と感じる

世の中には思いもよらない奇跡が起きる

運命は変えられる。運命は最初から決められているものではない