ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

陰口や噂話を気にする時間ほどもったいない事はない

自分に流れている噂話や多分悪口や陰口を言われているのだろうなと思うことは本当にもったいないことなので今すぐにやめましょう。

だってそんなことを気にしていたとしても、それは自分で噂話を止めれるわけもありませんし自分では変える事が出来ない問題だから。

そんな自分に変えられないことに対して悩む意味は全くありません。

【関連】悩む意味のある悩みと悩んでも意味のない悩みがある

それに人になんと思われていたとしても結局自分にはその選択しか出来なかったわけですから後悔しても仕方ないのです。

自分がやりたくてやった行動なのですからその後なんと思われてもそれは仕方のないことですし、そんな人の噂話や陰口が嫌で自分の行動を制限することほど無駄なことはありません。

そして陰口や噂話のことを考えるだけでも無駄です。

気にすればするほどストレスは溜まりますし、そんな時間があるのならこれからどうしていくのかを考えた方がよっぽど有意義です。

噂話なんて所詮は噂話です。

みんなからすれば他人事なのですからいつか消えてなくなります。

そんなものに神経を使う必要はありません。

他人の言葉を気にせずに自分のやりたいようにやれば良いのです。

人にどう思われようと自分が納得する行動が出来ていればそれで良いのです。

噂話や陰口を気にすることは今すぐにやめましょう。

そんなことに自分の人生の時間を使うのはとてももったいないことなのです。

あとがき

人にどう思われているのか。

どんな風に自分は見られているのか。

悪口は言われていないだろうか。

そういうことは気になってしまうでしょう。

しかしそうやって思うことは本当に無駄なことです。

どんなことをしても悪口を言う人は言うし言わない人は言いません。

ただそれだけのこと。

どうせ言われる時は言われるのだから言わせておけば良いのです。

そんなことを気にする暇があったら少しでも自分の成長に時間を使ったり、自分の望む未来に向かって考えて行動した方がずっと有意義な時間になる。

他人は他人、自分は自分です。

噂話や陰口を気にして生きる人生から抜け出しましょう。

そして自分が生きたいように生きていきましょう。

そして自分の生きたいように生きられれば陰口も噂話も自然と気にならなくなるでしょう。

そしてそうやって生きた方が悪口も陰口もなくなっていくでしょう。

関連記事

悪い噂を流されてしまったときの対処法

噂話を気にする必要はない。ただそれは嫉妬しているだけなのだから。

噂話を鵜呑みにしてはいけない。噂話はどんどん大きくなってしまうもの。

他人の評価は結果論。他人の評価を気にして生きることをやめよう

他人は変えられない。自分自身が気付いて変わっていくしかない

他人を気にし過ぎてしまう心理とは。他人を気にしないようになる方法