【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

占いの結果は人生の答えではなくあくまでもヒント。未来を作るのは自分自身

占いをしにいく時というのは今の状況を知りたいという時もあれば自分の人生の答えを知りたいと思っていく人がいるでしょう。

占いというのはスピリチュアルなものではなくて統計学です。

占いは科学で出来ているのです。

もちろん占いといっても色々な占いがありますし、霊視のようなスピリチュアル系の占いというのは統計学ではなく感覚やそのカウンセラーが見えるものによって答えが変わっていきます。

統計学もスピリチュアル系の占いも全てが完璧に当たるわけではないのです。

どんなにそのカウンセラーが完璧に見えているとしてもその先の未来は予測でしかなく、人生は決められているものではないのです。

ですから占いの結果というのはそれが決められた結果ではないのです。

あくまでもヒントでしかないものです。

占いは結果をもらいにいくところではありません。

ヒントをもらいにいく場所なのです。

占いの結果は人生の結果ではなくヒント

占いの結果というのはあくまでもヒントです。

人生の結果を出してくれるのおは現実なのです。

どんなに占い師が「未来はこうなります」と言ったとしても、その後の自分の行動によって未来はいくらでも変わるのです。

そして占い師が出す結果によって、それを信じている人はその占いの結果によって行動を変えていく人がいるでしょう。

その占い師が言う答えによっても未来が変わっていくこともあるのです。

占いというのはある程度の予測でしかありません。

答えというのはその時になってみないと分からないのです。

占いを受けるのは意味がないのか

占いを受けたとしてもその未来が必ずそうなるわけではないし答えがもらえないのなら占いを受けにいく意味がないのかと言われるとそんなことはありません。

占いは自分のこれからの人生がどの方向へ向かっていくのかというような大まかな流れが分かるからです。

人生には流れというものがあります。

その流れというのは一度決まってしまうとなかなか抜け出すことが出来ません。

その流れを読むには占いというのはとても効果的だと言えるでしょう。

例えば、占いで見てもらって今の仕事はあまりうまくいっていないという判定が出て、それが当たっているとします。

そのまま仕事を続けていれば良い方向へは向かっていかないという判断が出て転職したほうが良いと言われたとします。

それは自分が今の仕事があまり好きではなく得意でもないとしたら、そんな仕事を続けていてもなかなか良い方向へはいかないでしょう。

そもそも好きではないのですからどんなに良い結果を出したとしても好きではないという気持ちが変わることはほとんどないので、ある程度未来というのは予測できます。

それに全く好きではないし、やりたいと思わない仕事がうまくいくということも少ないでしょう。

ですから占いというのはある程度の未来を予測することが出来るので、見てもらうことでこれからの流れを知って人生を変えるきっかけにすることができるのです。

そういった意味では占いというのはとても効果的なものなのです。

【関連】人生を良い方向へ向かう為の方法。悪い流れから抜け出すために必要なこと

占いはなぜ当たるのか

占いというのは基本的に流れを見ているのです。

人生には流れがありこのままいけばこうなるという結果はある程度予測出来るものなのです。

それは簡単な話で言えば、嫌いな仕事をずっと続けていれば心が病んでしまいどんどん悪い方向へ進んでいくということは客観的に見れば当然です。

あまり好きではない人と付き合ってしまって、結果的に別れてしまった。

これも当然と言えば当然です。

良い話で言えば、とても努力家で分析力もあって日々コツコツと精進する人が仕事で成功した。

これだってそれだけやる気があって努力出来るのであればすぐにうまくいくかどうかは別として時間が経てば成功するのは当然と言えば当然でしょう。

そのようにその人の性格や行動、そして今の状況によってある程度未来というのは予測出来るのです。

人というのはよっぽど大きなきっかけがない限りはなかなか変わりません。

ですから占いというのはその流れを読んでいるので当たるのです。

その流れというのはたくさんの人を分析して統計として出しているので、よっぽど規格外の人ではない限りは当たるものなのです。

【関連】占いはどうして当たるのだろうか。占いの仕組みとはどうなっているのか

占いの結果は鵜呑みにする必要はない

占いで出た結果というのはあくまでも予想であり確定しているものではありません。

占いが未来を決めるのではなく、これからの自分の行動が未来を決めていくものなのです。

ですから占いの結果を鵜呑みにする必要はありません。

占いは必ず未来が当たるというものではないのです。

しかし占いというのは人生の流れに関してとても詳しく知ることが出来ますし、その道のスペシャリストと言っても過言ではありません。

そのスペシャリストが自分のことを客観的に見てくれるのですからそれはとても的確なアドバイスをもらえることでしょう。

どうしても自分のことというのは客観的に見ることが出来ません。

自分は客観的に見れていると思っていてもそれは、

「自分のことを客観的に見ているという主観」でしかないのです。

なかなか自分のことは客観的に見ることは出来ません。

その点占い師というのは人を客観的に見るプロでもあり、あくまでも他人なので主観が全く入らずに物事を判断することが出来るのでとても参考になるアドバイスがもらえるでしょう。

占いの結果を鵜呑みにする必要はありませんが、何か自分の人生の方向性に迷った時には占いを受けにいくのはとても効果的なのではないでしょうか。

【関連】海外では悩んだときはカウンセラーに相談するのが常識。カウンセラーは悩みを解決するプロ

あとがき

占いの結果は絶対当たるものではなくてこの先どうなっていくかの予想でありヒントなのです。

ですから完全に占いの結果を鵜呑みにする必要はないのです。

占いの結果が人生の結果ではなく、人生の結果はこれから自分で作り上げていくものなのです。

自分の人生は自分で作っていくものなのです。

占いの結果ばかりを気にするのではなくこれから自分がどんな行動をしてどんな人生を歩んでいきたいかを考えることが大切なのです。

そのヒントとして占いを受けにいくのはとても効果的です。

占いはとても良いヒントをもらえるところです。

興味がある方は是非行ってみると良いでしょう。

関連記事